2017年7月15日(土)~17日(月祝)に行くべき、観るべきイベントは?
2017.07.14

イベントライター道玄坂まりこがセレクト!「おこぼれイベントメニュー」 第2回 2017年7月15日(土)~17日(月祝)に行くべき、観るべきイベントは?

人生のさまざまな坂をのぼっておりて転げ落ちて。それでもたくましく生きていきたいみなさんのために、いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今回は、お楽しみの三連休に行くべき食欲を刺激されるイベントに注目よ。
道玄坂 まりこ
道玄坂 まりこ / フリーライター

「雑誌Hanakoでイベント情報ページを担当。おもしろそうなことには積極的に首、足、手、その他なんでも突っ込んでいきたいアラサーライター。」

道玄坂 まりこさんの記事一覧 →

罪悪感なしのアフタヌーンティ!

F4Q7137
「スタンダードアフタヌーンティー」(4,500円)

連載2回目にして原稿を落としそうになったライターの道玄坂よ。(先週もギリギリアウトだったから担当編集にこっぴどく叱られたわ)。だって毎日暑くて暑くて…。私のように夏バテで食欲減退している人も(嘘よ。全然減退してないわ)、ダイエット中の人も気にせずたくさん食べたくなるイベントを紹介するわね。みんな大好き汐留のコンラッドホテル東京で「ギルトフリー」をテーマにしたアフタヌーンティーが開催中なの。私、アフタヌーンティーって大好き。小さくて麗しい、まるで宝石のようなスイーツがてんこ盛りでしょ。しかもおいしい高級ティーが飲み放題。あれって本当に夢のような時間よね。で、ついつい食べ過ぎちゃって急にカロリーとグルテンのことが気になり始めるんだけど、このギルトフリー・アフタヌーンティーだったらそんな心配ナシ。

F4Q7136
「デラックスアフタヌーンティ」(6,650円)

だって砂糖やバターを使わないヘルシーなスイーツばかりなのよ。グルテンフリーのローブラウニーや豆腐のレアチーズ、モリンガと玄米甘酒のロールケーキなどがラインナップ。ケールのヴィシソワーズスープなどセイボリーメニューももちろんグルテンフリー。ヘルシーかつ美容にもいいんだからモリモリ食べたいわね。コンラッドのアフタヌーンティーはいつも大人気だから早めの予約をおすすめするわ!

TwentyEight_daylight

〈コンラッド東京 バー&ラウンジ トゥエンティエイト〉「ギルトフリー・アフタヌーンティー」
■東京都港区東新橋1-9-1
■03-6388-8745
■7月1日〜8月31日
■平日13:30〜16:30 土日祝11:00〜16:30、18:30〜20:30(日〜21:00) 無休
※2時間制

美しい白と黒にうっとり!

YOSHIDA_EX_DM

上野動物園に赤ちゃんが生まれてから、ますますパンダ人気が盛り上がっているけど、パンダってどうしてあんなに可愛いのかしらね。私、仕事そっちのけでそのことを考えてたんだけど、やっぱりあの白と黒のコンビネーションがいいんだと思うの。お顔は白くて、まぁるいお耳は黒。目の周りの黒い模様なんてたれ目みたいで、ぐぅかわいい!あの顔だったら悪いこと考えてたって絶対バレないわよね。あ〜生まれ変わったらパンダになりたい。

というわけで今回は陶芸界の白と黒に注目よ。富士の麓で作陶している陶芸家、吉田直嗣さんの企画展が原宿の〈Graphpaper〉でスタートするの。吉田さんといえば白と黒の器よね(話の持って行き方が強引なんて指摘はスルーしとくわね)。無駄を削ぎ落としたシンプルなフォルムは存在感があって、ずっと眺めていてもちっとも飽きないの。吉田さんの器は料理を盛ると8万倍くらいおいしそうに引き立ててくれる。小皿に豆腐を落としてごらんなさい!なんの変哲もない冷奴が料亭の高級豆腐のように見えるから不思議だわ。やっぱりいい器はしみじみいいもんね。今回は大物の作品ばかりをそろえたということだから、吉田ファンのみならずジャイアントパンダファンも押さえておいたほうがいいんじゃないかしら。ちなみに初日は吉田さん(イケメン)が在廊しているわよ!

〈Graphpaper〉
■東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2D
■03-6418-9402。
■7月15日〜23日
■12:00〜20:00
■月・祝休

米だけじゃない新潟を味わい尽くす!

0001
「背脂ラーメン」(850円)/旅するスタンド3

最後は新橋、虎ノ門をつなぐ新虎通りに位置する「旅する新虎マーケット」で開催中の「夏疾風の物語 ローカル線でめぐる越後の祭り」。力強く吹き抜ける風を意味する「夏疾風(なつはやて)」の名の下に新潟県の村上市、燕市、三条市、長岡市、十日町市の5市が集まって、各地のご当地食や名産品などを紹介する3ヶ月限定のイベントよ。新潟県といえばコシヒカリと小林幸子(敬称略)くらいしか思い浮かばなかった人はここでしっかりその魅力を堪能してほしいわ。十日町の「へぎそば」や燕三条の「背脂ラーメン」、新潟のブランド和牛村上牛を炊きたてのコシヒカリの上に敷き詰めた「村上牛べん」なんて滅多に東京で食べられないんだから絶対食べておきたいところ。

P1070571
「岩船米コシヒカリのお弁当 村上牛べん」 (1,080円)/旅するスタンド4
IMG_9969
「旅するパフェ」(1,080円〜)/旅するカフェ
e22e8c0f84ae437f961b538de103449d

7月15、16日には新潟県名産の笹団子作り体験ができるとか。もち米で作ったほっかほかの蒸したて団子を新潟県下田産の笹(ごんぼっぱ)に包んで食べれば気分はもう新潟県。地元では親しみを込めて「ごんぼっぱもぢ」と呼ばれているそう。「ごんぼっぱもぢ」って口に出して言いたい感がハンパないから、連呼したい人はぜひ参加すべし!

「旅する新虎マーケット」
■東京都港区西新橋2-16 他。www.tabisuru-market.jp
「笹団子包み体験」ワークショップ
〈旅するスタンド3〉7月15日、16日 各日14:00〜15:00、15:30〜16:30。定員各回10名。参加費 大人500円。
要予約http://peatix.com/group/55762/view

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る