お取り寄せや旅行のお土産にも!西日本の絶品【ひんやり汁飯】3選
2018.04.24

暑い日にぴったり。 お取り寄せや旅行のお土産にも!西日本の絶品【ひんやり汁飯】3選

暑い日もサラッと、ツルッといただける、ご当地の冷たいご飯もの。特に西日本には、やみつき必須の冷や飯が目白押し。喉越し爽やかで、クールダウンにもピッタリなおすすめ3選をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈ギノーみそ〉の伊予さつま汁/愛媛・伊予

愛媛県南予地方に伝わる郷土料理「さつま汁」。これは、夫が妻を助ける料理といわれ、漁師が船上で食したという、麦味噌と愛媛県産の真鯛が入った愛媛の冷やしぶっかけご飯。

麦味噌を使うのは、宮崎の冷や汁と同じだが、鯛の身や骨からとったダシを麦味噌に合わせるのがさつま汁の特徴。伊予さつま汁は、愛媛県産の真鯛入り。刻んだキュウリと柑橘類の皮、ごまを振りかけるのがおいしい食べ方。40×2(2~3人前)330円(税込)

◼︎ギノー味噌HP

2.〈京洛辻が花〉の京漬け 賀茂なすしば漬け/京都

京都では「ぶぶづけ」と呼ばれ、昔から庶民に親しまれてきたお茶漬け。海や山の幸、京野菜などを使った27種類の京茶漬けがあり、なかでも賀茂なすのしば漬けは、冷やし茶漬けと相性抜群。

京漬物で知られる賀茂なすしば漬けのフリーズドライが入っているため、甘酸っぱくさっぱりとした味わいと、カリカリの食感がたまらない。飲んだ後の〆にもピッタリ。2食入り464円(税込)

◼︎京洛辻が花HP

3.〈杉の子〉の冷や汁の素/宮崎

忙しい農作業の合間に、麦飯に味噌汁をかけて食べたのが始まりといわれている南国宮崎の郷土食。麦味噌と上品なダシが決め手で、さらさらっと食べられる!

〈杉の子〉の冷や汁の素は、麦味噌を裏ごしして、煮干し、本枯れかつお節、すりごまを加え、すり鉢で合わせている。水でとかして、アツアツのご飯の上にぶっかけてどうぞ。豆腐や干物、キュウリなど、お好みの具をのせてもおいしい。6人前×2袋入り1,944円(税込)

◼︎ふるさと料理 杉の子HP

(Hanako1137号掲載:photo : Shin-ichi Yokoyama, Kanako Nakamura, Yuko Moriyama, Jun Kato styling : chizu cooking : Yoshie Matsuno, Eriko Ohtsuka, Etsuko Fukumura text : Ai Sakamoto, Emi Suzuki, Kimiko Yamada, Mutsumi Hidaka, Yoko Fujimori)

編集部

これからの季節にぴったりな「極上冷や飯」気になります!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る