蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜 Learn 2022.10.09

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十七夜は、伊藤家を飛び出し、お店へ訪問!日本酒好きな店主とともに、おいしいからあげに合う日本酒を探ります!

からあげにレモンをかけるうような感覚で飲みたい「月山 イノベーション 2022 白麹四段」

島根県安来市にある「吉田酒造」の代表銘柄「月山」のチャレンジシリーズ「イノベーション」。酸味がある白麹を四段仕込みに使うことでパイナップルのようなさわやかな味わいを実現。アルコール度数13度と軽やか。「月山 イノベーション 2022 白麹四段」720ml 1,760円(+税・ひいな購入時価格)/吉田酒造株式会社
島根県安来市にある「吉田酒造」の代表銘柄「月山」のチャレンジシリーズ「イノベーション」。酸味がある白麹を四段仕込みに使うことでパイナップルのようなさわやかな味わいを実現。アルコール度数13度と軽やか。「月山 イノベーション 2022 白麹四段」720ml 1,760円(+税・ひいな購入時価格)/吉田酒造株式会社

ひいな「まずはお持ちした『月山』からご紹介しますね」
テツヤ「このお酒、飲んだことありますか?」
一江「ないですね」
ひいな「月山(がっさん)と読みます。島根のお酒です」
テツヤ「月山といえば、山形のイメージだったけど、島根なんだね」
一江「えぇ、そうですよね」
悟江「ラベルのイラスト、地図ですかね?」
テツヤ「そうだね、地図だね」
悟江「おしゃれ!」
ひいな「このお酒、乾杯から素揚げまで幅広くいけるお酒だと思います。でも少し心配だな…。実は、かなり奇をてらったお酒かもしれなくて。お母さんのお好みに合うかどうか…」
テツヤ「まぁまぁ、まずは飲んでみようよ。合うかどうかは飲んでみないとわからないからさ」
一江「そうそう、飲んでみないとわからないですから」
テツヤ「これは乾杯酒?」
ひいな「乾杯もそうだし、素揚げを想定して選んだお酒かな」
悟江「素揚げに合うお酒ということは、すっきりしてるんですか?」
ひいな「今回、お酒を選ぶにあたって考えたのは、よくある話なんですけど、“揚げ物にレモン”的な酸味系、あとは一緒に同調してうまみがさらに上がる系の2本を選んでみました」

かわいいガラスの酒器は父がセレクト。
かわいいガラスの酒器は父がセレクト。
4人で乾杯!
4人で乾杯!

テツヤ「じゃ、乾杯しようか。この度はほんとうにありがとうございます」
一同「乾杯!」
テツヤ「うん?ワイン?日本酒っぽくないね」
悟江「すごく飲みやすい!口当たりがやわらかいですね」
テツヤ「これは、素揚げに合うでしょう」
ひいな「でしょ?」
一江「あぁおいしい。麹の香りがすごく効いて」
ひいな「おっしゃるとおり、このお酒、白麹を使っていて」
一江「発酵感があるというか」
悟江「いい匂い!」
テツヤ「無理しなくてもいいですよ、正直な感想を言ってくださいね(笑)」
一江「本当においしいです」
ひいな「度数は13度になります」
一江「飲みやすいですねぇ」
ひいな「いいですよね。酸味もあって、レモンというかパイナップルというか」
悟江「うんうん」
一江「華やかな日本酒より、こういうしっかりしてるほうが好きです。華やかなのは1〜2杯でもういいかなって飽きちゃう」
ひいな「クラシックで造りがしっかりしてるお酒だからこそ、こうやって白麹で四段仕込みっていう遊び要素を入れても安定したお酒になるんだと思います」
テツヤ「これはね、素揚げに合うよ、絶対」
一江「もしかしたら、炭酸で割ったらおいしそう」
テツヤ「あぁ、いいですね。もっと冷やしてもいいかもな」
ひいな「やってみましょう!」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

一江「炭酸で割ったらもったいないかもしれないですけど、きっと油ものに合う感じになりますよね」
テツヤ「ロックで飲んだり炭酸で割ったりしても、日本酒がもっとおいしくなるんだったら、ぜんぜんいいと思うんですよ」
ひいな「日本酒は普段、飲まれますか?」
一江「飲みます」
テツヤ「家で飲むんですか?」
一江「家でも店でも。夏でも熱燗をお願いしたりして」
テツヤ「あぁ、それはもう、呑兵衛ですねぇ」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

一江「ははは(笑)」
悟江「あるお店では、母のために熱燗用のお酒を入れてくれてるんです。他の人は飲まないのに」
テツヤ「いいねぇ」
悟江「私は暑いから飲まないんですけど(笑)」
一江「娘のほうがお酒強いんです」
悟江「そんなことないです(笑)」
テツヤ「いやいや、お2人とも強そうです(笑)」

切り方、揚げ方に一工夫。シンプルなだけに違いがわかる素揚げの深い世界…!

首のせせりの部分は、骨を叩いてあるのでまるごと食べられる。コリコリっとした食感がクセになる!首 200円。
首のせせりの部分は、骨を叩いてあるのでまるごと食べられる。コリコリっとした食感がクセになる!首 200円。

テツヤ「そろそろ料理をお願いしてもよろしいでしょうか?」
ひいな「お願いいたします!」
悟江「首から揚げていきますね!」
テツヤ「最高です!」
一江「首はね、せせりです」
ひいな「せせり?」
悟江「首のお肉なんですけど、骨も叩いてあるのでまるごと召し上がっていただけます。カルシウムです!」

蒲田の名店〈鳥からあげ うえ山〉と合う日本酒いろいろ~『伊藤家の晩酌』第三十七夜〜

ひいな「うわぁ〜おいしそう!」
テツヤ&ひいな「いただきます!」
ひいな「お、手でいった!」
テツヤ「俺ね、揚げ物は手で食べる派なのよ」
ひいな「このカリカリのところが骨なんですね!おいしい!まるごと!」
テツヤ「うまい!これは合う。日本酒と」
ひいな「すごく合うね」
テツヤ「からあげじゃなくて素揚げっていうのがいいですよね」
ひいな「揚げ物と合わせると言っても、衣があるのと素揚げとだと違うなと思って」
テツヤ「絶対違うよね。炭酸ください!炭酸割りやってみたい」

日本酒に炭酸と氷を入れて割ってみると…!?さらに飲みやすくて危険な飲み物に!
日本酒に炭酸と氷を入れて割ってみると…!?さらに飲みやすくて危険な飲み物に!

悟江「わ!これは飲みやすい!ジュースみたい(笑)」
一江「揚げ物にぴったりじゃないですか」
テツヤ「日本酒の可能性が広がりますね」
一江「そうですね」
悟江「日本酒が苦手な人でもこれなら絶対飲めますね」
テツヤ「これうまいぞ〜!」
ひいな「炭酸割りのほうが、より素揚げに合う気がします」
テツヤ「炭酸割り、めちゃくちゃうまい。そして素揚げに合う!」
ひいな「家の晩酌ではできない、おいしい素揚げとの最高の組み合わせだね」
テツヤ「そりゃそうだよ!これ今度、ほかの日本酒でも炭酸割りって頼めたりしますかね?」
悟江「いいですね」
一江「『南部美人』は炭酸割りが合うかもしれない」
ひいな「『南部美人』も合うんですね!」

岩手県二戸市の「南部美人」の定番酒。甘みとうまみが吟醸香とともにまったりと感じられる。素揚げの鳥の身の淡白さと抜群の好相性。「南部美人 純米吟醸」1杯800円(うえ山提供価格)/株式会社南部美人
岩手県二戸市の「南部美人」の定番酒。甘みとうまみが吟醸香とともにまったりと感じられる。素揚げの鳥の身の淡白さと抜群の好相性。「南部美人 純米吟醸」1杯800円(うえ山提供価格)/株式会社南部美人

テツヤ「ぜひ、いただきたいですね!」
一江「甘い感じでとろりとしているので」
ひいな「うんうん、コクのあるイメージです」
一江「『雪の茅舎』はシャンパンみたいな感じになりますよ」
ひいな「わぁ、おいしそう」
テツヤ「マジですか?いろいろ教えてください!」
ひいな「教えてください!素敵です!」
一江「いえいえ」
テツヤ「『南部美人』ってこんな感じなんだね。ちょっと濃いめだね」
ひいな「『南部美人』も種類がたくさんあるんですよね」
一江「結構、賞も取ってるんですよ」
ひいな「『南部美人』の炭酸割りいただきます!」
テツヤ「吟醸の華やかさはありつつも」
ひいな「結構、まったりしてますね」
一江「うちでは、一番甘くてまろやかな感じですね」
テツヤ「こんなの素揚げと絶対合うよ。」
ひいな「『月山』とは違う感じの炭酸割りができるね」
テツヤ「そうだな。これはトロピカルな水です!今、お母さんたちとみんなでリゾートのプールに寝そべってる感じ」
ひいな「妄想が広がるねぇ(笑)」
一江「浮き輪しなきゃ(笑)」
テツヤ「メニュー表に『炭酸割りもできます』って書いておいたほうがいいんじゃないですかね?それくらい合うよね。このノリで、次の一品もお願いします!」
悟江「じゃ、次にいきますね!」
テツヤ「素揚げと日本酒って合うな。ワインより合うんじゃないですかね?」
一江「いや、ワインもなかなか合いますよ」
テツヤ「ですよね(笑)」
テツヤ「ここではナチュールが飲めるからいいんだよねぇ。もうさ、この揚げてる音と香りで飲めるもんな」
一江「ほんとうに、お酒、お好きなんですねぇ(笑)」

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR