バージョン 2

日本一キャビアを食べ尽くしたシェフが満を持してオープン! 国産チョウザメの自家製キャビアが味わえるはココだけ!〈トラットリア ストリオーネ〉に行ってきました。 Food 2017.07.01

日本で唯一国産チョウザメの自家製キャビアをテーマにしたレストランが、7月6日(木)埼玉県・大宮にオープン!都内の有名キャビア専門レストランでシェフを務め、チョウザメとキャビア料理に関する知識と経験は日本でトップクラスとの呼び声が高い舘野毅(たての つよし)氏が、自身の故郷である埼玉にお店を構えます。今回レセプションにご招待いただいたので早速行ってきました!

■大人カジュアルな店内

pic19

池袋からJR湘南新宿ラインで約25分。都内から好アクセスの大宮に〈トラットリア ストリオーネ〉はあります。大宮駅西口を出たら左に向かって約5分ほど歩いていくと、見えてきました!

pic22

店内は石でできた壁と、木製のインテリアと温かみのある照明が、見事に調和していて、落ち着いた雰囲気が漂う大人カジュアルな空間です。テーブル席の他にカウンター席が6席あるので、おひとり様女性でも気軽に食事が楽しめます。

pic32

キッチンの目の前にあるカウンター席は、特等席!

■シェフ一押しの逸品を一挙紹介!

ストリオーネのカルパッチョ〜手まり寿司風〜
ストリオーネのカルパッチョ〜手まり寿司風〜

店名にもなっているストリオーネとは、イタリア語で「チョウザメ」を意味します。これまで日本で食べるチョウザメは、ほぼ海外産のチョウザメやキャビアでしたが、〈トラットリア ストリオーネ〉では、民間企業として日本で初めて養殖に成功したフジキン社のチョウザメを使用。淡白な味わいでキュッと締まった白身は、酢飯でさっぱりいただきます。

自家製キャビアの冷製フェデリーニ
自家製キャビアの冷製フェデリーニ

国産チョウザメの卵をシェフが独自にブレンドした塩に漬け、4ヶ月ほど熟成させたキャビアは、旨味がギュッと詰まった逸品。右下に見える黄色い粒は、オリーブオイルをキャビアに見立てたもの。口の中でプチっと割れるキャビアとオリーブオイル、そして細めのパスタ麺(フェデリーニ)が絶妙に絡み合います。

ストリオーネとスペック・ベーコンのインボルティーニ 〜榎本農園より届いたプチぷよをストリオーネのスープに浮かべて〜
ストリオーネとスペック・ベーコンのインボルティーニ 〜榎本農園より届いたプチぷよをストリオーネのスープに浮かべて〜

ベーコンで巻かれたストリオーネの白身は、先ほどのカルパッチョとはまた違った印象で、プリッとした弾力が印象的。ストリオーネと野菜からとったスープは、それぞれの旨味が凝縮しており、舘野シェフ曰く「スープまで飲み干せば、翌朝にはお肌がプルプルになりますよ!」
プチぷよはトマトの一種で、皮が柔らかくチェリーのような甘みが特徴。上に乗ったオニオンの甘みもアクセント!

新潟県燕市より直送”うんめ豚”の自家製サルシッチャ 〜埼玉県岩槻産ヨーロッパ野菜とともに〜
新潟県燕市より直送”うんめ豚”の自家製サルシッチャ 〜埼玉県岩槻産ヨーロッパ野菜とともに〜

シェフがイタリア13州のサルシッチャ(ソーセージ)を食べ比べて、研究に研究を重ねてできた自家製サルシッチャ。豚の頭部の肉を使用するのはシェフオリジナルで、コリコリとした独特の食感が楽しめます。さっぱりとレモンをかけて食べるのがオススメ。

新潟県長岡より直送の希少和牛”中之島和牛”フィレ肉のタリアータ 〜ビワとパッションフルーツのソースとオーストラリア産冬トリュフを添えて〜
新潟県長岡より直送の希少和牛”中之島和牛”フィレ肉のタリアータ 〜ビワとパッションフルーツのソースとオーストラリア産冬トリュフを添えて〜

中之島和牛はたった5名しか生産者がいないため、市場になかなか出回らない貴重なお肉です。甘酸っぱいソースは夏でも食べやすく、柔らかくて上品な味わいのお肉との相性も抜群。トリュフもたっぷりかかっていて、なんとも贅沢なひと時です。

pic92

淡路島産の新玉ねぎが練りこまれた自家製パンは、玉ねぎの甘みと香ばしさが口いっぱいに広がります。

榎本農園より届いたトマトを使ったフレッシュトマトソース 〜ルッコラ・セルバチコとモッツァレラ・ブッファラと合わせて〜
榎本農園より届いたトマトを使ったフレッシュトマトソース 〜ルッコラ・セルバチコとモッツァレラ・ブッファラと合わせて〜

もちもちっとした食感のシチリアの手打ちパスタと、酸味のきいたトマトソース、コク深いモッツァレラ、そしてルッコラの程よい苦味。全体の味のバランスが緻密に計算された、これぞまさしく逸品です!

■美容効果がある食材は、まさに女性にオススメ。

pic112

「チョウザメ」「キャビア」と聞くと、どうしても高級食材としてのイメージが強く、気軽に食べに行けるものではない印象でした。しかし<トラットリア ストリオーネ>では、「高級食材をもっと身近にカジュアルに食べて欲しい」というシェフの想いから、日常価格で気軽に楽しめちゃいます!しかも、チョウザメはコラーゲンを豊富に含み健康美容効果が高いとされるスーパー食材。まさに女性にオススメです!

pic121
pic131

ワインも豊富。種類は150以上、常時320本ほど用意されています!

pic141
pic151

キャビアに見立てたチョコ。シェフのキャビア愛は最後まで続きます!

pic161

テラス席も完備。

〈Trattoria STORIONE(トラットリア ストリオーネ)〉

■2017年7月6日(木)11:30〜
■埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-175 KGビル1F
■JR大宮駅西口より徒歩5分
■ランチ 11:30〜15:00、ディナー:17:30〜24:00
■不定休
■38席(個室あり)、貸切可
■048-729-6780
http://storione.jp/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR