おこもりのお供に「冬のアイス」5選!人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。
2020.01.03

【Hanako Something Good vol.5】 おこもりのお供に「冬のアイス」5選!人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

今回のテーマは「冬のアイス」。

FotoJet (6)

「職業柄、早起きが続く日が多いですが、翌日が休みとなれば、夜更かし決定。映画、漫画、ドラマなどお気に入りの作品とともにアイスを食べる時間は最高のリラックスタイムです。なぜか夏よりも冬のほうが断然、食べたくなるのも不思議」(山口香穂)

1.〈Three TwinsIce Cream〉
『凪のお暇』第3巻に出てくる、チョコミントをハイボールにのせるシーン。これがすごくおいしそうで好きなんです。「ミントコンフェッティ」シングルサイズ390円
(Three TwinsIce Cream 代官山店 ■03-6455-1510)

2.〈Lady Borden〉
アメリカ映画の“鉄板”ともいえる、アイスをパイントで食べるシーン。子供のころ、このサイズが冷凍庫にあると、ウキウキした記憶が蘇ります。「パイントバニラ」オープン価格
(ロッテ■0120-106-244)

3.〈VIENNETTA〉
アイスでパリパリ!?初めて食べたときの衝撃が忘れられません。特別な日限定の“ご馳走”でしたね。最近、リバイバルブームだそうで、密かに応援しています。「バニラ」550円(森永乳業 ■0120-082-749)

4.〈GODIVA〉
『恋ノチカラ』の深津絵里さんのファン。彼女がソファでアイスを食べるシーンを見つつ、私も一緒に食べるのが定番。「ミルクチョコレートチップ」カップアイス400円
(ゴディバジャパン ■0120-116811)

5.〈Häagen-Dazs〉
『きのう何食べた?』のふたりのケンカの原因として、ハーゲンダッツが登場。個人的にいちばん好きなフレーバーは「マカデミアナッツ」です。ミニカップ295円
(ハーゲンダッツジャパン ■0120-190-821)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1180号/photo Tomoya Ueharai styling Kaho Yamaguchi text:Yoshie Chokki)

■前回の『気軽に取り入れられるおしゃれソックス5選!人気スタイリスト・山口香穂が暮らしに寄り添うアイテムを紹介。』はこちらから。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る