憧れの「ポーランド」の豊かな食文化を体感するワークショップへ
2018.02.09

ハナコラボが体験しました! 憧れの「ポーランド」の豊かな食文化を体感するワークショップへ

人気スープ専門店による、ポーランドの食文化に触れるワークショップにHanakoの読者コミュニティ「ハナコラボ」メンバーが参加。東京では珍しい、豊かなポーランドのフードカルチャー。その気になる内容をお届けします。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

今回体験するハナコラボメンバー・大和田奈穂さん、深谷桃子さんをご紹介!

s_IMG_4864

右・ハナコラボ #020 大和田奈穂さん/会社員
左・ハナコラボ #022 深谷桃子さん/アーティスト

「夏休みはLAへ行ってきました!」という大和田さんと、イタリア旅行から戻ってきたばかりの深谷さん。旅好き2 人が参加。

意外と日本食に近い!?知られざるポーランド料理

「食べるスープ」でおなじみ〈スープストックトーキョー〉が開催している「おいしい教室」は、毎回様々な切り口で「おいしい」を掘り下げるワークショップ。今回は近年、注目を集める、ポーランドがテーマだ。

s_IMG_51581

そもそもポーランド料理と聞いてすぐに思い浮かばないのも当然。なぜなら東京にはポーランド料理店が一軒もないのだ。周辺国の食習慣を取り入れながら独自の食文化を育んだポーランドは、1日に1回はスープを食べる習慣があるというスープ大国。

IMG_4979

「スープ、うまっ」。

今回は、ポーランド人写真家のマチェイ・コモロフスキさん直伝の料理を食べながら、話に耳を傾ける。

s_IMG_5007

マチェイ・コモロフスキさんがクレープを焼いて振る舞ってくれた。優しい~。

IMG_5156

クレープはりんごジャムと一緒に。

ポーランドの人々は秋になるときのこ狩りにでかけ、採取したきのこを乾燥させてダシとして使うこともあるとか。ダシを使うなんて日本食と通じていて一気に親近感が湧く。

IMG_51541

この日のメニューは、きゅうりとヨーグルトのサラダ、きのこのスープ、ロールキャベツ、パン、クレープ。

さて、初めてポーランド料理を食べた二人。味はいかが?「旨味たっぷりでおいしい!」とお気に入りの様子。映画や音楽なども盛んで文化水準も高いポーランド。知れば知るほど心惹かれる!

s_IMG_5161

ポーリッシュポタリー〈ケルセン〉の器。

s_4000

ポーランドの食の雑誌『USTA』。

s_IMG_5159

繊細な切り絵アートも。

s_IMG_4903

当日話をしてくれたポーランド人写真家のマチェイ・コモロフスキさんとポーランド映画祭主宰の小倉聖子さん。

今回体験した〈Soup Stock Tokyoのおいしい教室〉詳しくはこちら!

〈株式会社スープストックトーキョー〉 
目黒区中目黒1-10-23 シティホームズ中目黒3F
自由が丘の〈also Soup Stock Tokyo〉でも開催。
次回開催はHPにて確認を!

こんな記事もおすすめ!
☆連載『ハナコラボ日記』はコチラ!
☆旬の眉の作り方レッスンはコチラ!
☆山梨・勝沼の老舗ワイナリーでワインを楽しくお勉強はコチラ!

(Hanako1124号掲載/photo & text:Mariko Uramoto)

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る