ラーメン好きが京都に行くなら!魅惑の個性派ラーメン店【京都】で見つけたおすすめ4軒
2018.09.21

口いっぱいに広がる幸せのスープ! ラーメン好きが京都に行くなら!魅惑の個性派ラーメン店【京都】で見つけたおすすめ4軒

京都で出会った地元の酒粕を使った「酒粕ラーメン」や、スライスレモンの酸味がたまらない「檸檬ラーメン」などのオリジナルメニューが食べられるお店など、注目したい個性派ラーメン店をピックアップしました!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.スープも飲み干したくなる、香り豊かな「酒粕ラーメン」を。〈玄屋〉/ 伏見桃山

genya-0006

かつてお店の界隈にも酒蔵があったことにちなみ、店主の堀井さんが酒粕ラーメンを生み出したのは30年も前のこと。鶏ガラと豚骨のスープをベースに、地元の酒粕と醤油で仕上げたラーメンは、コクがあるけれど、後口はさらり。女性客が多いのもうなずける。

DMA-genya-0001
酒粕ラーメン800円

鶏ガラと豚骨のスープをベースに、地元の酒粕と醤油で仕上げたラーメンは、コクがあるけれど、後口はさらり。女性客が多いのもうなずける。“お揚げさん”こと 薄揚げ、九条ネギ、千切り大根のトッピ ングも、スープとマッチ。

(Hanako1131号掲載/photo:Tamami Tsukui text:Rinako Sato(Rakutabi))

2.本当は秘密にしたい店。〈名前のないラーメン屋〉/西陣

DMA-IMG_2445

看板のない扉を開けると中庭もある洗練された空間が!

DMA-IMG_2413

有機栽培のごぼうを練り込んだ麺に、3種の特製スープが選べるなど、贅を極めたラーメンは800円(税込)

(Hanako1141号掲載/photo : Hiroshi Matsui, text : Kimiko Yamada)

3.おいしさもSNS映えも欲張れる。〈祇園麺処 むらじ〉/祇園巽橋

93A22411

京情緒満点の祇園白川界隈から、小さな巽橋(たつみばし)を南へ。石畳の小道「切通し」沿いに、白い暖簾(のれん)が揺れる。和食店のようなたたずまいながら、女性店主が手がけるのは意外にもラーメン。ポタージュのようにとろりと濃厚な鶏白湯スープと、コシのある特注のストレート麺がベース。

93A22341
スープとレモンの相性のよさに驚く「檸檬ラーメン」880円

たっぷりのレモンスライスで爽やかな酸味を添えた一品や、京都特産の食材とコラボした季節限定メニューなど、いつ行っても楽しい驚きが待っている。

(Hanako1141号掲載/photo : Koichi Higashiya, Noriko Yoshimura text : Aya Honjo)

4.火・土の夜、30食限定!絶品焼きたてチャーシュー〈らーめん鶴武者〉/西院

93A4367

北海道産小麦100%のもちもちっとした自家製麺、天然素材だけでとった優しい味わいのスープなど、すべての素材や調理にこだわったラーメンが人気。チャーシューが焼き上がる日の夜、30食限定の一杯は、厚切りを4枚別皿で添える。

93A43451
火・土の夜限定「窯出し ちゃーしゅー麺」1,080円

焼きたては驚くほどジューシーで、塩だけで味付けするため豚の旨み、甘みがグッと濃厚。柚子胡椒や特製ハーブ塩を付けて味わうのもオツ。

(Hanako1141号掲載/photo : Koichi Higashiya text : Awa☆Moriko)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る