74ED9D55-BE0D-4D32-B9AC-CF8E9CB56378

ピンクと桜で季節を先取り! 春限定フード&スイーツが登場!〈渋谷ヒカリエ〉で楽しめる春色ごはん。 Learn 2018.03.07

〈渋谷ヒカリエ〉では、「春のヒカリエごはん」と題し、春の香りと装いに包まれた限定のフード&スイーツが登場。ピンク色のドリンクも添えて、春の到来を一足早く楽しんで。【誌面PR】

日に日に暖かくなってきて、もうすぐ春。食のトレンド発信地〈渋谷ヒカリエ〉では、いち早く季節の訪れを感じられるイベント「春のヒカリエごはん」を開催中!6・7階のカフェ&レストランと8・11階の飲食店の全28店舗にて、4月1日まで。2018年の流行カラーであるピンクをテーマに、この時季らしい色鮮やかでフォトジェニックな春メニューが目白押し。桜エビやイチゴなど、旬の食材を使用したり、桜の花をあしらったりと、どのフードもスイーツも春満開! 春色ごはんを味わって、春を満喫しよう。

1.白魚と桜のリゾット

EF07C5A5-CCB6-4CD9-8FC8-20CD67C50C0A

カプリッチ〈CAPICCI〉
6階/11:00~22:00LO/52席/禁煙
TEL:03-6434-1471

桜の塩漬けと白魚で、春らしさを表現。

長崎などの契約漁港直送の海の幸を使用した魚介料理に定評がある、イタリアンレストラン。「白魚と桜のリゾット」1,600円(ディナーのみ)は、貝類のエキスをじっくりとしみ込ませたお米に、春を告げる魚として知られる白魚のボイルと刻んだ桜の花の塩漬けを合わせた一皿。本物の桜の花でデコレーションされ、見た目も華やか。

32ECFF5A-9FFB-409B-B1FD-6A454C5EDD11

春色のドリンクも!「ブルガリア産ばらジュース」650円

AA925DB9-ABA4-4B80-9F36-588CD6E3EB9E

「スプモーニ」730円

2.桜エビと筍のアーリオ・オーリオ

7B9EDC09-BEA6-4A6A-9F11-AF13D1DA7273

シアターテーブル〈THE THEATRE TABLE〉
11階/11:30~23:00LO/172席/禁煙
TEL:03-3486-8411

桜エビを主役にした香り豊かなパスタ。

〈アロマフレスカ〉の原田慎次シェフが監修するレストラン。「桜エビと筍のアーリオ・オーリオ スパゲッティレモン風味」1,760円は、桜エビ、タケノコ、菜の花と春の味覚が満載。桜エビのダシを生かした上品な味わいで、上にたっぷりとちりばめた干し桜エビの香ばしさと、皮をすり下ろしたレモンの爽やかな香りが良いアクセントに。

94CBDCE2-7036-4EFC-9169-DD326DB1F169

華やかな香りの「スパークリングワイン コドーニュ・ロゼ」833円

3.桜といちごのふわふわパンケーキ

89106B88-E39A-48AB-AAC5-0959C2EBD378

鉄板焼 お好み焼 かしわ
7階/11:00~22:30LO(日~22:00LO)/65席/禁煙
TEL:03-6434-1570

桜とイチゴ、春ならではの豪華競演。

鉄板焼きの名店からパンケーキが初お目見え。「桜といちごのふわふわパンケーキ」1,100円(14:00~17:00のみ)は、桜あん、桜の塩漬け、桜色の生クリームとまさに桜尽くし。さらにイチゴソースと抹茶のチョコソース、生のイチゴでデコレーション。鉄板で20分かけて焼いているので、外はカリッ、中はしっとり。

A53872A5-3F87-4494-A11B-51B55C6DCEC3

「ブラッドオレンジ梅酒のソーダ割」800円は程よい酸味が◎

4.チーズのスキレットニョッキ

E02943CC-5EF7-4361-A98A-AED0EA6046D2

チーズ キッチン ラクレ〈CHEESE KITCHEN RACLER〉
7階/11:00~22:00LO(日~21:30LO)/85席/禁煙
TEL:03-6433-5404

ピンク色のニョッキとチーズが好相性。

昨年のオープン以来、チーズ好きを虜にしている行列必至の人気店が、「とろとろチーズのスキレッニョッキ~バゲット添え~」1,100円(ディナーのみ)で春を演出。ピンク色の北海道産じゃがいも「ノーザンルビー」で作るニョッキはモチモチ食感が見事な逸品。モッツァレラやゴーダなどを合わせたチーズソースも美味。

18435FA2-424C-4581-B61C-B0E43FB0D401

イチゴが香る「ストロベリーサンシャインレモネード」600円

5.さくらのシフォンケーキ

85EDF451-2E0B-42AB-8969-ABC1995E7A2E

ザ ミートアンドラボラトリー〈THE MEAT & LABORATORY〉
7階/11:00~22:30LO(日~22:00LO)/70席/禁煙
TEL:03-6805-1729

春で彩られたふわふわシフォン!

〆のスイーツもおいしいと女性に人気のミートダイニングが、アートな一皿「さくらのシフォンケーキ ココナッツクリーム添え」797円を提供する。桜の葉の塩漬けを混ぜて焼き上げたシフォンは、軽い口当たりがたまらず絶品だ。桜のリキュールを隠し味に加えたココナッツホイップクリームをたっぷりとつけて召し上がれ。

E596CC62-1C30-48DB-970B-A7626E11F4AB

爽やかな香りとほどよい甘さの「ローズヒップピーチ」473円

NEWS !〈ル・クルーゼ〉の春色食器が続々登場。

A268F809-DA9B-4AA1-957A-BFC263D21087

「ミニ・ココット」3500円

フランス発の高性能なキッチンウェアブランド〈ル・クルーゼ〉には、ピンク色の調理器具や桜をモチーフにした食器が勢ぞろい。食卓に彩りを添えてくれるアイテムばかりで、自宅でも気軽に春ごはんが楽しめる。

ShinQs5階/TEL:03-6805-0913/10:00~21:00

72E15EB6-5D0B-4AD0-BEEE-E9CAEDFC4913
C54787B3-1F9C-4635-ADED-D3453C62B50F

ボールとスプーンのペアセット「ミニ・フルール・セット」各3000円

〈渋谷ヒカリエ〉のお食事券3,000円分を20名様にプレゼント!

ネットで簡単なアンケートに答えていただくと、〈渋谷ヒカリエ〉のカフェ&レストランで使える、お食事券3,000円分が20名様に当たります。
パソコンやスマートフォンで今すぐ下記URLにアクセスしよう。

応募はこちらをクリック!

(Hanako1152号掲載:photo : Michi Murakami text & edit : Emi Suzuki)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR