【ハワイ】洗練された「ハワイアン・リージョナル・キュイジーヌ」を楽しむならここ。
2018.01.30

美食シーン最先端は、トップシェフ×ハワイ食材! 【ハワイ】洗練された「ハワイアン・リージョナル・キュイジーヌ」を楽しむならここ。

「豊かな自然の中でていねいに育てられた、安全で新鮮なローカル食材をいただく」そんな“Farm to Table”がハワイの最旬スタイル。今回は一流シェフが手がける、環太平洋の料理をハワイ食材でアレンジした「ハワイアン・リージョナル・キュイジーヌ」が楽しめるとっておきの2軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.サプライズ感満載!ハワイ食材をメインに使った料理が楽しめる〈MW RESTAURANT〉/アラモアナ

ハワイ各地から仕入れる旬の食材に独自のエッセンスを加えたリージョナル・キュイジーヌの人気店。

MG_0954

山羊のチーズのサラダ14ドル。十勝のきなこと軽くローストしたトマトを合わせた前菜。

ハワイ料理の定番、アヒ・ポケはコチュジャンであえたマグロのタルタルの上にイクラやウニをたっぷりのせ、デザートにはアサイーやモリンガといったスーパーフード取り入れるなど、おいしくて体によいメニューが充実。

MG_1028

クラ ストロベリー シェイブアイス11ドル。甘酸っぱいデザート。

最先端の美食を気軽に。

MG_0951

〈MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)〉
ハワイ州立美術館内に姉妹店もオープン。
■1538 Kapiolani Blvd., Honolulu 
■808-955-6505
■10:30~21:00(金~22:00)、土16:00~22:00(日~21:00) 
■無休/80席

2.ダウンタウンのグルメエリアに誕生したスター〈Senia〉/ダウンタウン

2016年の12月にオープンしてまたたく間に噂となったお店。

X2A6254

「テイスティング・メニュー」(水~土のみ。185ドル)はノースやハワイ島の食材を使う。

ホノルル出身で地元素材を知り尽くしているシェフ、クリス・カジオカとロンドン出身のアンソニー・ラッシュが開いたレストラン。二人はNYの名門レストラン〈Per Se〉で出会い、この度ホノルルのダウンタウンに満を持して店をオープンした。いま最も予約が困難な店の一つとなっている。

X2A6167

〈Senia(セニア)〉
極めてシンプルな内装の店内。料理はディナーのみのアラカルトとテイスティングの2 タイプ。
■75 N. King St., Honolulu 
■808-200-5412
■5:30~22:00 
■日休/64席

こんな記事もおすすめ!
☆Hanakoのハワイ満喫記事まとめはコチラ!
☆ハワイの”Farm to Table”のお店5軒はコチラ!
☆ローカル気分で楽しめる【ハワイ】のパンケーキ4選はコチラ!

(Hanako1132号掲載/photo:Kenya Abe, Norio Kidera text:Keiko Kodera)

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る