41f9145088695bb42bad8a245d85b51a1

丸眼鏡タカハシの東京ニューオープンですよ! 第2回 クラフトビール醸造所直営の新スポット〈Far Yeast Tokyo ~Craft Beer & Bao〉がオープン! Learn 2017.08.17

本誌ニューオープン担当の“ごはんですよ!”似のタカハシが、Hanako女子に勧めたい新店を紹介するこの企画。第2回目は青山にオープンした東京発のクラフトビール店へ!

IMG_71392

今回取り上げるのは7月にオープンした〈Far Yeast Tokyo ~Craft Beer & Bao〉。表参道と渋谷の間、オシャレスポットの喧騒から少し離れた場所にできたこのお店。訪れてみるとそこはこなれた大人が集まるカジュアルな酒場でした。

東京から世界へ!

IMG_7141

2011年に東京で設立されたFar Yeast Brewing株式会社は、東京らしい洗練された上質さ、上品な香りを楽しめるクラフトビールを世界へ届けたい、と製造を始めた会社。6種類のクラフトビールの製造を手がけ、そのビールはいまや世界10カ国以上で愛飲されているそう。そんな東京で立ち上がったFar Yeast Brewingの直営店としてオープンしたのが今回の〈Far Yeast Tokyo ~Craft Beer & Bao〉。

平日、休日問わず使える好立地!

東京ニューオープンですよ8/17

渋谷、表参道から徒歩圏内にあるこのお店。特に表参道からなら、歩いて7分程度。青山通りから青山学院大学の脇へ入ると、グレーのオフィスビル群に囲まれながらオレンジの光が煌々と我々を誘っていました。全面ガラス窓に囲まれて開放感抜群!

東京ニューオープンですよ8/17 3

お店の前には、こちらで飲めるクラフトビールの手書き看板が。

こだわりの店内装飾!

東京ニューオープンですよ8/17 4

気温30度越えのこの日。すでに喉がカラカラのため早くビールが飲みたくて仕方ない……。はやる気持ちを抑え店内に入ると、そこは木のテーブルを中心とした明るい店内が。平日18時過ぎですでにまばらに人が入っている様子。まるで海外のホームパーティのような丸い電球がかわいい。

東京ニューオープンですよ8/17 5

待ちに待ったビールをオーダー!この日のクラフトビールは6種から。ビアタップは壁に埋め込み式!

夏にぴったり、フルーティーな香りが楽しめるビール!

東京ニューオープンですよ8/17 6

やってきたビールはこちら。店内用のグラスは香りが楽しめるようにワイングラスに似たかたち。飲んでみるとまず香りにびっくり!甘くすっきりしたフルーティな香りが鼻にスーッと抜けたあと、程よい辛さの喉越しに、すっきりとした後味。もう何杯でもいけちゃいそうな飲みやすさです。

左:ホップの香りが華やかな王道ラガー。Tokyo Blonde-Far Yeast Brewing S:600円/L:900円、右:フルーティーでシャープなすっきりした味わい。Tokyo White-Far Yeast Brewig S:600円/L:900円|

てんぷら串に、せいろ料理、Baoまで。フードも充実!

東京ニューオープンですよ8/17 7

お酒に欠かせないのがお食事。こちらのお店では、アジアンテイストな料理が楽しめる。こちらはてんぷら串。ミニトマト200円、マッシュルーム300円。

東京ニューオープンですよ8/17 8

「BEERお漬物」400円。ビールにあうように味を調整した程よい酸味のピクルス。

東京ニューオープンですよ8/17 9

「蒸し野菜せいろ」700円。ピリ辛自家製ゴマだれソースをつけて。

そして待ちに待ったBaoの登場!中華蒸しパンに具をはさんだアジアンバーガーのBao。店名にもついているBao。なぜクラフトビールとBaoかというと、自慢のクラフトビールに合わせるメニューを考えたところ、どんな食材とも相性が良く、季節によってさまざまなバリエーションが楽しめるからとBaoを定番メニューにしたそう。もっちもちの食感がたまりません!

東京ニューオープンですよ8/179

「桜海老のかき揚げタルタルソースのBao」800円。半分に切って2人でシェアもおすすめ!

注目の新感覚コーヒーも飲める!

巷で話題のナイトロコールドブリューコーヒー、ご存知ですか?お湯ではなく、長時間かけて水で抽出したコーヒーに、窒素ガスを加え、ビールのようなクリーミーな泡とともに楽しむこの飲み物。GINZA SIXのスターバックスで提供を開始して、ブームの兆しが見え始めたこの頃。なんとこちらでもそのコーヒーが楽しめる!

東京ニューオープンですよ8/1710

「Nitro Cold Brew Coffee」400円。表面の泡がまるで黒ビールのよう。

先ほどのビールサーバーから、ビアグラスに注がれたナイトロコールドブリューコーヒー。なんといっても口当たりが滑らかで新鮮!酸味が少なくすっきりとした味わいが美味しい。ついつい飲みすぎてしまったビールのあとは、このコーヒーで酔いをさますのもおすすめ。

東京ニューオープンですよ8/17 11

東京発のクラフトビールにBao、ナイトロコールドブリューコーヒーと最新の東京の味を楽しめるこちら。40年ぶりに16日連続で雨が降る東京ですが、まだまだ夏の日差しの残る8月。仕事おわりに、さっと立ち寄ってクラフトビールを1杯、なんて夜があったらきっと明日も頑張れるはず。Hanako女子の明日の元気をつくる美味しいビールと食事をぜひ!

〈Far Yeast Tokyo ~Craft Beer & Bao〉
■東京都渋谷区渋谷2-6-8サラ青山1F
■03-6874-0373
・平日
ランチ:11:30〜15:00(14:00LO)
ディナー:17:00〜23:00(22:00LO)
・土日祝日
11:30〜22:00(21:00LO)
■30〜35席

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR