FotoJet (1)
2021.02.26

予約がおすすめ。 食べられたらラッキーな“数量限定スイーツ”4選!【丸の内・日本橋・銀座】レアスイーツが話題。

「限定メニュー」と聞くと、食べたくなる方も多いのでは?そこで今回は1日販売される数量が限られている、人気のレアスイーツをご紹介します。テイクアウト専門の贅沢チーズケーキは手土産にもおすすめです。

1.〈かふぇぺしゃわーる〉の小布施堂モンブラン/日本橋

〈かふぇぺしゃわーる〉の小布施堂モンブラン 800円(税込)『〈小布施堂〉のモンブランが喫茶店でいただけるとは(渡辺紀子さん)』
〈かふぇぺしゃわーる〉の小布施堂モンブラン 800円(税込)『〈小布施堂〉のモンブランが喫茶店でいただけるとは(渡辺紀子さん)』

マロンクリームと生クリームが主体で軽やか。長野〈小布施堂〉の品が楽しめる喫茶店はここだけだ。「とても貴重なケーキなんです」との渡辺さんの言葉通り、数量限定。予約推奨だそう。800円(税込)。

〈かふぇぺしゃわーる〉
■東京都中央区日本橋3-1-4 B1
■03-3242-1212
■11:30~19:00、バー19:00~23:15LO 日休(バー土日祝休)
■30席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

2.〈Furutoshi〉とブーランジェリー〈365日〉がコラボしたフルーツサンド/銀座

Furutoshi 銀座

洋食、和食、フルーツサンドからメインを選ぶハーフブッフェ。2,100円(税込)。フルーツサンドイッチは、フルーツとクリームの下にほどよい厚さのトーストが。果実は季節ごとに変わる。代々木公園のブーランジェリー〈365日〉とコラボしたフルーツサンドイッチは美しすぎると評判だ。カットフルーツを敷き詰めた上に生クリームを流し込んで一晩寝かせ、サーブする際に反転させたオープンスタイルのサンドイッチは、どこまでもフォトジェニック。

〈Furutoshi(フルトシ)〉
フルーツサンドは数量限定。宿泊以外のお客様に関しては、土日祝の8時以降は混雑状況により入店できない場合もあるので注意。
■東京都中央区銀座4-9-2 ソラリア西鉄ホテル銀座2F 
■03-5565-0577 
■朝食7:00~10:00(9:30LO)、土日祝~10:30(10:00LO) 
■無休 40席 禁煙

3.〈レゾルカ〉の贅沢チーズケーキ/銀座

「贅沢チーズケーキ」2,343円
「贅沢チーズケーキ」2,343円

テイクアウト専門のスイーツ店。岸本香奈子パティシエールが作る「贅沢チーズケーキ」は、4種類のチーズをのせたピザに蜂蜜をかけて食べるクアトロフォルマッジに着想を得て生まれたもの。付属の蜂蜜の種類は不定期で変更。一日数量限定。

〈レゾルカ〉
■東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座ビル10F
■03-6759-2167
■11:00~18:00(土13:00~17:00)日祝休

(Hanako1181号掲載/MEGUMI text : Mariko Uramoto edit : Yoko Fujimori)

4.〈丸の内 CAFE 会〉の宇治抹茶ティラミス/丸の内

「宇治抹茶ティラミス」620円
「宇治抹茶ティラミス」620円

タリーズコーヒーと伊藤園がコラボした唯一のフルサービスカフェ。店内で手作りのティラミスは、抹茶エスプレッソとあんこ、黒蜜をスポンジに染み込ませ、クリームチーズやマスカルポーネなどのチーズクリームを重ねる。和洋が混ざり合うこの一皿にはお茶はもちろんコーヒーも好相性。数量限定の看板メニューだ。

(Hanako1126号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る