弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」

言いたいコト、書きたいコトバ…混じり気ナシ! 弘中綾香の「純度100%」~第81回~ Learn 2022.08.12

ひろなかあやか…勤務地、六本木。職業、アナウンサー。テレビという華やかな世界に身を置き、日々働きながら感じる喜怒哀楽の数々を、自分自身の言葉で書き綴る本連載。

(photo : Yasutomo Sampei styling : Chie Hosonuma hair&make : Akemi Kibe[PEACE MONKEY])

弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」

「南紀白浜の旅・前編」

夏休み真っ只中!ということで、この先お出かけの予定の方々も多いのではないでしょうか。コロナの勢いは衰える気配を見せないけれど、行動制限のない3年ぶりの夏だ!ということで、対策をしっかりしていれば、私たちはどこへだって出かけられる。そんな当たり前のことがこんなにもうれしいとは!思いもしなかった。手放しの夏を目の前に、世間が浮足立って見える、そんな今日この頃です。

私は久々に飛行機に乗って、あるところに行ってきました。和歌山県・南紀白浜空港からほど近い場所にある<アドベンチャーワールド>! 控え目に言って、最高でした! 関西圏にお住まいだったり、出身が関西の方にはなじみがあるであろう、この<アドベンチャーワールド>なんですが、正直私(神奈川県川崎市生まれ、東京都在住)の耳にはこれまでそんなに入ってきてはいませんでした。パンダ関連のニュースで、なんかちょろっと名前だけ見たくらいで、特段気には留めていなかったんです。ところがどっこい、大人でも充分に楽しい旅になりました。

私がなぜ旅先に「南紀白浜・アドベンチャーワールド」を選んだかというと、完全に口コミです。羽田空港から飛行機で約1時間! 昼間に楽しめるレジャー施設あり、綺麗な海と白い砂浜もあり、温泉あり。決して大きくない街なので、1泊2日あれば、思う存分見るべきところは見られる。同じ関西圏の人気スポット・大阪や京都に比べると人も少ないし、かなりの穴場スポットだよ!と人づてに聞きました。南紀白浜空港へはちょうど貯まったマイルでチケットが取れるくらいの距離だったというのも渡りに船、といったところで、あまり調べることなく、先に決めてしまいました。

イマドキの人は、検索エンジンを使わずにインスタグラムで「#〇〇」と検索して色々情報を得るみたいなことを聞きますが、私はオールドスタイル! 旅行の下調べは旅行情報誌です。写真がいっぱい載っているし、情報も盛りだくさんだし、何より見ているだけで楽しい気持ちになりませんか? あれを本屋さんで買うところから旅が始まると思います。今回ももちろんゲットして、南紀白浜空港までひとっ飛び! 本当にあっという間。新幹線でいうと、静岡あたりでもう着いているイメージですからね、びっくりしました。

降り立つと、どことなく感じるリゾートの空気。ヤシの木が植えてあったりして、街も人もゆったりとした雰囲気を感じる。空港から市内まで車で15分、アドベンチャーワールドへも車で15分と聞いていた通りにこぢんまりとしたスケール感。レンタカーを借りなかったので、タクシーですぐどこへでも行けるというのはありがたかったです。朝早くの飛行機だったので、<アドベンチャーワールド>へはほぼ開園と同時に入りました。驚くことに入園ゲートを通ってすぐ、パンダが私たちを待っていました。だいたいメインの動物って奥の方にいて、色んな動物たちを見た後に大トリで出てくるイメージがありますよね? まったくそんなことなく、すぐに見せてくれるの…!!!泣

しかも1頭とかではなく、最初のゾーンで3頭も見られました。時間が早かったこともあって、そんなに並ぶことなく間近でゆっくりとパンダを見ることが出来て、すごく得をした気分(パンダが大好きで…というわけでは特段なかったけれど、久しぶりに生で見るとフォルムとあらゆる所作が愛くるしくて、一気にファンになってしまいました。パンダちゃん、あれだけ世間を賑わす理由が分かりましたよ)。パンダは違うゾーンにも3頭いて、計6頭という飼育数は世界的に見てもかなり多い方なんだそうです。パンダだけでもお腹いっぱいになりそうなんですが、パンダのほかにも動物たちが沢山いて一日じゃ回り切れないほどでした…! サファリワールドにはライオンやチーター、ゾウ、キリンなどもいますし、違うエリアではコツメカワウソなどの可愛い動物にも沢山会えました。基本的に大人が思い浮かべる動物たちは何でもいます(笑)。 まだ水族館エリアもあるということだったので、とりあえず動物たちに一通り会った後で一度お昼休憩に外に出ました(再入場可能!)。

【弘中のひとりごと】
寝るときは仰向け派です!

弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」
弘中綾香の「純度100%」

本連載をまとめた初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』は絶賛発売中!


購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから。

シャツ39,600円(バグッタ|トレメッツォ■03-5464-1158)/つけえり 9,900円(10月発売予定、レッド トーキョー|レッド トーキョー■03-6879-0196)/チェックパンツ48,400円(ピーティートリノウーマン|トレメッツォ■03-5464-1158)

過去の連載はこちら


弘中綾香の「純度100%」一覧

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR