丸の内 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
2020.01.02

スイーツ好きなら一度は食べたい。 平成“パティシエブーム”の礎を築いた日本人シェフのパティスリー&カフェ3軒【東京】

平成のパティシエブームの礎を築き、メディアへの露出も多い、誰もが聞いたことのあるパティシエ。今回は、スイーツ好きなら一度は食べたい人気パティシエのケーキが楽しめる、東京都内のパティスリー・カフェ3軒をご紹介します。

【青木定治シェフ】〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉/丸の内

丸の内 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
栗の甘さと抹茶の渋みが絶妙なバランスを奏でる「パリブレスト オ マロン マッチャ」640円。
栗の甘さと抹茶の渋みが絶妙なバランスを奏でる「パリブレスト オ マロン マッチャ」640円。

写真は、香ばしいシュー生地に濃厚な味わいのマロンクリームと渋みのある抹茶クリームをたっぷり絞った一品。和素材使いを得意とするアオキならではの味わい。

〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉
■新国際ビル1F 
■03-5293-2800
■11:00~20:00、サロン11:00~19:45(19:00LO) 無休 
■約26席/禁煙 

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

【鎧塚俊彦シェフ】〈トシ・ヨロイヅカ 東京〉/京橋

京橋 トシ・ヨロイヅカ 東京

鎧塚俊彦が手がけるパティスリーの旗艦店はイートインも可能。

京橋 トシ・ヨロイヅカ 東京

「ジャン・ピエール」580円(税込)はチョコムースに包まれたクリームブリュレにピスタチオがたっぷり使われており、チョコの甘さの後から豊かなナッツの香りが追いかけてくる。

〈トシ・ヨロイヅカ 東京〉
■東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F・2F
■03-6262-6510
■11:00~20:00(19:00LO) 施設休館日(2Fは火曜休) 
■1F 28席、テラス席24席(10月まで)、2F 18席/禁煙

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

【辻口博啓シェフ】〈モンサンクレール〉/自由が丘

自由が丘 モンサンクレール
自由が丘 モンサンクレール
「利平栗のモンブラン」630円(税込)。直径7.5╳高さ5㎝。 10~3月頃限定。
「利平栗のモンブラン」630円(税込)。直径7.5╳高さ5㎝。 10~3月頃限定。

熊本から直送される利平栗の生栗をその日のうちにコンポートするから栗の香りが際立つ。中には栗片と栗のペーストも隠れていて、口どけは繊細ながらホクホクした栗の味がどこまでも力強い! 

(Hanako1120号掲載/photo:Nagahide Takano text:chico)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る