topec439454514a62c616db786ba090ecd2

西荻窪に注目! ひとりでのんびりしたい日は西荻窪へ。優しい和食をいただけるおすすめ店。 Food 2018.07.10

ひとりでのんびりランチに、お散歩がてら西荻窪へ。西荻窪にある美味しい和食のお店を3店ご紹介します。自分だけのリラックスタイムは美味しい和食で決まり!

1.西荻窪で生まれ育った鍼灸師の福田倫和さんが営む、定食とマッサージのお店〈食とセラピー ていねいに、〉

shop_DMA-_MG_0383

食事とセラピー、ワークショップを通して、地域の人々の健康と暮らしのサポートを目指す。平日は〈ていねいに、〉がオリジナルの定食を出し、土日は料理ユニット「ippo食堂」と「おこさまボーイズ」が担当するカフェに。近所の人が掃除や皿洗いのボランティアに来たり、料理教室に参加したりと、地元のコミュニティスペースとしてにぎわう。レンタルスペースにも使われる奥の畳敷きには、ちゃぶ台やコタツを置き、カフェらしからぬ民家のような雰囲気に。「ていねいな日常の一場面になれば」と親しみやすい空間を作る。

おむすびと主菜、副菜の週替わり定食「ippo定食」(1,200円)
おむすびと主菜、副菜の週替わり定食「ippo定食」(1,200円)
s_3 縺ヲ縺・・縺・↓縲・_MG_0314

「 ippo食堂」は土曜日、「おこさまボーイズ」は日曜日。

(Hanako1129号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

2.“未来を育てる働き方”がコンセプト〈in the Rough(インザラフ)〉

西荻窪で不動産業を展開する松本弘子さんが、“未来を育てる働き方”をコンセプトにシェアスペースをオープン。フリーランスワーカーや、お店を持たない料理人などが集まって、この場で新たなコミュニティが生まれることも。壁一面のホワイトボードやキッチンを備え、Wi-Fiや電源なども完備。シェアオフィスとしても、気兼ねなく活用できる。

車麩の竜田揚げなど動物性素材不使用の週替わり「にしまきプレート」(1,000円)
車麩の竜田揚げなど動物性素材不使用の週替わり「にしまきプレート」(1,000円)

カフェでは、地採地食のオリジナルメニューのほか、毎週金曜日は〈にしまきごはん〉、日曜日には〈NyaraCafe〉と、日替わりカフェも登場。

sample_MG_0080

パーテーションで仕切れる小上がりでは、ワークショップも行われる。

s_MG_0099

大きなホワイトボードでミーティングもはかどる。

(Hanako1129号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

3.昭和の雰囲気と優しい料理に落ち着く〈お酒と料理 えいよう〉

O0A2539_11

旬の食材を使った体にやさしい料理を食べ、日本酒を飲みながらゆったりと過ごすなら、〈お酒と料理 えいよう〉へ。

O0A2449_11

手塗りのモルタルの壁に、店内に灯る平電笠の照明、布を張り替えた昭和時代の椅子、古材のカウンターの上にずらりと並べられた器たち。ここにあるのは店主の清水峰夫さんが自分の手で少しずつ集めてきたモノばかりだ。

「収納するスペースがなくって(笑)」という器たちは、カウンター上に並べることで味のあるインテリアの一部に。

「いちごと干しいちじくとほうれん草の白和え」700円は、現代作家の小野象平さんの器で。「だしまき卵」750円
「いちごと干しいちじくとほうれん草の白和え」700円は、現代作家の小野象平さんの器で。「だしまき卵」750円

華美ではないけれど味わい深い料理を、と決めている。手書きのメニューにはおでんや旬の魚、野菜をたっぷり使った料理が並ぶ。
(Hanako1152号掲載:photo : Satoshi Nagare text : Etsuko Onodera)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR