食後はフォトスポットでオオカミ男と一緒に記念撮影を楽しんでみてはいかが?

週末のデートはゴーストたちと楽しいハロウィンパーティーに参加しよう! ヒルトン東京ベイのハロウィンビュッフェでゴーストとパーティー! Learn 2019.09.20

ヒルトン東京ベイの1階レストラン〈ラウンジ・オー〉で、9月5日(木)~10月31日(木)の期間、ハロウィンデザートビュッフェ『Trick or Tea time(トリック・オア・ティータイム)』を開催。ハロウィン仕様にデコレーションされたビュッフェ台には、ハロウィンの世界を模したスイーツなどがズラリと並びます。ゴーストと一緒に楽しめる美味しくて楽しいスイーツビュッフェをレポートします!

黒や白を基調としたゴシックなビュッフェ台には怪しくて可愛いスイーツがズラリ!

白と黒がちょっぴり不吉で怪しげなビュッフェ台に真っ黒のチョコレートファウンテン。
白と黒がちょっぴり不吉で怪しげなビュッフェ台に真っ黒のチョコレートファウンテン。

2019年のハロウィンデザートビュッフェのテーマは「ティーパーティー」。パーティーの合言葉は「Trick or Tea time(トリック・オア・ティータイム)」。ハロウィンの訪れと共に、目覚めたゴーストたちが繰り広げるパーティーに招待された気分を満喫できます。
白と黒でデコレーションされた怪しげなビュッフェ台には、ハロウィンにふさわしくちょっぴり不気味で可愛いスイーツが約25種類も並んでます。

「ヴァンパイアの棺」はコーヒーの香り香るティラミス。しっとりしたスポンジとマスカルポーネチーズのコクがたまらないスイーツ。
「ヴァンパイアの棺」はコーヒーの香り香るティラミス。しっとりしたスポンジとマスカルポーネチーズのコクがたまらないスイーツ。
ブルーベリーのジャムを混ぜ込んだ生クリームをコーティングした軽い食感の「ブラッディ―・シフォンケーキ」。
ブルーベリーのジャムを混ぜ込んだ生クリームをコーティングした軽い食感の「ブラッディ―・シフォンケーキ」。
黒と紫のコントラストが怪しげで美しい!!
黒と紫のコントラストが怪しげで美しい!!

竹炭とココアを使用した真っ黒なスポンジを鮮やかなカシス味のクリームで彩った「小悪魔ロールケーキ」は、甘酸っぱさとスポンジの香りが織りなすその味わいに思わず夢中に!まさに小悪魔的スイーツ!

白黒のクリームがコーティングされた「モノクロクグロフ」。
白黒のクリームがコーティングされた「モノクロクグロフ」。
真っ赤ないちごが怪しげな「ブラック・シャルロット」。
真っ赤ないちごが怪しげな「ブラック・シャルロット」。

女性の帽子に見立てたフランスのお菓子シャルロットをゴーストのお茶会にふさわしいよう、生地に竹炭を使用しトップに真っ赤ないちごが飾られています。中にはバニラムースとベリーのムースがしのばされ、黒赤白のコントラストを目で舌で楽しめます。

「スパイダーウェブ・ムース」は、濃厚なダークチョコレートとホワイトチョコレートの2層のムースケーキ。
「スパイダーウェブ・ムース」は、濃厚なダークチョコレートとホワイトチョコレートの2層のムースケーキ。

生チョコのような滑らかな口当たりが美味しいムースのケーキ。ダークで妖艶な蜘蛛の巣模様ととろける味わいの虜になってしまうかも?

可愛くてキモい!ユニークなゴーストのデザートたち!

ヒルトン100周年を記念した「ヒルトン・クラシック」メニューより「レッド・ベルベットケーキ」が、ハロウィーン特別バージョンで登場!
ヒルトン100周年を記念した「ヒルトン・クラシック」メニューより「レッド・ベルベットケーキ」が、ハロウィーン特別バージョンで登場!

怪しくて美しいスイーツもいいのですが、ユニークでキモカワなスイーツにも注目!見た目のキュートさだけでなく、味にもとてもこだわっています。

お墓に現れた「スパーク・ブギーマン」!!……可愛い!
お墓に現れた「スパーク・ブギーマン」!!……可愛い!

世界中の子どもたちを怖がらせている「ブギーマン(怪物)」が一口サイズのチョコタルトになって登場。メタリックのようなメレンゲの中には弾けるキャンディーが入っていて、ブギーマンの怪しい恐ろしさを表現しているそうなのですが、クリッとした目が可愛くて、思わず笑顔になってしまいます。

目玉がキョロキョロ!!「目玉ゼリー」。
目玉がキョロキョロ!!「目玉ゼリー」。

見た途端、思わず「キャー!!」といいそうになるこちらは、目玉をモチーフにしたグラスデザート。目玉の部分がヨーグルト風味のモチッとした食感のゼリーになっていてツルッと食べられます。

真っ黒なマドレーヌにホワイトチョコレートアイシングでデコレーションした「マミー(ミイラ)・マドレーヌ」。
真っ黒なマドレーヌにホワイトチョコレートアイシングでデコレーションした「マミー(ミイラ)・マドレーヌ」。

生地の甘さを控えめにしたマドレーヌは、かすかに香るレモンの風味がアクセント。キョロキョロした目がマミーっぽいけど、全く怖くない(笑)。

ゴーストたちのコフレをイメージした「ゴシック・プチシュー」は、竹炭を生地に練り込んで焼いたシュー生地に、真っ白なクリームをサンド。
ゴーストたちのコフレをイメージした「ゴシック・プチシュー」は、竹炭を生地に練り込んで焼いたシュー生地に、真っ白なクリームをサンド。
セクシーなピンクのリップは「リップ・ラズベリー・ポップ」。ラズベリーガナッシュチョコレートのとろけるおいしさが楽しめる。
セクシーなピンクのリップは「リップ・ラズベリー・ポップ」。ラズベリーガナッシュチョコレートのとろけるおいしさが楽しめる。

その他、「スイートポテトカップケーキ」や「カシス・マカロン」、「モンスター・コーヒーゼリー」、「スプラッタ・ドーナツ」、「ウィッチ・ネイル・コーン」、「パンプキンプリン」の他に、焼きたてのワッフルなど、全品制覇できなさそうなくらい、いろいろな種類のスイーツが楽めます。

ユニークなハロウィンデザートのお味はいかに?

ワイングラスに入ったドリンクは、サングリア風ノンアルコールの「スイートヴァンパイア」600円(税込)。フルーツがたっぷり入っていて食べごたえがある。
ワイングラスに入ったドリンクは、サングリア風ノンアルコールの「スイートヴァンパイア」600円(税込)。フルーツがたっぷり入っていて食べごたえがある。

さっそくスイーツをお皿に盛ってみました! 毎回思うんですけど、ビュッフェで美しく盛るのは大変! 特にチョコレート系スイーツはすぐに柔らかくなるので、写真を撮ったらサッ!と食べる方がいいかも。

甘いものに飽きたら軽食を食べてリセット。
甘いものに飽きたら軽食を食べてリセット。

「かぼちゃとベーコンのサラダ 血糊風ケチャップを添えて」、「シーザーサラダ かぼちゃチップ添え」、「レッドキャベツとビーツのラペ」、「ブラックピザ」、「カプレーゼ バルサミコ風味の黒豆添え」、「ハロウィン風フジッリパスタ」、「フライドポテトのハーブパプリカ風味」、「タンドリーチキン」、「かぼちゃのスープカレー風味」、「サラダ巻」、「ハムと玉子のサンドイッチ」、「ヒルトンホテルのカレー」など、約15種類ととっても充実!

食後はフォトスポットでオオカミ男と一緒に記念撮影を楽しんでみてはいかが?
食後はフォトスポットでオオカミ男と一緒に記念撮影を楽しんでみてはいかが?

甘いものが苦手な男子も軽食メニューが充実しているので、誘いやすいビュッフェかも。週末のデートは、ハロウィンイベントをビュッフェで盛り上がってみてはいかが?

『Trick or Tea time(トリック・オア・ティータイム)』概要
■2019年9月5日(木)~10月31日(木)土・日・祝日のみ営業
■千葉県浦安市舞浜1-8
■047-355-5000(代表)レストラン部
■13:00~17:30 (2部制13:00/15:30 )※2時間制
■土日祝の営業 ※10月31日(木)は特別営業(1部制13:30~16:30のみ)
■禁煙
■大人3,100円、小人(4~8才)1,200円、(9~12才)1,800円※税サ別
※約15種類のドリンクバー付き。
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR