免疫力を鍛えて、新型コロナの大きな波に備えたい。台湾と香港での対ウイルス方法とは?
2020.08.19

新型コロナに負けないための方法。 免疫力を鍛えて、新型コロナの大きな波に備えたい。台湾と香港での対ウイルス方法とは?

夏になってもまだまだ続く新型コロナの不安。密を避け、人との距離をとって手洗いを心がけても、感染への不安は完全には消えていない。いま、日本では第二波も言われ感染者は増加。都道府県から発表される感染者数に注視する日々だ。そんな中、新型コロナの影響が世界に比べて少ないと言われるのがアジア。台湾は日常を取り戻し、香港も中国の中ではもっとも感染の影響が少ないと世界的にも注目されている。その秘密は日ごろから漢方療法を日常にも取り入れ、免疫アップを心がけているからとも言われる。そこで私たちにも真似ができる台湾と香港の対ウイルス方法を探って見た。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

台湾も香港でも「風邪をひいたり、体力がなくなったときには鶏スープ」と言われるほど、日頃からスープを飲む習慣がある。各家庭ごとにその味に違いはあるものの、昔からスープは「おいしいクスリ」として日常の食卓に欠かせないものだ。 台北でカメラマンとして活躍し、薬膳に詳しいケイト・ リンさんに簡単で美味しいスープの作り方を教えてもらった。「薬膳スープは栄養価も高いので、私も不調の時は飲むように心がけて います。今回は胃腸を整える、山芋 とナツメ、クコの実の基礎的なスー プを紹介します」とケイトさん。 ビタミンCと、鉄分、カルシウム、 カリウム、マグネシウムなどのミネ ラルが豊富なナツメは、漢方医学で は血の生成を促し、胃腸を整えるそうだ。

山芋と鶏のスープの作り方

DSCF2885

材料(鍋1杯分)
・ナツメ 約8個分
・クコ 約10個分
・鶏もも肉(ぶつ切り)1枚
・米酒(料理酒で代用) 適量
・山芋 約15cm 分
・塩 適量
・水 1000 cc

日本でも飲めます!「免疫」漢方ティー。

0731HN0392
タンポポ、スイカズラ、アマチャヅルをそれぞれ3グラムずつ、大きめの魔法瓶やポットににお湯をたっぷり注いで、10〜15分ぐらいそのままお茶が出るまで待った方がいい。1日かけてゆっくり飲む。

そして香港。状況は緩やかに感染者の波を乗り越えている。香港の中国医の周正峰先生から「日本の漢方薬局で手に入る素材を使って、免疫力をあげるお茶があります」と教えてくれたのが免疫力をあげる特製ブレンド。「タンポポ、アマチャヅル、スイカヅラを3グラムずつブレンドして飲んで見てください」と免疫アップティーを教わった。タンポポは解毒効果、胃を守るなどの生薬。スイカヅラは解毒、発熱などにも働きかきかけるとされる。アマチャヅルは解毒、咳止めを始め胃腸炎の予防から強壮剤としても用いられることがあるそうだ。漢方薬剤を扱っているお店で、漢方の名前を伝えたら購入できる。漢方ティーは大きめのポットにお湯を注ぐだけだ。

香港では新型コロナに漢方で立ち向かう。

0731HN0399

実際、ドクターチャウは西安で漢方によるエイズの薬を開発した教授と共に、20数種以上の生薬をブレンドしたインフルエンザの薬〈Rorrico〉を作り実際に治療に用いてもいる。現在、日本にいても香港からのオンラインで問診に答て〈Rorrico〉を飲むことも可能だ。今後は飲みやすく、新型コロナ専用に調合した新型コロナ用のサプリメントも開発したいと話している。

〈Rorrico〉の問い合わせ
Michael Ong - 香港美乐集团 
■8/F, Sino Cheer Plaza,23 Jordan Road, Kwoloon, Hong Kong 
■ +852-2110-4221
milocclinics.com

(photo 梁大文、Natsumi Kakuno)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る