「お膳PLATTER」2,800円。季節ごとに旬の食材を取り入れた内容に。現在の冬メニューは、根菜類やきのこをふんだんに使ったラインナップ。
2021.02.08

映える“モダン精進”も。 【大銀座】ビューティーブランドが手掛けるヘルシー和食3選。食べて体の内側から綺麗に!

お肌のお手入れやメイク道具を開発しているビューティーブランドが手掛ける飲食店が急増中。食からも“美と健康”を意識するきっかけに訪れてみてはいかが?

1.〈SHISEIDO THE TABLES〉/銀座

「出汁あんかけお粥膳」1,200円
「出汁あんかけお粥膳」1,200円

訪れる人が「姿・身体・心」を整えられる場所として誕生したコミュニティスペース。

「出汁あんかけお粥膳」はゴマをすり、出汁をかけ、つけあわせの山椒昆布や梅干しと共にいただく滋味あふれる一品。玉露、煎茶、棒ほうじ茶など日本茶をじっくり味わうメニューも人気。

(Hanako1170号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kana Umehara, Kahoko Nishimura edit : Rie Nishikawa)

2.〈REVIVE KITCHEN THREE HIBIYA〉/日比谷

「お膳PLATTER」2,800円。季節ごとに旬の食材を取り入れた内容に。現在の冬メニューは、根菜類やきのこをふんだんに使ったラインナップ。
「お膳PLATTER」2,800円。季節ごとに旬の食材を取り入れた内容に。現在の冬メニューは、根菜類やきのこをふんだんに使ったラインナップ。

〈REVIVE KITCHEN THREE HIBIYA〉で供される料理のコンセプトは“モダン精進”。卵以外は全て植物性由来の食材を使いながらも、ひとつひとつ丁寧な仕事が施され、食べ応えは十分。また、見目麗しいビジュアルも感動必至。従来のストイックなイメージを華麗に覆す。

〈REVIVE KITCHEN THREE HIBIYA(リバイブ キッチン スリー ヒビヤ)〉
都会の商業施設の中というロケーションにありながら、天井が高い開放感たっぷりの店内。アレルギーのある人、ヴィーガンの人とも一緒にテーブルを囲める希有なレストラン。デリメニューもあり、テイクアウトも可能。
■東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷2F
■03-6831-4620
■レストラン11:00~23:00(フード21:30LO、ドリンク22:00LO)、デリカテッセン11:00~21:00 休みは施設に準じる
■48席/禁煙

(Hanako1192号掲載/photo : Kenya Abe text & edit : Yoshie Chokki)

3.〈創作料理 FANCL 令和本膳〉/銀座

銀座 ファンケル銀座スクエア

〈ファンケル 銀座スクエア〉の中にある〈創作料理 FANCL 令和本膳〉。〈ファンケル〉流のおもてなしと本膳料理が味わえます。こちらでしか味わえない一品が〈ファンケル〉の発芽米「金のいぶき」をアレンジした焼きおにぎりのお茶漬け。香ばしい味わいがクセになるそうで、店員さんもすごくおすすめしていました!〆の一杯にも最適ですね。

〈ファンケル 銀座スクエア〉
■東京都中央区銀座5-8-16
■03-5537-0231(代表)
■11:00~20:00
※営業時間はフロアにより異なります。
■無休(1月1日のみ休館)
公式サイト

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る