186A3672-768x512
正方形186A3672-768x512

THE KYOTO OF FLOWERS 春の訪れとともに、季節の花を楽しむ|京の花暦 LEARN 2022.03.10PR

京都の町を鮮やかに彩る四季折々の花々。それは都の歴史とともに、先人たちが残してきた風物詩のひとつ。特に社寺は月ごとに、さまざまな花を楽しめる特別な所なのです。(PR/JR東海)

〝花の都〞と謳われる京都。長年にわたり築き上げた古くからの伝統や文化、歴史は後世に受け継がれ、今日までの都を作り上げてきた。特に国宝級の歴史的建造物も多く鎮座するなか、その風景を彩る京の花暦も、この町の変遷のなかで大切にされてきたもののひとつだろう。
『日本書紀』など歴史に名を残す書物や偉人の名歌にも詠まれ、現代の私たちには季節の訪れを感じる目印のひとつとなっている花暦。例えば梅の見頃を迎えた北野天満宮では、春を告げる「天神さんの梅開き」が行われ、いまでも梅の木を大切にする信仰が受け継がれている。これはかつて御祭神の菅原道真公が太宰府への左遷前、庭にある梅の木を愛おしく想い「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」と詠んだことから始まった。
 これからの季節に楽しめるのは、厳しい寒さを力強く乗り越え、春の訪れを告げる花たち。先人が残してきた風情とその背景を知ってから町を花散策するのも、〝京都らしさ〞を感じる方法かもしれない。

ほのかに香り桃色に染まる北野天満宮内。一般開放される梅苑の景色は忘れ難い。
ほのかに香り桃色に染まる北野天満宮内。一般開放される梅苑の景色は忘れ難い。
菅原道真公が愛した、梅のゆかりの地がここに。
学問の神様・菅原道真公を祀り、全国に約12,000社が鎮座する天満宮・天神社の総本社。50種約1,500本の梅の花があり、春には境内一円に紅白の梅が咲き誇る。京都洛中の名庭「雪月花の三庭苑」の「花の庭」に数えられる名所。

■京都府京都市上京区馬喰町
■参拝6:30~17:00
梅苑入場料1,000円(~3月下旬)
菅原道真公が愛した、梅のゆかりの地がここに。
学問の神様・菅原道真公を祀り、全国に約12,000社が鎮座する天満宮・天神社の総本社。50種約1,500本の梅の花があり、春には境内一円に紅白の梅が咲き誇る。京都洛中の名庭「雪月花の三庭苑」の「花の庭」に数えられる名所。 ■京都府京都市上京区馬喰町 ■参拝6:30~17:00 梅苑入場料1,000円(~3月下旬)
写真・北野天満宮
写真・北野天満宮
方除(ほうよけ)の大社が魅せる神苑のしだれ梅。
平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建され、それ以降方除の神として信仰を集める。趣の異なる5つの庭からなる神苑「楽水苑」には源氏物語ゆかりの草花が植えられ、「源氏物語 花の庭」と称される。早春にはしだれ梅が咲く。

■京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
■拝観9:00~16:30(受付~16:00)拝観料800円
■075-623-0846|鳥羽
方除(ほうよけ)の大社が魅せる神苑のしだれ梅。
平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建され、それ以降方除の神として信仰を集める。趣の異なる5つの庭からなる神苑「楽水苑」には源氏物語ゆかりの草花が植えられ、「源氏物語 花の庭」と称される。早春にはしだれ梅が咲く。 ■京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7 ■拝観9:00~16:30(受付~16:00)拝観料800円 ■075-623-0846|鳥羽
〈城南宮〉(じょうなんぐう)
〈城南宮〉(じょうなんぐう)
静けさのなかで春を告げる椿の庭。
銀閣寺と南禅寺を結ぶ散歩道「哲学の道」近くに鎮座する寺院。本堂北側の「椿の庭」と呼ばれる中庭には三銘椿があり、それぞれの風情を楽しみ春の訪れを静かに感じられる(4/1~7のみ観賞可、入山料800円)本堂の本尊阿弥陀如来には、この時季になると椿の散華も。

■京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
■拝観6:00~16:00
■075-771-2420|鹿ケ谷
静けさのなかで春を告げる椿の庭。
銀閣寺と南禅寺を結ぶ散歩道「哲学の道」近くに鎮座する寺院。本堂北側の「椿の庭」と呼ばれる中庭には三銘椿があり、それぞれの風情を楽しみ春の訪れを静かに感じられる(4/1~7のみ観賞可、入山料800円)本堂の本尊阿弥陀如来には、この時季になると椿の散華も。 ■京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30 ■拝観6:00~16:00 ■075-771-2420|鹿ケ谷
〈法然院〉(ほうねんいん)
〈法然院〉(ほうねんいん)
京都最古の禅寺で日本の象徴・桜を愛でる。
鎌倉幕府の二代将軍・源頼家が開基した、臨済宗建仁寺派の大本山の寺院。国宝にも指定されている「風神雷神図」(展示は複製)など貴重な文化財が数多くあるなか、三門や法堂、花見小路通り沿いなど場所によって移ろいが違う桜も建仁寺の見所のひとつ。

■京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町584
■拝観10:00~16:30
■075-561-0190 |東山
京都最古の禅寺で日本の象徴・桜を愛でる。
鎌倉幕府の二代将軍・源頼家が開基した、臨済宗建仁寺派の大本山の寺院。国宝にも指定されている「風神雷神図」(展示は複製)など貴重な文化財が数多くあるなか、三門や法堂、花見小路通り沿いなど場所によって移ろいが違う桜も建仁寺の見所のひとつ。 ■京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町584 ■拝観10:00~16:30 ■075-561-0190 |東山
〈建仁寺〉(けんにんじ)
〈建仁寺〉(けんにんじ)
春の風物詩は真紅に染まるキリシマツツジ。
菅原道真公が大宰府に左遷されるとき、名残を惜しんだ地として知られる長岡天満宮。正面の大鳥居をくぐると、4月下旬には市指定の天然記念物にもなっている樹齢約170年のキリシマツツジが満開に咲き誇り、真紅に染まる花々を眺めることができる。


■京都府長岡京市天神2-15-13
■社務所 9:00~17:00
■075-951-1025 |長岡市
春の風物詩は真紅に染まるキリシマツツジ。
菅原道真公が大宰府に左遷されるとき、名残を惜しんだ地として知られる長岡天満宮。正面の大鳥居をくぐると、4月下旬には市指定の天然記念物にもなっている樹齢約170年のキリシマツツジが満開に咲き誇り、真紅に染まる花々を眺めることができる。 ■京都府長岡京市天神2-15-13 ■社務所 9:00~17:00 ■075-951-1025 |長岡市
〈長岡天満宮〉(ながおかてんまんぐう)
〈長岡天満宮〉(ながおかてんまんぐう)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。TRAVEL 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)LEARN 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?MAMA 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。MAMA 2023.08.12 PR