top113
2018.03.27

ほっとするパンの味。 変わらない美味しさがここに。懐かしいあの【パン屋さん】の、あのパンが食べたい!

誰しも心の中にひとつは持っているお気に入りのパン。ほっとするパンの味と一緒に、食べたときの思い出まで蘇ってくるような「なつかしいパン」をご紹介します。

1.揚げたて熱々をイートインで。〈サンエトワール白楽〉のカレーパン/白楽

MMM51681

昭和64年に白楽駅前で開店以来、街をあたたかく見守ってきたこちらのパン屋さん。

揚げたてのアツアツをイートインでいただくことのできる「カレーパン」195円(税込)は、かじった瞬間のカレーと油の香りが飽きない一品。

DSC_0548
DSC_0548

〈サンエトワール白楽〉

■横浜市神奈川区白楽125
■7:00〜19:30(祝〜18:30)/日休
■39席/禁煙

2.名前の通り三角です!〈碑文谷ベーカリー〉のトライアングル/武蔵小山

MMM51322

創業は昭和17年。名前の通り三角な「トライアングル」150円(税込)は、甘めの分厚いトーストサンド。塩味のきいたチーズクリームとの相性が最高!

DSC_0590
DSC_0590

〈碑文谷ベーカリー〉
■目黒区目黒本町4-12-12
■5:30〜14:30/火休

3.素朴で懐かしい変わらない美味しさ〈サカエヤベーカリー〉のレーズンブレッド/西馬込

MMM51462

祖父の代から3代続くパン店。「レーズンブレッド」180円(税込)は、素朴でなつかしい味わいながら、信頼できる美味しさのパン。ちょっぴり甘くてしっとりした食感。

レーズンブレッドが入ったレトロなデザインのビニール袋も素敵。

DSC_0574
DSC_0574

〈サカエヤベーカリー〉
■大田区西馬込2丁目3
■8:00〜22:30/木休

(Hanako1128号掲載Photo:Yuko Moriyama,text:Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る