これぞ正統派伝統洋食と銀座ならではの大人洋食。
2022.10.15

Pさん自らがガイドする! これぞ正統派伝統洋食と、銀座ならではの大人洋食。

銀座の洋食界は幅広く奥深い。てことは、いろいろ楽しめるってこと。誰もが親しんできたけれど、まだまだ知られざる魅力が潜んでいます。あの店もこの店も大いに味わい、洋食の新たな一面を発掘してください。

〈資生堂パーラー〉銀座を代表する洋食の殿堂。揺るぎない確かな味に感動。

ミートクロケットなど伝統料理の銀座モダンランチ4,400円(平日16時まで)もおすすめ。
ミートクロケットなど伝統料理の銀座モダンランチ4,400円(平日16時まで)もおすすめ。
立派なメニューは英語付き。
立派なメニューは英語付き。
ミートクロケットなど伝統料理の銀座モダンランチ4,400円(平日16時まで)もおすすめ。
立派なメニューは英語付き。

銀座で洋食というとき、一番に思い浮かぶのがこちら。田舎育ちの私だが、子どもの頃、ここに連れて来てもらっていたら、エレガントで素敵な女の子に育っていたかもしれない。資生堂唐草の地模様の真っ白なテーブルクロスに、気持ちは晴れ晴れ。スマートで心地よいサービスに背筋が伸びる。

オムライス2,800円。ソースが美しいこと。国産らっきょう、国産福神漬け、オニオン漬け、マンダリン(国産缶みかん)が添えられる。
オムライス2,800円。ソースが美しいこと。国産らっきょう、国産福神漬け、オニオン漬け、マンダリン(国産缶みかん)が添えられる。
真っ白なクロス、真っ白なリネンのナフキンにキリッと気持ちが引き締まる。サービスもキリッとスマート。
真っ白なクロス、真っ白なリネンのナフキンにキリッと気持ちが引き締まる。サービスもキリッとスマート。
オムライス2,800円。ソースが美しいこと。国産らっきょう、国産福神漬け、オニオン漬け、マンダリン(国産缶みかん)が添えられる。
真っ白なクロス、真っ白なリネンのナフキンにキリッと気持ちが引き締まる。サービスもキリッとスマート。

洋食といえば、のオムライスには一点の隙もない。水分が多いケチャップではなく、味をギュッと凝縮した“チキンライスのタネ”で炒め、仕上げにチーズを加えてコクを出したチキンライス、濃厚なブイヨンで丁寧に作られたソース、シルクのように滑らかな表面の卵……。ここには老舗の矜持と洋食の美学がある。1902年、資生堂薬局内のソーダファウンテンに始まり、レストランとしてスタートしたのが1928年。100年近く経った今でも進化を続ける、大人も子どもも楽しめる由緒正しき洋食店である。

住所:東京都中央区銀座8-8-3 4F|地図
TEL:03-5537-6241 
営業時間:11:30~20:30LO
定休日:月休(祝は営業)
席数:64席

〈レストラン玉木〉日本人の体が喜ぶ洋食を心を込めて作り続ける。

シェフ自慢(すべてが自慢だろうが)の神戸牛のタンシチュー3,850円。夜のコースの一品でもある。水分は赤ワ
インのみ。野菜やフォンドヴォーも加え、丸2日かけて丹念に仕上げる。
シェフ自慢(すべてが自慢だろうが)の神戸牛のタンシチュー3,850円。夜のコースの一品でもある。水分は赤ワ インのみ。野菜やフォンドヴォーも加え、丸2日かけて丹念に仕上げる。
夜のコース料理のメニュー。メインを何にするか、相当悩むはず。
夜のコース料理のメニュー。メインを何にするか、相当悩むはず。
シェフ自慢(すべてが自慢だろうが)の神戸牛のタンシチュー3,850円。夜のコースの一品でもある。水分は赤ワ
インのみ。野菜やフォンドヴォーも加え、丸2日かけて丹念に仕上げる。
夜のコース料理のメニュー。メインを何にするか、相当悩むはず。

オーナーシェフの玉木裕さんは、フランスで修業を始めた当初、憧れの本場の料理が自分の口に合わないことに驚いた。しばらく住むうち、体も舌もなれてきたが、日本で店を構えるのなら、日本人に合うフレンチをと思うように。帰国後、和食界の重鎮が営む原宿〈重よし〉でみっちり日本料理を学ぶ。そして、和の食材を用い、かつおだしも使う、フレンチと和食のいいとこどりの洋食店を開いた。希少な和牛のタンを赤ワインのみで煮たタンシチューはじめ、DNAが喜ぶ、しみじみおいしい料理ばかり。

DMA-_2AC4290

コースに必ず登場するのは、野菜のエチュベ。「実はうちでは一番難しい料理」とシェフ。さっぱりとレモン味の野菜の蒸し煮のような一品だが、神経を使う。簡単そうに見える料理こそ、くせものなのだ。フレンチと日本料理の技術の粋ともいえる料理は、コースでもアラカルトでもいただける。

DMA-_2AC4321

住所:東京都中央区銀座8-5-25 1F|地図
TEL:03-6252-9381
営業時間:12:00~13:30LO、17:30~22:00LO
定休日:土日祝休(土は問い合わせを)※要予約
席数:16席

Navigator…渡辺 “P”紀子

わたなべ・みちこ/愛媛県今治出身。 文化出版局を経て、フリーの料理記者に。料理本の企画・編集のほか 『CREA』『BRUTUS』『Hanako』でも執筆。

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る