蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜 Learn 2022.10.09

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十七夜は、伊藤家を飛び出し、お店へ訪問!日本酒好きな店主とともに、おいしいからあげに合う日本酒を探ります!

メインとなる、ムネ・モモのセットが最後に登場!〆には骨スープも!

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

テツヤ「お母さんは若い頃、どれくらいお酒飲んでたんですか?」
一江「実は、養命酒で酔っ払っていたくらい弱かったんです」
ひいな「え〜!」
テツヤ「想像できない(笑)。じゃ、いつから飲めるようになったんですか?」
一江「お店をはじめてからですねぇ。カウンターに立つっていうのがすごく恥ずかしくて、身を隠したくて。だから飲むしかなくて」
テツヤ「なるほど、そういうことか!恥ずかしさをごまかすために」
一江「そうそう(笑)」
テツヤ「いまは、カウンターの中でおいしそうに飲んでらっしゃる(笑)。お酒を持つ姿もね、しっくりとなじんでますよ(笑)。ポテンシャルが花開いたってことかぁ。おもしろいですね、人生って。前のお店から移転して、こうやってアーティスト・イン・レジデンスでお店やるなんてねぇ(ライター注:以前の店舗から、2017年、アーティスト・イン・レジデンス〈HUNCH〉の1階に入居)」
悟江「前のお店を出なきゃいけないって時に、たまたま、ここのオーナーさんがアーティストを応援する場所をつくるから飲食店を入れたいということで声をかけてくれて」
一江「そうそう、この場所に呼んでいただいて。ひとつ返事で、行きます!ってね」

揚げ物を担当するのは、娘の悟江さん。お母さんとの連携も見事。
揚げ物を担当するのは、娘の悟江さん。お母さんとの連携も見事。

テツヤ「ここはね、お通しが3種類選べるんだけど、それも楽しいんだよ。ずらっとおばんざいが並んでて」
悟江「12種類くらいあります」
テツヤ「その中から3種類選べるんだけど、人によってこんなに好みが分かれるのか?ってくらいに違うんだよ」
ひいな「お父さんは、お子様っぽいメニューを選びがちだよね」
テツヤ「俺はね、ここの塩むすびが大好きで。絶対食っちゃうんだよなぁ。あとはきくらげ系も好きだな」

ムネとモモのセット1,600円はボリューム満点!生タマネギはニンニクの効いた特製タレにつけて召し上がれ!
ムネとモモのセット1,600円はボリューム満点!生タマネギはニンニクの効いた特製タレにつけて召し上がれ!
熱々揚げたてのからあげを手づかみでいただきます!
熱々揚げたてのからあげを手づかみでいただきます!
〆には、食べ終わった骨から取ったスープをサービスで。春雨入り。
〆には、食べ終わった骨から取ったスープをサービスで。春雨入り。

テツヤ「セット来た!もうね、ほんとにうまいから!」
ひいな「ムネとモモ、どっちか選べないから、どっちも食べたいもんね」
テツヤ「玉ねぎはドレッシングにつけて食べてください!」
ひいな「にんにくが効いてる〜!あぁ、おいしい〜〜〜〜〜!」
テツヤ「ほんとにうまいよね〜」
ひいな「『月山』が合うだろうねぇ。もうないけど」
テツヤ「もう飲み切っちゃったね(笑)」
ひいな「塩加減も揚げ方もほんとに絶妙です…」
テツヤ「俺はね、常連というにはおこがましいんだけど、〈うえ山〉が大好きなお店でね。いろいろな雑誌でも紹介させてもらったし、コロナが明けたら行きたいお店としても紹介させてもらって。だから『伊藤家の晩酌』に出ていただけますか?ってお願いしてみたわけです」
ひいな「お酒だけじゃない、おいしさとの組み合わせを教えてもらえるのがうれしいなぁ。すごく勉強になります」
テツヤ「ロックにしたり、炭酸割りにしたり、いろいろご提案いただいて、今日は新しい日本酒にも出会えたしね」
一江「『燗左紫』のぬる燗が一番おいしかったですね。いくらでもいけちゃいます、すーっと。酔わないし」
ひいな「酔わないのはありますよね」
一江「蒸発しちゃうんですかね?」
一同「(笑)」
ひいな「体温に近いときっと体にいいんでしょうね」
テツヤ「ほんとにめちゃくちゃおいしいです」
悟江「ありがとうございます」
ひいな&テツヤ「(からあげに夢中。無心で食べているため無言に)」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

テツヤ「ずっと通ってたけど、日本酒を飲んだことなかったから、ほんとにおいしかったです。あらためて日本酒の可能性を感じたというか。素揚げとの相性も抜群だったし」
ひいな「お母さんもいろいろな飲み方を提案してくださったし、ぬる燗も、炭酸割りも。きっとまだほかにも、おいしい組み合わせとか飲み方があるはず!」
テツヤ「日本酒が自由に飲めるのっていいよね」
悟江「ほんとにおいしかったです。『月山』も!」
一江「2本ともほんとにおいしかったです」
ひいな「そう言っていただけて、とてもうれしいです。今日はどうもありがとうございました!」

〈鳥からあげ うえ山〉

悟江さんが描いた鶏の絵が目印。
悟江さんが描いた鶏の絵が目印。

■東京都大田区西蒲田7-61-13 HUNCH
■090-3572-8700
■17:00〜22:00
■木日祝休

【ひいなのつぶやき】
お酒好きのおふたりが作る絶品の素揚げは、日本酒と相性バッチリでした!素揚げの部位やお食事のペースに合わせて、自由な飲み方で日本酒を楽しむのがオススメ。〈うえ山〉さんセレクトの日本酒を飲みにまたうかがいます!ありがとうございました!!
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中

photo:Wataru Kitao illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR