421A6618

表参道の新定番レストラン! シドニー発・大人カジュアルなイタリアンダイニング〈フラテリパラディソ〉へ行ってきました! Food 2017.06.04

オーストラリアはシドニー。地元で15年以上も愛されている、イタリアンダイニング〈フラテリパラディソ(FRATELLI PARADISO)〉が今年5月8日、東京に初上陸。シドニーでは食通たちが「ここに行けば間違いない」と口をそろえるレストラン。その魅力に迫りました。

東京のド真ん中で、大人カジュアルなひとときを

421A6512

〈フラテリパラディソ〉は表参道ヒルズ3階にあります。黒を基調とした洗練された雰囲気に「これが東京・表参道のおしゃれさか…」と内心ドキドキしつつ、お店に入ります。

421A6533
421A6604

店内はワインバーとダイニングに分かれており、さくっと飲みたい時はバーへ、ゆっくりお食事を楽しみたい時はダイニングへどうぞ。シチュエーションに合わせて、使い分けができます。

421A6619
421A6570

壁一面にならぶワインセラーは圧巻。こういう所がおしゃれでニクイですよね。また、ダイニングエリアの目の前は並木道と広がる空。その都心らしからぬ光景に、徐々に肩の力が抜け「さ、おいしいもの食べるぞ〜!」という気分に。

シドニーの食通もうなるイタリアン料理の数々

ここからはお待ちかねのお食事です。今回はシェフおすすめのイタリアンとナチュラルワインを思う存分、味わってきました。

■ボッタルガプレッツェル(Bottarga Pretzel)

421A6576
421A6578

最初からアレですが、絶対に食べてほしい一品。香ばしいプレッツェルに、燻製オイルとカラスミのクリームをたっぷりつけて食べた時の衝撃ったら。

■プロシュート(Prosciutto)、カプレーゼアランチャ(Caprese Arancia)

421A6591

イタリア・ノルチャ産の生ハムは、口の中いっぱいに芳醇な味わいが広がります。カプレーゼアランチャのモッツァレラはもちろん、個人的にはトマトに注目。彩りあざやかな国産のトマトの甘さを食べ比べるのが◎

■パッパルデッレ 鴨(Pappardelle Anatra)

421A6642

濃厚な鴨のラグーソースとローズマリー&オレンジピールが練り込まれたパスタ。柑橘系のほのかな酸味がたまりません。

■パスタスカンピ(Pasta Scampi)

421A6638

もっちりとした全粒粉のパスタは新食感の味わい。新鮮な海老と魚介の旨味をぐっと引き出したソースと絡めて、めしあがれ。

■ヴィテッロ(Vitello)

421A6665

子牛肉をグリルしてチーズをたっぷり乗せた一皿。かむほどに子牛のやわらかさを堪能できます。Rucola Parmigiano(ルッコラ パルミジャーノ)とPatate(パターテ)を合わせてオーダーするのが通。

■ドルチェ(Dolce)

421A6669

お店の人いわく「驚くほどなめらかなティラミス」。口に入れた瞬間、上品なマスカルポーネの甘みがふわっと広がり、とろけます。何個でも食べられる、本当に。

※今回ご用意いただいたメニューは通常のコースとは異なります。

からだにも、地球にもやさしいナチュラルワインを

お店に足を運んだらぜひナチュラルワインを楽しんで。酸化防止剤や添加物などをできるだけ排除し、ぶどう本来のおいしさを味わえるナチュラルワインが、なんと約150種類もあります。

421A6582
421A6634
421A6660

上から白ワイン「ルーシー マルゴー ビノ ビアンコ」、オレンジワイン「ラ ジオネストラ トスカーナ ラ キオッチャ」、赤ワイン「ヴァッリ ウニーテ」。

421A6573

ソムリエのソン ユガンさんは、こう話します。
「日本でのフラテリパラディソ開店にあたり、このお店でしか味わえないワインを多数取り揃えました。肉料理には赤ワイン、などお食事に合わせてワインを楽しむのがおすすめ。店内のソムリエに、気軽に相談してくださいね」

表参道でいいお店知ってる?の切り札に

421A6563

おいしいお料理、ワインはもちろんのこと、洗練されたインテリアや気さくなスタッフ、表参道という立地の良さにも惹かれました。「オールデイダイニング」と銘打っていることもあり、朝11時から23時(日曜日のみ22時半)までアイドルタイムなく営業しているのも、ポイント高いです。

デートや仕事の会食でゆっくり食事を楽しむも良し、友人とのランチでカジュアルに利用するも良し。シチュエーションによって、使い分けができる懐の広いイタリアンだと感じました。ここだけの話、表参道の定番レストランを持っていなかったので、〈フラテリパラディソ〉、ブックマーク決定です!

表参道ヒルズにある、大人カジュアルなシドニー発のイタリアン。ぜひ足を運んでみてくださいね。

〈フラテリパラディソ(FRATELLI PARADISO)〉
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ3F
TEL:03-3408-0800
HP:http://fratelliparadiso.im-transit.co.jp/
営業時間:
・月~土 11:00~23:00(フードL.O. 22:00、バーフード&ドリンク 22:30)
・日 11:00~22:30(フードL.O. 21:30、バーフード&ドリンク 22:00)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR