小さいながらも楽しみがいっぱいな店内。
2021.08.09

話題の屋台風食堂も。 “映える店”が増加中!【東京】おしゃれなアジアン料理店4選

東京都内では最近“映えるアジアン料理店”が増加中!本場仕込みの味とお洒落な店内は女子会にピッタリです。今回は2021年にオープンした注目のアジアン料理店をピックアップ。

1.〈押競満寿〉/代々木八幡

濃厚な大豆のポタージュのような豆乳スープ&揚げパン750円。
濃厚な大豆のポタージュのような豆乳スープ&揚げパン750円。
ルーロー飯としてはギリギリまで大きくカットした肉がゴロリ。ルーロー飯セット1,000円。
ルーロー飯としてはギリギリまで大きくカットした肉がゴロリ。ルーロー飯セット1,000円。
台湾の街のさまざまな要素が詰め込まれた楽しい店。純喫茶にあるようなベルベットソファも。
台湾の街のさまざまな要素が詰め込まれた楽しい店。純喫茶にあるようなベルベットソファも。
〈押競満寿(おしくらまんじゅ)〉/代々木八幡
濃厚な大豆のポタージュのような豆乳スープ&揚げパン750円。
ルーロー飯としてはギリギリまで大きくカットした肉がゴロリ。ルーロー飯セット1,000円。
台湾の街のさまざまな要素が詰め込まれた楽しい店。純喫茶にあるようなベルベットソファも。
〈押競満寿(おしくらまんじゅ)〉/代々木八幡

〈&MOSH〉が一新。〈Little Nap COFFEE〉の濱田大介さんがプロデュースし、台湾料理家・りてこさんがフードディレクションする“台湾屋台朝食喫茶”。

〈押競満寿(おしくらまんじゅ)〉
■東京都渋谷区元代々木25-5 1F
■03-6804-7256
■朝食9:00~14:00、喫茶14:00~17:00 月休
■20席

Navigator…レストラン担当・今井未央(いまい・みお)
ハナコラボパートナー。飲食やライフスタイルを中心に企業やブランドのPRに携わる。日々、趣味である飲食のポテンシャルを追求中。

(Hanako1199号掲載/photo : Wataru Kitao (RESTAURANT), Natsumi Kakuto (SWEETS) text : Kahoko Nishimura, Mae Kakizaki edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

2.〈also〉/白山

白山 also
「パイナップルケーキ」1つ250円。
「パイナップルケーキ」1つ250円。
店内1階。
店内1階。
白山 also
白山 also
「パイナップルケーキ」1つ250円。
店内1階。
白山 also

〈also〉がオープンしたのは、2021年2月のこと。都心では珍しい2階建の一軒家を使ったレストランです。この建物でお店を始めるに当たって、台湾で食堂などに使われる「荘」の文字が似合うと感じたことから、その音を使った〈also〉と名付けたのだとか。

店内に入ると、従来の台湾料理店とは一線を画する洗練されたインテリア。今の台湾にあるレストランをイメージした雰囲気を味わえます。2階建てを生かして、店内は広々としています。

〈also〉
■東京都文京区白山5-32-13
■03-5615-9969
■11:30~14:30、17:00~20:00
※最新の営業時間はお店のInstagramを確認してください。
■月火休
■70席
公式インスタグラム

(photo&text:Saori Nozaki)

3.〈アジア屋台食堂 ピポンペン〉/渋谷

イートインのランチは丼式で。写真は選べるメイン3品とおまかせ惣菜4品で1,350円。スープかドリンク150円~を注文して。
イートインのランチは丼式で。写真は選べるメイン3品とおまかせ惣菜4品で1,350円。スープかドリンク150円~を注文して。
夕方からは小皿料理200円~とお酒を自由に楽しむスタイル。コップビール300円(各税込)がかわいい。
夕方からは小皿料理200円~とお酒を自由に楽しむスタイル。コップビール300円(各税込)がかわいい。
小さいながらも楽しみがいっぱいな店内。
小さいながらも楽しみがいっぱいな店内。
イラストレーターの大塚いちおさんがデザインしたロゴが目印
イラストレーターの大塚いちおさんがデザインしたロゴが目印
イートインのランチは丼式で。写真は選べるメイン3品とおまかせ惣菜4品で1,350円。スープかドリンク150円~を注文して。
夕方からは小皿料理200円~とお酒を自由に楽しむスタイル。コップビール300円(各税込)がかわいい。
小さいながらも楽しみがいっぱいな店内。
イラストレーターの大塚いちおさんがデザインしたロゴが目印

〈アルル〉や〈ヨヨナム〉などで知られるオーナー、ヤマモトタロヲさんが有名料理家のレシピを用いた現地ベトナムの屋台風食堂をオープン。

〈アジア屋台食堂 ピポンペン〉
■東京都渋谷区神山町40-1鈴井ビル2F
■03-6407-8345
■11:30~15:00、16:30~23:00 不定休
■20席

Navigator…レストラン担当・今井未央(いまい・みお)
ハナコラボパートナー。飲食やライフスタイルを中心に企業やブランドのPRに携わる。日々、趣味である飲食のポテンシャルを追求中。「オープン前から話題!いろんなお惣菜が楽しい」

(Hanako1195号掲載/photo : Wataru Kitao (RESTAURANT), Natsumi Kakuto(SWEETS)text : Kahoko Nishimura, Mae Kakizaki edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

4.〈NOON目黒〉/目黒

台湾料理を彷彿とさせる牡蠣とクレソンのオムレツ1,400円、スパイシーなヌーンレモンサワー690円。『ココナツミルクとパルメザンチーズが香る!』
台湾料理を彷彿とさせる牡蠣とクレソンのオムレツ1,400円、スパイシーなヌーンレモンサワー690円。『ココナツミルクとパルメザンチーズが香る!』
〈邦栄堂製麺〉の皮を使った自家製水餃子850円にはコブミカンの葉を練り込んでエスニックに。
〈邦栄堂製麺〉の皮を使った自家製水餃子850円にはコブミカンの葉を練り込んでエスニックに。
通常時はカフェと酒場のスタイルで営業。
通常時はカフェと酒場のスタイルで営業。
夜にぎやかに酒場を楽しむのが待ち遠しい。
夜にぎやかに酒場を楽しむのが待ち遠しい。
台湾料理を彷彿とさせる牡蠣とクレソンのオムレツ1,400円、スパイシーなヌーンレモンサワー690円。『ココナツミルクとパルメザンチーズが香る!』
〈邦栄堂製麺〉の皮を使った自家製水餃子850円にはコブミカンの葉を練り込んでエスニックに。
通常時はカフェと酒場のスタイルで営業。
夜にぎやかに酒場を楽しむのが待ち遠しい。

目黒駅前の小道にオープンした“ニュー・アジアン・スタンダード”な店。現在期間限定で提供するランチは開店10分で売り切れるほど評判を集めている。

〈NOON目黒(ヌーンめぐろ)〉
■東京都品川区上大崎4-3-7
■ランチ11:30~14:00LO、アラカルト15:30~19:00LO 火水休
■15席/禁煙

Navigator…西村佳芳子(にしむら・かほこ)
Hanakoなど女性誌を中心に活動する編集者、ライター。ナチュラルワインのおいしい店など、日頃のレストラン選びにも余念がない。

(Hanako1194号掲載/photo : Natsumi Kakuto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る