蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ

15分できるレシピも。 ダイエット中にもおすすめ!鶏肉を使った簡単×おいしいレシピ4選 Learn 2021.10.29

鶏肉は、牛肉や豚肉に比べて低カロリーでダイエットに向いているお肉として人気が高まっています。そこで今回は、鶏肉を使ったプロ直伝の簡単レシピをご紹介します。

1.「カオマンガイ」

「カオマンガイ」

【材料】
・鶏もも肉…1枚
・にんにく…1かけ
・しょうが…5g
・パクチー…1/2束
・タイ米…1.5合
・水…230ml
・レモン…適量
【A】
・ナンプラー…小さじ2/3
・砂糖…小さじ1/4
・塩…小さじ2/3
・白ワイン…大さじ2
【B】
・味噌….大さじ2
・スイートチリソース…大さじ2
・砂糖…大さじ1/2
・しょうゆ…大さじ1/2
・ごま油…大さじ1/2

【POINT】
【POINT】

【作り方】
1:しょうがとにんにくは、みじん切りにする。パクチーは根をみじん切りにして、葉と茎は3cm幅に切り、それぞれ水にさらしておく。

2:フライパンにタイ米、水、【A】を入れて軽く混ぜてから、パクチーの根、にんにく、しょうが、鶏もも肉をのせる。

3:蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火で10分炊き、火を止めて10分蒸らす。
【POINT】鶏もも肉と米は、フライパンで一緒に炊く。
作り方2&3は通常、鶏肉を茹で、冷ました茹で汁で米を炊くが、自宅で作りやすいようにふたつの工程をフライパンひとつで。もも肉は、皮を上にすると旨みが出やすい。

4:ボウルにBを入れてよく混ぜる。

5:お皿にご飯を盛り付け、食べやすい大きさに切った鶏もも肉、パクチーの葉と茎をのせ、鶏もも肉に4のタレをかけてレモンを添える。

Teacher…山田英季(やまだ・ひですえ)/おいしいものと旅をテーマに活動する〈and recipe〉の料理人。レシピ開発やケータリングも行う。近著に『あたらしいおかず 家ごはんをも~っとおいしく!』。

(Hanako1196号掲載/photo : Kenya Abe styling : and recipe illustration : Shapre text : Yumiko Ikeda)

2.「蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ」

蒸し鶏のミニトマト黒酢だれ

【材料:2人分 調理時間:約15分】
・鶏むね肉…………1枚(約330g)
・しょうが…………5g
・ミニトマト………6個
・きゅうり…………1/2本
・ごま………………適量
〈A〉
・塩…………………小さじ1/2
・黒こしょう………少々
・酒…………………大さじ4
〈B〉
・しょうゆ…………大さじ2
・砂糖………………大さじ1と1/2
・黒酢………………大さじ2
・ラー油……………小さじ1/4

【準備】
・ミニトマトはヘタをとって4等分の輪切りにする。(画像1)
・きゅうりは薄い輪切りにする。
・しょうがは千切りにする。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像4
画像4

【作り方】
1:耐熱ボウルに鶏むね肉、しょうが、〈A〉を入れて、もみ込む。(画像2)
2:1にラップをかけて、600Wの電子レンジで8分蒸す。(画像3)
3:別のボウルに〈B〉を入れて混ぜ、ミニトマトときゅうりを加えて混ぜる。
4:鶏むね肉の粗熱がとれたら、大きめに手でさいて(画像4)、汁ごと器に盛り付け、3をかける。ごまを振って出来上がり。

【アレンジ】
蒸し鶏を作る時にオリーブオイルやバジルなどをまぶせばイタリアンな蒸し鶏ができます!

3.「マスタードソースの油淋鶏」

「マスタードソースの油淋鶏(ユーリンチー)」

【材料:2人分 調理時間:約30分】
・鶏もも肉…………1枚(約240g)
・青ねぎ……………2本
・ごま………………大さじ1/2
・小麦粉……………大さじ2
・片栗粉……………大さじ2
・揚げ油……………適量
〈A〉
・塩…………………ひとつまみ
・しょうゆ…………大さじ1
・白こしょう………少々
・おろししょうが…5g
・酒…………………大さじ1
〈B〉
・しょうゆ…………大さじ3
・砂糖………………大さじ2
・レモン汁…………大さじ3(なければ酢でもOK)
・粒マスタード……大さじ1と1/2
・黒こしょう………少々
・ごま油……………小さじ1/2

【準備】
・青ねぎを小口切りにする。
・揚げ油を170度に温める。
・鶏もも肉を半分に切る。
・ボウルに〈B〉を入れて混ぜる。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3

【作り方】
1:ボウルに鶏もも肉と〈A〉を入れて混ぜ、10分おく。(画像1)
2:1の鶏もも肉に小麦粉と片栗粉をまぶし、170度の揚げ油で両面を返しながら4~5分揚げる。(画像2)
POINT:楊枝などで刺して、透明な肉汁が出たら揚がっている目安。(画像3)
3:2を包丁で食べやすく切って、器に盛り付ける。〈B〉をかけ、青ねぎをのせ、ごまを振る。

【アレンジ】
厚揚げに片栗粉をまぶして、多めの油で焼き、このソースで食べるのもおすすめです。

4.「スパイスチキンステーキ」

スパイスチキンステーキ

【材料:2人分 調理時間:約25分】
・鶏もも肉…………………1枚(約300g)
・オリーブオイル…………大さじ1と1/2
・いんげん豆………………20本
・レモン……………………1/4個
〈A〉
・塩…………………………小さじ1/2
・白こしょう………………少々
・黒こしょう………………少々
・コリアンダーパウダー…小さじ1/2

【準備】
・鶏もも肉の余分な脂と筋をとって、2等分に切る。
・いんげん豆は筋をとる。

画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3

【作り方】
1:鶏もも肉の両面に混ぜ合わせた〈A〉を振る。
2:フライパンにオリーブオイルを中火で温め、鶏もも肉を皮目から入れてアルミホイルを被せる。
3:2にフライパンよりひとまわり小さい平皿をのせて、上から押さえつけ、皮目を伸ばして、中火で2分焼く(画像1)。
4:皿をはずして、鶏もも肉の上下を返して、弱火で3分焼く(画像2)。
5:いんげん豆を加えて分量外の塩少々を振り、さらに鶏もも肉の両面を1分ずつ焼き器に盛り、レモンを添える(画像3)。

【アレンジ】
ひとりで食べた時に肉が残ったら、翌日に小さめに切って、スープの具として使うとスープの味がぐっと良くなります。スープの味付けは、塩かクリームがおすすめです。

Navigator…and recipe(アンド・レシピ)/山田英季、小池花恵のふたりによるユニット。料理と旅をテーマに活動している。メディアや飲食店などへのレシピ作成のほか、食の楽しさを伝えるためのイベントなどもプロデュース。自身のメディアも展開している。『冷蔵庫にあるもんで』『あたらしいおかず』など著作も多数。

http://andrecipe.tokyo/

(Hanako1198号掲載/photo : Wataru Kitao illustration : Maori Sakai, Yu Nagaba (portrait) text : Kahoko Nishimura)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR