n_DSC_4991

海と山の幸がたっぷり! 【台北】特別レストランに家庭料理まで…本場ならではの台湾料理が堪能できる3軒 Food 2017.06.24

小籠包に火鍋、ヘルシーデザートまで…みんなが大好きなグルメに溢れた台湾ですが、やっぱり味わいたいのが本場の台湾料理。今回ご紹介するとっておきのご馳走とモダン・オーソドックスな家庭料理、どれも絶品です!

1.映画の主人公気分で貴重な再現レシピを味わえる。〈山海樓 手工台菜餐廳〉

s_DSC_4991

たくさんのフレームを配したインテリアが印象的だ。往年の台湾映画の世界そのもの。

s_DSC_5007

2階は個室対応に。

日本人医師が1930年代に建てた住宅がレストランになった。間取りを生かしながら、ノスタルジックな風格が漂うリノベーションで、よそ行きのお店と評判だ。立派な門構えを抜け、中に入ると茶壺が配されたレセプションへ。アンティーク家具や多くの写真のフレーミングが。時代を超えて、1930年を題材にした映画の一コマのような光景が広がる。

DMA-DSC_5017

1920~50年代のおもてなし料理として提供されたという「山と海の珍味の盛り合わせ」1,980元。当時のレシピを再現している。

味わうのは、台湾各地の有名料理人を訪ねて集めたレシピを中心のメニュー。魚は基隆の市場から、野菜は有機農場から送られてくる。少人数での対応も可能なので、貴重な料理を体験してはどうだろう。

s_DSC_5022

〈山海樓 手工台菜餐廳(シャンハイラウ ショウグォンタイツァイチャンティン)〉
MRT中山駅から徒歩3 分ほどという立地なのに、静かなロケーション。立派な「名家の門」が目印。とっておきの時に出かけたい隠れ家レストランだ。
■台北市中山區中山北路二段11巷16號 
■02-2581-5760 
■11:30~14:00、17:30~22:00 無休 
■90席

2.今ドキ! ネオ家庭料理。〈My 灶〉

bea6732abea93729b28b6f3bdb128274

贅を尽くした豪華料理もいいけど、台北でぜひ味わってほしいのは、家庭料理。全体的に茶色で地味なルックスながら、素材の味を活かしたシンプルな味わいに、心と体がほっこり和む。

2011年オープンの〈My 灶〉は映画のセットを思わせるレトロな店内で、モダンなアレンジを加えて提供する。

c63d3dfd01a1cb81e48ede1e3c4be309

1940年代以前の台湾の路地をイメージした店内。街灯や民家の軒先などが再現されている。置かれているのは昔、台湾の家庭でよく使われていた懐かしのダイニングセット。

s_161029_3506

右上から時計周りに
・豚の腎臓と山芋を自家製ソースで和えた「腰裡白」420元。新鮮なマメのサクサク感が絶妙。
・豚バラ肉と豚ホルモン、ダイコンを煮込んだ「菜脯肉加腸」480元。
・「樹子高麗菜」180元はキャベツの炒め物。樹子という木の実の漬物で味付けしている。
・タケノコとエビを炒めて卵でとじた「筍米燴蝦」380元。
・「絕代雙嬌」480元。豚肉の湯葉巻きとイカボールの盛り合わせ。
・台湾北東部にある宜蘭の名物スープ「西魯肉」480元。白菜や肉を魚介ベースのスープで煮込んでいる。

161029_3520

〈My 灶(マイ ザオ)〉
伝統的な台湾料理を踏襲しつつ、塩分や糖分を控えるなど独自のアレンジを加えている。オリジナル料理もあり。要予約。
■台北市中山區松江路100巷9-1號 
■02-2522-2697 
■11:00 ~ 14:00(13:30LO)、17:30 ~ 21:00(20:40LO) 月休 
■90席

3.元祖! 家庭料理。〈阿才的店〉

16939ad4feaa875db3d03d4242e8e969

30年近い歴史のある〈阿才的店〉は刻んできた時間が感じられる空間で、昔ながらの定番メニューを丁寧につくってくれる。

s_161031_3998

右上から時計周りに
・「菜脯蛋」小100元は、切り干しダイコン入りのオムレツ。
・ご飯に豚のラードと醤油をかけた「猪油拌飯」20元。店によってはガチョウの脂を使うことも。
・旨みが溶け出したハマグリのスープ「薑絲蛤蜊湯」小100元。
・「盬酥龍珠」小180元は、イカのくちばしの揚げ物。ニンニクのきいた塩味でビールが進む。
・檳榔(ビンロウ)の花を茹でた「檳榔花」小180元。しゃくしゃくした独特の食感。
・ごま油、醤油、酒で鶏肉を炒め煮した「三杯鷄」小460元。ショウガと台湾バジルがアクセント。

ba68c52169248d83d15b8774363f15d9

〈阿才的店(アーツァイダディェン)〉
1987年の開店当初の風情を残す人気店。当時は、今の民進党の中心人物がよく会合したことから、民主化運動の聖地とも呼ばれたという。
■台北市中正區仁愛路二段41巷17號 
■02-2356-9109 
■11:30~14:00、17:00~2:00 日休 
■57席

(Hanako1124号掲載/photo : Datagun Chen(山海樓), Yuko Moriyama text : Yumi Nishimura(山海樓), Ai Sakamoto coordination : Kuo Taiyen(BIG ART Co., Ltd.) translation:Lei I Chen(My 灶))

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR