人気レストラン〈ĂN CơM〉で、ハナコラボが日本酒×エスニックのマリアージュを体験!
【PR】2021.12.28 — Page 1/3

岡山県備前地域の酒米「雄町」の地酒の魅力とは!? 人気レストラン〈Ăn Cơm〉で、ハナコラボが日本酒×エスニックのマリアージュを体験!

「日本酒は好きだけど選び方がわからない」「興味はあるけど、まだ飲んだことがない」という方にぜひ知ってほしいのが、岡山県備前地域の酒米「雄町(おまち)」。日本最古の酒米でファンも多く、日本酒を語る上では欠かせない存在です。そんな雄町の地酒は和食以外にもぴったり!レストラン〈Ăn Cơm(アンコム)〉のベトナム料理とともに、雄町の魅力を深掘りします。(PR/岡山県備前県民局)

日本酒を出しているレストランが増えています!

和食のイメージがある日本酒ですが、最近はフレンチやアジア、エスニック…と、様々なジャンルのレストランで大人気。うつわも香りや味を引き出すためワイングラスにするなど、日本酒の可能性はどんどん広がっています。手に取りやすくなったことからハードルが下がり、Hanako世代でもはまる人が続出なんです。

今回、体験するのは…

児島麻理子さん。
児島麻理子さん。

ハナコラボ パートナーの児島麻理子さんは、洋酒メーカーで働いていた経験をいかし、現在はフリーのライター、PRコンサルタントとして活躍。Hanako.tokyoでは連載『TOKYO、会いに行きたいバーテンダー』を担当しています。「仕事柄ワインやシャンパンには詳しいものの、日本酒は未知の領域。お店にはよく飲みに行きますが、どれを選べばいいのかわからないので基本おまかせです。今回をきっかけに、少しでも詳しくなれたらうれしいですね」(児島さん)。

日本酒レシピを考えてくれたのは、レストラン〈Ăn Cơm〉の大越基裕さん

大越基裕さん。
大越基裕さん。

ワインテイスター兼ソムリエの大越基裕さんが手がける〈Ăn Cơm〉は、ベトナムの定番料理に旬の国産有機食材を組み合わせた、新しいベトナム料理が体験できるレストラン。日本酒を中心に、焼酎やワインなど、様々なお酒とのペアリングが楽しめます。「雄町の地酒は温度差で色々楽しめるからこそ、料理との組み合わせも多種多様。今回紹介するペアリングはすべて温度を変えてみたので、どれも興味深いと思います」(大越さん)。

〈Ăn Cơm〉は、外苑前のモダンベトナミーズ〈Ăn Đi〉の新業態。
〈Ăn Cơm〉は、外苑前のモダンベトナミーズ〈Ăn Đi〉の新業態。
「新感覚の食体験ができる」とファンも多数!
「新感覚の食体験ができる」とファンも多数!
〈Ăn Cơm〉は、外苑前のモダンベトナミーズ〈Ăn Đi〉の新業態。
「新感覚の食体験ができる」とファンも多数!

〈Ăn Cơm〉
■東京都渋谷区広尾5-4-16 2F THE RESTAURANT
■03-6409-6386
■11:30〜15:00、17:00〜23:00(22:00LO)
■月曜休
https://therestaurant-hiroo.com/shop/ancom/

主役は、岡山県備前地域の酒米「雄町」の地酒!

ずらりと並んだ岡山県備前地域の地酒。
ずらりと並んだ岡山県備前地域の地酒。

雄町は日本最古の混じりけのない原生品種の酒米。栽培がむずかしく入手しづらいことから「幻の酒米」と呼ばれていたほど。各地では交配種として使用され、その血統は「山田錦(やまだにしき)」や「五百万石(ごひゃくまんごく)」など、多くの酒米に引き継がれています。岡山県は雄町の生産量が全国の90%以上を占めており、ほかの日本酒同様、蔵元や銘柄によって味が異なるのも魅力。雄町の地酒は現地で購入するのはもちろん、都内ではアンテナショップ〈とっとり・おかやま新橋館〉店頭、オンラインショップで手軽に購入できます。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る