sub1_21

行くべき、観るべきイベント! シーズンのいちご、フォトジェニック恵方巻…季節のイベントまったなし! Learn 2018.01.31

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。毎週金曜夜更新中♡(諸事情で変更になります)

ジューシーないちご、揃ってます!「アコメヤのいちご市」

FullSizeRender-5_21

メーデーメーデー。こちら緊急事態発生、緊急事態発生。気づいたら1月最終日なんだけど知ってた? 締め切りに一度も遅れたことのない「ミス・完璧」こと道玄坂が金曜の連載ページを投稿予約し忘れちゃって、気づいた時には「え!週末終わっとるやん」状態だったんだけど、みなさんはどんな週末を過ごしたかしら?

担当編集者に先週の記事が公開されていなかったことを涙ながらに報告したら「ふざけんな、反省文を冒頭にしたためろ!」とすごい剣幕で怒られたので、読者の皆様には深くお詫び申し上げます。(土下座)

というわけで仕切り直して、ここからは平日でも行けちゃう素敵なイベントをお伝えするわね。さっそくだけどいちごのシーズンが到来ね。この時期は家にストックがないともはや落ち着かないんだけどあなたもそのクチ?そんないちご好きの人とは同盟を組みたいくらいなんだけど、そんなアナタとぜひ一緒に行きたい「アコメヤのいちご市」が開催中だから紹介するわね。

sub1

|自家製いちごアイスクリーム(左)¥680、甘酒いちごミルク(右)¥750。〈AKOMEYA厨房〉で14時~17時のみの提供。|

いつ行ってもおいしいものが食べられる〈AKOMEYA TOKYO 銀座本店〉の1F〈AKOMEYA厨房〉では期間中、苺をこれでもか!っつーくらいに使った果肉たっぷりの贅沢なアイスクリーム、苺と甘酒ミルクを合わせたドリンクが登場。どっち食べる?っていうかこれはもう両方いくでしょ!?デザートとドリンクの往復いちご列車、発車しま〜す!

sub4

食べていく時間がない人も大丈夫!全国から取り寄せたいちごスイーツも勢揃いしているわよ。焼き菓子やグラノーラ、フリーズドライフルーツなどなど種類も豊富で、いちごを模したキュートなパッケージがこれまたたまらん。ご挨拶代わりのプチギフトにもぴったりなんじゃないかしら。私はプチといわず大量に欲しいけどね、ははは!

■「アコメヤのいちご市」〜2月14日。
<AKOMEYA TOKYO 銀座本店>東京都中央区銀座2-2-6。03-6758-0270。月~木・日・祝日11時~20時(金・土・祝前日~21時)
<AKOMEYA厨房>AKOMEYA TOKYO 銀座本店 1F 。03-6758-0271。11時30分~22時。
<AKOMEYA TOKYO NEWoMan新宿店>東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿1F。03-5341-4608。11時~21時30分。
<AKOMEYA TOKYO ルミネ大宮店>埼玉県さいたま市大宮区錦町630番地 ルミネ大宮店ルミネ2-2F。048-729-7108。

豪華な恵方巻にかぶりつく!〈東京ステーションシティ〉に約40種類の恵方巻が登場!

8c95eee200b3488f6c294e93939caf8f

バレンタインに気を取られてすっかり忘れていたけど、2月3日は節分よ、節分!豆まきはもちろんだけど最近は恵方巻の日としてもおなじみね。今年の恵方は「南南東やや南」(ねぇ難易度高くない?)だそうで、しっかり位置を確認したらあとは粛々と願い事をしながら最後まで食べるだけ。

食べるからには絶対においしいものを食べたい「ミス・食い意地」こと道玄坂が向かう先は〈東京ステーションシティ〉。施設内の各ショップからなんと約40種類の恵方巻が登場しているんですって。個性派揃いの中から超〜気になる恵方巻があったからズバババッと紹介するわね。

a860784e5d02ca01d1944e39de73e57c

まず、肉食女子も大満足の肉系恵方巻は〈浅草今半〉の「笑宝巻」。仙台牛ロースを使用したすき焼き風で旨味がギュッと凝縮。見た目も美しい老舗の品格が漂う1本よ。2月3日のみ50本限定の販売。2,525円。ヒンドゥー教の人も大丈夫!〈東京ステーションシティ〉では牛肉以外にも「平田牧場 金華豚とんかつ恵方巻(700円)」「チキンカツとしばづけの恵方巻(950円)」など豚も鶏もちゃんと揃ってるわよ。

sub1_2

海鮮派だったらハズせないのが〈築地 若竹〉の「ロブスター一本丸ごと恵方巻」。見た目もインパクト大だけど、まぐろやサーモン、カニ、ウニも一緒に巻いちゃっててゴイスーなの。2月3日のみの販売。5,000円。

d940479d5f095b4f7094aade40784a21

多国籍系恵方巻もアリ。こちらは韓国料理でおなじみのキンパ。プルコギ、野菜、明太チーズ、豚キムチの4つの味が楽しめるお得なセットよ。胡麻がまた海苔のまわりでいい仕事してるのよねぇ。〈韓美膳〉「バラエティセット(4種)」2月3日のみ。1,426円。

077a8a7bdc98cbc9a4126cb3b8b5028e

「私、めっちゃ大口なんです」って人はこれはどうかしら。〈つきじ喜代村〉の「ジャンボ巴太巻」。なんと通常の恵方巻(右)と比べて太さは約3倍の直径約18cm、重さは5倍の約4.5kgなんだって!!!「いっぱい食べる女の子が好き」なんて彼の前でこれ食べてアピールするのもいいんじゃないかしら。ちなみに事前予約制で受付は1月31日まで。限定5本、3,000円。ジャンボより少し小さめの「ハーフ巴太巻き」は1,500円。それでも通常の約2.5倍の重さ!

8ea1eb763c946f718170701f2639a1ed

甘いもの好きの人に向けたスイーツ系もあるってんだからぬかりないわ!こちらは海苔をイメージした黒いワッフルの中にもっちりの求肥とつぶあん、大粒のあまおうを丸ごとロールした「くるくるワッフル 上恵方巻大福くるくる」。え?カロリーのことはこの際、忘れない!?販売期間は2月1〜3日。1,080円。

というわけであなたのお気に入りは見つかったかしら? おいしい恵方巻にかぶりついて福を呼びまくっちゃってね。

■〈東京ステーションシティ〉営業時間は各店舗によって異なります。

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR