topIMG_9407

今度はどの美術館へ?アートのいろは 「日本・スウェーデン外交 関係樹立150周年記念 カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」展へ。 Learn 2018.10.05

ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたというDJAIKO62さんがおすすめする、今見ておくべきアートとは?。コラム連載7回目は、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「カール・ラーション展」をご紹介。「こんなお家に住んでみたい!」と思わずテンションの上がる素敵なインテリア、そして絵画を存分に堪能してください。

スウェーデンの素敵なインテリアに深い影響を与えたカール&カーリン・ラーション。

IMG_9374

北欧といえばおしゃれなインテリアがまず思い浮かびますよね。無駄がなくシンプル、実用的であることやセンスも必要とされます。そのお手本ともなったのがラーション一家の暮らしです。スウェーデン・ストックホルム出身のカール・ラーションは美術学校を出た後、挿絵画家としてキャリアをスタート。その後フランス留学時にその後の作風にも大きく影響することとなる妻・カーリンと出会い、国立美術館やオペラ座の壁画まで手掛ける、国を代表する画家となりました。
上の写真は今展開催にあたり、彼らが過ごしたリッラ・ヒュットネースの居間をイメージして現代版にアレンジ、「IKEA」の家具をコーディネートした空間です。実は「IKEA」のホームファニッシングの原点はカール・ラーションの暮らしがルーツとなっているんです。

もしもパリに行ってなかったら。

パリ留学時には妻カーリンだけではなく、日本美術との出会いもありました。特に浮世絵には強く魅了されたそう。

カール・ラーション「アザレアの花」(1906年 水彩 ティールスカ・ギャラリー所蔵 )※画像写真の無断転載を禁じます。
カール・ラーション「アザレアの花」(1906年 水彩 ティールスカ・ギャラリー所蔵 )※画像写真の無断転載を禁じます。

ポスターにもなっている作品で、画面の手前・真ん中に大きくアザレアが配置され、モデルとなった妻カーリンはその隙間からのぞくように描かれています。カーリンの作業部屋の明るい雰囲気をアザレアに託し強調した、浮世絵にならった手法です。

「カーリンの命名日のお祝い」(1899年 カール・ラーション・ゴーデン所蔵)
「カーリンの命名日のお祝い」(1899年 カール・ラーション・ゴーデン所蔵)

描かれた時のエピソードとして伝わる話をする「カール&カーリン・ラーション家族会」会長のOskar Nordström Skans(オスカー・ヌードストローム・スカンズ)さん。右奥の子供が「絵に描かれるなら」ときれいにベッドメイキングをするも、「いつも通りがいい」と元のようにぐちゃぐちゃにされてしまったそう。

丁寧な暮らし。

IMG_9372

ストックホルムから電車で約2時間、スンドボーン村に今も記念館として残るラーションの家〈リッラ・ヒュットネース(小さな精錬小屋)〉。夫妻がリメイクした18世紀の骨董椅子、そしてカーリンデザインのクッション。布部分は複製で、オリジナルはケース内に展示されています。

IMG_9417

こちらが本来椅子にはられていたオリジナル、北斎漫画に影響されたとされるカエルの姿もかわいい!

IMG_9420

日本の家紋や落款をモチーフにしたという「テーブルクロス・家紋風の模様」(左)はとてもユニーク!写真右「スンドボーン・ブランケット」は一目見ただけでネイティブ・アメリカンのアートからインスピレーションを受けたのがわかりますよね。

IMG_9426

ギフトショップもかわいいものがいっぱい!今の生活、部屋に一つ取り入れるところから真似してみたいスウェーデンの暮らしですね。

【「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念 カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」展 開催概要】
■会期:2018年9月22日(土)~12月24日(月・休)
■休館日:月曜日(ただし9月24日、10月1日、8日、12月24日は開館)
■開催時間:10:00〜18:00(ただし、10月3日(水)、26日(金)、12月18日(火)~23日(日曜は19時まで)※入館は閉館の30分前まで
■会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
■公式サイトはコチラから
チケット情報やアクセス、イベント情報他詳細は美術館のサイトをご確認ください。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR