働く女子必見!〈ホテル ザ セレスティン東京芝〉でちょっと贅沢な週末ホテルステイ。
2018.09.05

自分へのご褒美に贅沢ホテルステイしてみませんか? 働く女子必見!〈ホテル ザ セレスティン東京芝〉でちょっと贅沢な週末ホテルステイ。

一週間お仕事を頑張った自分へのご褒美に、週末ホテルステイはいかが?終電も気にせずゆったりホテルで女子会という新しいスタイルをハナコラボメンバーが体験してきました!(PR/ホテル ザ セレスティン東京芝[三井不動産ホテルマネジメント])

岡井 美絹子 / フリーランス

「猫、マンガ、落語、ときどき旅、で生きているライター。魚の三枚おろしとだし巻き卵を特訓中です」

岡井 美絹子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

開放感あるロビーに佇んだ瞬間から、非日常へエスケープ!

自分へのご褒美や、ちょっと贅沢をしたい女子会におすすめなのが、〈ホテル ザ セレスティン東京芝〉でのホテルステイ。芝公園駅から徒歩約1分、そのほか三田駅や田町駅など複数の路線や駅からもアクセス可能な便利な立地です。今回は「日々の忙しさを忘れて気分をリフレッシュしたい!」というハナコラボの2人とともに、1泊2日のおこもりステイへ。エントランスを入ると、薩摩切子のカッティングデザインをモチーフにした壁面アートが出迎えてくれます。

ジャスミンやローズ、レモンなど心地よいアロマに包まれたロビーは、チェックインまで優雅なひとときに。薩摩藩江戸上屋敷の跡地に立つこちらのホテルは、薩摩ゆかりのモチーフがホテル各所に散りばめられているので、見どころをコンシェルジュに聞いてみて。

モダンな客室では眼前に広がる大パノラマに大興奮♪

おこもりステイで欠かせないのは、やっぱり素敵な部屋!
広々とした上質な客室には、ソファーや50インチのテレビ、ネスプレッソマシーンが備わり、部屋で過ごすひとときも、ワンランク上の快適な時間を約束してくれます。

自然光がたっぷり入る大きな窓からは、さえぎるもののない景色が広がり、都会にいることを忘れさせてくれるゆったりとした時間が流れます。他愛ないおしゃべりを楽しむもよし、ふかふかのベッドでお昼寝するもよし、思い思いに過ごしてみて。

24時間利用可能なゲスト限定のラウンジとパティオ。

とびきり優雅なホテルステイを演出してくれる、館内の施設も見逃せません。14Fにあるゲストラウンジは、欧米のリビングをイメージしたリラックス空間で、ドリンクサービス(無料のコーヒーは24時間、無料のソフトドリンクは8:00~22:00、有料のアルコール15:00~22:00)を提供してくれます。午後のティータイムをゆったり過ごすのに最適! 日本古来の吉祥紋である亀甲つなぎに、江戸の桜と薩摩の島津十字をあしらったスクリーンパネルもみどころです。

ここは海外!?陽光と風を感じるパティオで楽しいひとときを。

ゲストラウンジの両脇には、緑影に優しく包み込まれた開放的なパティオを併設。欧風のかわいいタイルに彩られた海外のような雰囲気の空間で、やすらぎの時間を過ごせそう。

〈SPA AMUSTAS〉の極上トリートメントで身も心もとろける体験を。

館内散策をしたあとは、ホテル内に併設されたリラクゼーション・スパ〈SPA AMUSTAS〉へ。ジャパニーズ・コンフォートをコンセプトにした施術とインテリアが特徴で、受付では九州の鹿児島茶の香りがお迎えしてくれます。9種類のトリートメントから選んだのは、リラックスボディトリートメントの「The Amustas」90分コース。

こちらでは、2名同時に利用可能なカップルルームがあるのがポイント。女友達と一緒に施術が受けられるのはうれしいですね!

施術に使うブレンドオイルは2種類用意。ラベンダーやクラリセージをブレンドした、リラックス効果のあるオイルと、グレープフルーツやサイプレスをブレンドした、デトックス効果が期待できるオイルなどから、好みのものを選びます。

スウェディッシュ、ロミロミなどを取り入れたオリジナルボディトリートメントは、ロングストロークで溜まった老廃物を一掃!全身の疲れを解放し、健やかな心身へと導いてくれます。「すごく気持ちよくて、思わず寝ちゃった。体もポカポカ!」と、二人とも大満足♪
スパは宿泊者だけでなく外来者もOKで、特別にゲストラウンジも利用できますよ。

〈SPA AMUSTAS〉
■ホテル ザ セレスティン東京芝14F
■03-5441-4361(スパ直通)
■11:00~22:00(最終受付20:30)
■無休
■今回受けた施術:The Amustas 90分21,060円
※16歳以上の男性・女性の方にご利用いただけます。

女心をくすぐるイブニングプレートとフリーフローで乾杯♪

心身ともに癒されたあとは、お腹も満たしたいもの♡トリートメント後の胃袋にもちょうどいいのが、1Fの〈カフェ&バー ラウンジ セレクロワ〉でいただける「イブニングプレート」3,800円(15:00~20:00最終入店)。

季節のスープに加え、おしゃれな3段プレートには、ピンチョスやチーズ、野菜のマリネ、クロワッサンサンドなど、軽くつまむのにぴったりなメニューがラインナップ。旬のフルーツやスイーツ、食後のアイスクリームもあるので、スイーツ好き女子も大満足!
しかも、スパークリングワインや各種カクテル、コーヒーなどのソフトドリンク約25種は、2時間フリーフロー!お財布を気にせず好きなだけドリンクが楽しめるのはうれしい限りですね。

店内は、江戸小紋の桜亀甲紋と薩摩島津家の家紋をあしらった間仕切り「KOMMON SCREEN」や、低めのラウンジチェアを設えた空間。和モダンの瀟洒な雰囲気が漂う中、おいしいフードとお酒で豊かな時間を過ごせそう!

〈カフェ&バー ラウンジ セレクロワ〉
■ホテル ザ セレスティン東京芝1F
■8:00~23:00
■無休
※「イブニングプレート」は、利用日2日前の17:00までの事前予約が必要(2名様より)

煌めく夜景にときめくラグジュアリールームで特別な夜を。

夜の部屋は昼間とはがらりと雰囲気が変わって、目の前に広がる宝石箱の様なベイエリアの夜景を楽しめます。終電を気にせず、とことん朝まで語り合えるのも、ホテルステイだからこその贅沢です。

バスタイムは「ロクシタン」の優美な香りに包まれリラックス。

素敵なお部屋はもちろんだけれど、女子のテンションがぐっと上がるのがこだわりのアメニティ。こちらでは、人気コスメブランド「ロクシタン」のシャンプー、トリートメント、ボディジェル、ボディミルク、バスキューブ、幸せなバスタイムを彩ってくれます。

約60種類のモーニングブッフェで元気をチャージ!

爽やかに目覚めた朝。ホテルステイのお楽しみといえば、朝食もはずせません!向かったのは、1Fにある和モダンなフレンチダイニング〈ラプルーズ東京〉。選りすぐりの食材で調理する約60種類もの「朝食ブッフェ」3,000円は、ゲストの目の前でシェフが調理する「シェフズ・カウンター」が設けられ、ライブ感も満載です。

鹿児島食材を使ったものや、鹿児島の郷土料理「鶏飯」など、他ではいただけないオリジナリティあふれるメニューは、楽しみを倍増させてくれそう!また、〈メゾンカイザー〉のパン6~7種類も、パン好きなら見逃せないうれしいポイントです。

ハードなお仕事で心身共にお疲れモードの人も、まとまったお休みがなかなかとれない人も、プチ旅行気分でリフレッシュできるのが、〈ホテル ザ セレスティン東京芝〉での週末ホテルステイ。都内からすぐにエスケープできるとっておきの隠れ家的で、癒しのひとときをどうぞ。

今回の週末ホテルステイはここ!

〈ホテル ザ セレスティン東京芝〉
■住所:東京都港区芝3−23-1
■Tel 03−5441−4111
■チェックイン:15:00
■チェックアウト:12:00
■宿泊料金:セレスティンコーナーツイン ¥28,000~
     (税・サービス料込、東京都宿泊税込)
■ホテル ザ セレスティン東京芝公式HP:https://www.celestinehotels.jp/tokyo-shiba/
■ザ セレスティンホテルズ公式HP:https://www.celestinehotels.jp/

岡井 美絹子

ラグジュアリーホテルで週末おこもりステイ。忙しい女子には最高の贅沢です♡

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る