chance

働く女性のための転機の準備 あなたの女性ホルモンは“ゆらいでる”?チェックリストでわかる自分のホルモン状態。 Learn 2022.05.10

女性特有の心身のバランスを保つために欠かせないのがエストロゲンとプロゲステロンという二大女性ホルモン。自分のカラダと向き合うために、正しい知識を身につけよう。

チェックポイント監修/一般社団法人女性ホルモンバランスプランナー協会 https://xn--ydko0a7a6134bgoi.net/
チェックポイント監修/一般社団法人女性ホルモンバランスプランナー協会 https://xn--ydko0a7a6134bgoi.net/

2つ以上該当すると、女性ホルモンがゆらいでいる可能性が大です。ゆらぎの三大要素を見直してみましょう。

無題 (1)
無題 (2)
無題 (3)

1.【ストレス】いつもと違う“日常”もストレスになる!
ストレスとホルモン分泌には密接な関係がある。強いストレスを受けるとエストロゲンの分泌が減少しがちになる。そして、心身に影響をきたしてしまうことも。ストレスは脳を混乱させることにつながり、カラダに間違った指令を与えてしまうことも発生する。また、ストレスといえば、いやなこと、不快なことだけと思いがちだが、普段の生活と異なることは脳がプレッシャーとして認識することもある。生活の変化も意識して過ごすなど、自分なりの防衛策をとろう。

2.【栄養不足】特別なものより、バランスのよい食事を。
太りすぎ・痩せすぎはホルモンバランスを崩し、生理不順や排卵障害の原因ともなる。過度のダイエットで生理が止まる、といった話もある。これは栄養不足を感じた脳が生命の危機を感じ取り、生き残るために生殖活動を後回しにすることで、女性ホルモンの分泌を抑えて、排卵をさせず生理をストップさせるからだ。そして、それが心身の不調へとつながってしまう。女性ホルモンのために特別に必要な食べ物はない。栄養の偏りをなくし、まんべんなく適度の分量を。

3.【睡眠不足】深夜12時にはベッドに入りたい。
昼間の活動で疲れた心とカラダを回復させてくれる睡眠。睡眠不足になると、美をつかさどるとされるエストロゲンが減少するといわれる。エストロゲンは肌や髪の潤いを保ったり、女性らしい丸みを帯びたカラダつきを作るとされるのだ。だから、睡眠のゴールデンタイムといわれる0時~6時を含めて7~8時間は睡眠をとりたいもの。この時間帯には「成長ホルモン」が分泌され、細胞を修復してカラダを癒してくれ、抗酸化作用のある「メラトニン」が活躍する。

ホルモンの乱れを見逃さずケアすることが大切。

生理前になると、なんだか体調がすぐれないと感じる人も少なくないはず。じつは、月経前に感じる不調には、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが大きく関係している。自身も重度の生理痛で婦人科に通院していた金藤美樹穂さん。同じ悩みを抱える人に早期ケアの大切さを伝えるため、女性ホルモンバランスプランナーの資格を取得。ホルモンバランスの乱れのサインや、乱れにより現れる症状の緩和のためにできることを聞いてみた。

「女性のカラダにとって、分泌量が排卵前にピークを迎えるエストロゲンと、排卵後に増えるプロゲステロンが、正常かつバランス良くサイクルしていることが心身の健康を保つために大切だと考えられています。この周期が乱れるとPMS(月経前症候群)につながったり、一般的に45歳から55歳までに訪れる更年期の症状が重くなることも。忙しい現代女性は不調を感じていても我慢をしてしまう傾向がありますが、自分の将来のカラダのためにもホルモンバランスを整えることを意識しましょう」

上記のチェック項目に当てはまることがあれば、できることから改善。生活習慣とホルモンバランスは密接な関係にあるため、睡眠時間や食生活を見直し、リラックスタイムをつくることも女性ホルモンのゆらぎをケアするポイントになるはずだ。

Navigator…金藤美樹穂(きんとう•みきほ)

女性ホルモンバランスプランナー・妊活マイスター/長年の婦人科への通院や不妊クリニックでの経験から、セルフケアの重要性を実感。セミナーなどを通して情報を発信している。

(Hanako1208号掲載/photo : Kenya Abe illustration : Maori Sakai text : Yuko Watari, Keiko Kodera)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR