【全国】お取り寄せしたい絶品カヌレ4選。1つ食べれば“口福”に!
2021.05.04

止まらぬ、カヌレブーム。 【全国】お取り寄せしたい絶品カヌレ4選。1つ食べれば“口福”に!

スイーツ界に旋風を巻き起こしている「カヌレ」。カリッとした表面や洋酒の香りがクセになる!今回は、全国のお取り寄せできる人気カヌレをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈パティスリー パロラ〉の「カヌレ」/東京

日比谷 パティスリー パロラ

スイーツ専門店〈パティスリー パロラ〉では日本で初めてフランスの老舗バターブランド「BORDIER(ボルディエ)」とのコラボレーションを実現。滑らかな口当たりと芳醇な香りが特徴のボルディエバターを100%使った「カヌレ」は、まわりはかため、中はしっとり食感の本格的な味わいです。

〈パティスリー パロラ〉
■東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI
■03-6807-5622
公式サイト

2.〈bien Bake〉の「カヌレ・ド・ボルドー」/金沢

金沢 ビアンベイク
「カヌレ・ド・ボルドー」1個 345円。

〈bien Bake〉の焼菓子は冷凍便で届きます。というのも、焼菓子は冷蔵状態にしておくと小麦粉の劣化がすぐに進んでしまうから。丁寧に個包装されたお菓子と一緒に、解凍の仕方などを記した用紙が入っているので、自宅でも一番おいしい状態で楽しめます。

お店の一番人気である「カヌレ・ド・ボルドー」。袋のまま常温で解凍してからいただきます。銅製の型で1時間かけてじっくり焼きあげる、昔ながらの作り方のカヌレ。袋を開けた瞬間に、ふわりとラム酒が香ります。そのまま食べてもおいしいのですが、ここでちょっとアレンジ。柑橘系やベリー系のジャムを少しだけのせると、また違ったおいしさに出会えます。

〈BAKE SHOP bien Bake〉
■石川県金沢市西念4-19-26
■営業日、営業時間などの店舗情報はSNSにて。
公式サイト

(Photo,Text: Aya Takubo)

3.〈ダニエル〉のカヌレ/兵庫

菅原さん連載 第3回

大人気すぎて、予約の電話が繋がらないとの噂を聞きつけ、朝の受付開始とともに電話合戦に参戦!何十回何百回も架け続け、繋がったー!喜びもひとしお。

久々に食べたカヌレでしたが、そうそう、この食感だ。モチッとカリッと。おいしいいい。プレーン・カカオ・抹茶・いちじくくるみ・チェリー・アールグレイ・ラムレーズン・シトロン、という味の違いも楽しめます。ちなみに私が一番好きだったのは、ラムレーズン!カヌレってカヌレでしかないですよね。「カヌレがなければ○○を食べればいいわ」なんて言えない唯一無二の存在、カヌレ…くそーまた買うしかない!

(photo&text:Soko Sugawara)

4.〈graf〉と〈くるみの木〉の「奈良カヌレBOX」/大阪

ときのもりマルシェ
ときのもりマルシェ
ときのもりマルシェ

大阪を拠点に、家具やグラフィック、食、アートなど多岐にわたって活動するクリエイティブ集団「graf」。カヌレはもともと「graf」の人気スイーツだったが、奈良にあるカフェと雑貨の店〈くるみの木〉代表の石村由起子さんがこのカヌレのファンだったことから、石村さんの声がけで、奈良の食材を使ったカヌレを一緒に作ることが決定。茶どころである奈良のお茶をベースにしたり、そばの実や奈良漬けなど個性的な掛け合わせがいくつも試作され、これらを一箱に収めた奈良カヌレBOXが完成した。プレーン含め7種類8個のカヌレは、どれも直径2・5㎝のミニサイズなので、同時にいくつも食べられるのがうれしい。パッケージにあしらわれた、奈良のアイコンである鹿が目印。

公式サイト

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る