151

宿題を前もってやる派? ギリギリ派? わが子たちが後者である確かな理由|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.09.14

長かった夏もあっという間に過ぎ去り、2学期が始まりました。
緊急事態宣言下でどうなることやら、と思いましたが、私たちが住む世田谷区では公立小中学校は分散登校となり、クラスの半分は学校へ、もう半分は家でオンライン授業を受ける形となりました。
思えば去年、コロナ禍で突然休校になって学校とのつながりがプツっと途切れたことがありましたが、この1年で一人一台iPadも支給され、ICT教育がぐんと前進したことには感謝しかありません。

わが家のオンライン風景。中2の娘は登校日で、小学生チーム2人がiPadに向かっていました。
わが家のオンライン風景。中2の娘は登校日で、小学生チーム2人がiPadに向かっていました。

とは言え、わが家のように小中学生が3人いるような家庭では、オンライン組が複数人重なるとリビングに人が溢れて、なんならWi-Fi問題も新たに勃発したりで、そこはまた地域のみんなで良き方法を探りたいところ。
もしかしたらこれからは、大人だけでなく子どもたちにもコワーキングスペース的な場所が必要になってくるのかもしれません。
時代の急速な変化に、わたしたち大人はいつでも寛容に立ち回っていきたいものです。

我が物顔でオンライン授業に参加してる人。キミは早く保育園に行ってください.......。
我が物顔でオンライン授業に参加してる人。キミは早く保育園に行ってください.......。

さて、そんなわけでやっと落ち着きを取り戻した9月なのですが、あらためて8月を振り返ってみると、決して大きな出来事はなかったけれど、

それなりに思い出に残ることはあったなぁとしみじみ。

まず、これは毎年のことですが8月の末に次女すいちゃんの誕生日がありました。
夏休み中で時間はたっぷりあるはずなのに、いつも直前になって、プレゼントどうする? 夜ごはんなに食べたい?  どこのケーキがいい? などなど慌てて支度をするので、もう当日はバッタバタ。
いつもその日のことだけで精一杯なわたし、毎年じぶんの心の余裕のなさに自己嫌悪に陥ってます(涙)。

153

そんな話と並行して、夏休みの後半「子どもたちの宿題がぜんぜん終わりません……」「あれだけ計画的に進めた方がいいよって言ったのに」としょっちゅうSNSで発信をしていたら、とあるママ友からこんなことを言われました。

「いやぁ~、宿題ギリギリなざいざいやすいちゃんは、やっぱりアサコさんと親子なんだなぁ~って思ったよ!」

な、なんと鋭い指摘! というか、わたし自身まったくその自覚がなく、正直ちょっと目から鱗でした。そうか、完全にわたしの血だったのか!(笑)
なんなら、夫の政治くんこそ締め切りが迫らないとまったく動けない人で、わが子たちは、ただただ親の性格を受け継いでいただけなのだと思い知りました。
ざいざい、すいちゃん、なんかごめん……。

154

ちなみに、今までわが家のギリギリ最強星人は長男ざいざいだと思っていたら、この度それはすいちゃんなのだと判明しまして……。
8月31日の夜、彼女はまだiPad片手に机に向かっておりました。なんと、まだ自由研究が終わらずに画用紙に色を塗っているではありませんか。
こりゃ徹夜だな……と思って眺めていたところ、突然スッと立ち上がり「やっぱりあしたの朝早く起きてやるわ」そうひとこと言い残して寝室へと消えていく娘。小2ですごい精神力……。

しかしですね、翌朝きちんと早起きはできたものの当日の支度で手一杯で(それもやってないんかい!)結局宿題は手付かず。
連絡帳に「自由研究が途中なので持ち帰らせてください」とひとこと書かされ、でも本人は至って元気に登校していきました。さすが!

始業式を終えて帰宅した娘は、家でおひるごはんを食べ終えると隣に夫を部下のように従え、やっとのことで自由研究は終了。
その数時間をなぜに夏休み中に組み込めなかったのか腑に落ちないところですが、とりあえずすべて終えたことにホッとするわたしでした。

ふとした瞬間も肝の据わったオーラを醸し出している娘……。
ふとした瞬間も肝の据わったオーラを醸し出している娘……。

そんなエピソードもSNSで発信すると、今度は大学時代の友人からこんなコメントが。

「アサコは常に大学の課題を前もって提出していたよ! 多分子どもたちは政治くんの血を受け継いだんだと思う」

な、なんと! 昔の記憶が蘇ってきました(笑)。たしかに、わたしはいつも余裕もって課題を提出していたクチ。いつの間にか夫のギリギリっぷりが伝染していたのでした。
そのことさえも忘れてしまうだなんて……わたしったらバカバカ! そして、夫の影響力の偉大さったら。友人も認めるキミこそが、わが家のギリギリ星人たちの産みの親だわ。

156

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR