_G4A7127.eps

国際大会入賞店も! 話題のお店から老舗まで。今年行くべき東京のおいしいジェラート屋さん6選 Food 2018.07.02

梅雨が明け、暑さが本格化しつつある東京。Hanakoがピックアップした東京のおいしいジェラートのお店をチェックして、暑い夏を乗り切りましょう!

1.公園近くのカフェ〈CHIOSCO by the park〉の風味際立つジェラート/吉祥寺

0126_hnkkh_0347atari

夜は地中海料理のレストラン、昼はカフェと違う顔を持ちつつ、一日中楽しませてくれる一軒。なかでも自慢のジェラートは専門店並みの本格派なのだ。

2種盛りジェラート(450円〜)イチゴとピスタチオ500円。ポーランド産のイチゴはぎゅっと濃厚な味がジェラートになったときに真価を発揮!
2種盛りジェラート(450円〜)イチゴとピスタチオ500円。ポーランド産のイチゴはぎゅっと濃厚な味がジェラートになったときに真価を発揮!

ポーランド産のイチゴはぎゅっと濃厚な味がジェラートになったときに真価を発揮!

一番人気のピスタチオは希少なシチリア・ブロンテ産をたっぷりと使った密かに贅沢な一品。口の中に芳ばしい香りがフワッと広がり、ナッツ好きにはもう、たまらない魅惑の味。店内には大テーブルもあるので、昼夜問わず、おひとり様でも気兼ねなく立ち寄れます。

0126_hnkkh_0173atari

〈CHIOSCO by the park〉
夜は〈やきべ〉という店名で営業中。ジェラートも食べられます。
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-16 
■0422-24-7212
■14:00(金土日12:00)~21:00LO 月火休 
■10席/禁煙

2.〈TEA&SPOON ななや青山店〉世界一の濃厚ジェラート/青山

re_MG_0810

静岡県藤枝産の抹茶を使ったスイーツのお店が昨年8 月に東京初進出。静岡抹茶の特徴は、ミルクや砂糖に負けない強い渋み。7 段階ある濃さの中で一番濃いNo.7(プレミアム)は、“世界一濃い抹茶ジェラート”との呼び声が高い。最高品質の抹茶を贅沢に使えるのもお茶屋さんならでは。食べ比べが正解。

写真はNo.1(左)とNo.7のダブル。No.1〜No.6のダブルは470円(税込)
写真はNo.1(左)とNo.7のダブル。No.1〜No.6のダブルは470円(税込)

(Hanako1126号P72掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

3.イタリアの国際コンテストで入賞した自信作も〈ジェラテリア シンチェリータ〉/阿佐ヶ谷

52A9815_atari

定番アイテムから旬の果物を使ったフレーバーまで、ジェラートは常時約15種類をラインナップ。なかでも一番人気の「メルノワ」は、イタリアの国際コンテストで入賞した自信作。

左・ケサールマンゴー460円、右・メルノワとカカオ500円(各税込)
左・ケサールマンゴー460円、右・メルノワとカカオ500円(各税込)

はちみつのやさしい甘さとくるみの香ばしさが後を引くおいしさ。

ピスタチオ750円(税込)。自家焙煎したシチリア産ピスタチオを贅沢に。
ピスタチオ750円(税込)。自家焙煎したシチリア産ピスタチオを贅沢に。

季節感を大切に、毎月11日には4~5種類の新作が登場するので、足を運ぶたび新たな味が楽しめるのもうれしい。

(Hanako1138号掲載/photo : Takuya Suzuki text : Etsuko Onodera)

4.季節のジェラートで気分リフレッシュ〈バール・ジェラテリア・アンティカ〉/二子玉川

DMA-_MG_7979

この地で30年以上愛されているジェラート店。季節ごとに旬のフレッシュなフルーツを使ったジェラートは種類も豊富で大人も楽しめるとあって、親子代々通う人もいる老舗ファミリースポット。〈Bubby’s〉同様、子供が喜ぶこと間違いなし。

DMA-_MG_8003

この地で30年以上愛されているジェラート店。季節ごとに旬のフレッシュなフルーツを使ったジェラートは種類も豊富で大人も楽しめるとあって、親子代々通う人もいる老舗ファミリースポット。〈Bubby’s〉同様、子供が喜ぶこと間違いなし。

(1120号P77掲載/photo:Shinichiro Fujita, Shimpei Suzuki, Yutaro Tagawaillustration:Bob Foundation text:Rio Hirai)

5.砂糖も厳選する素材へのこだわり〈FLOTO〉/参宮橋

DMA-_MG_0905

焼き菓子や月替わりのパフェが評判のパティスリー〈ビヤンネートル〉のジェラートショップ。

DMA-_MG_0908

果物やミルクなどの素材はもちろん、砂糖も厳選し、着色料や保存料は無添加。どのフレーバーも香り高さと口溶けの良さにうっとり。

「無農薬フランボワーズ」と「73%ショコラ」のダブル620円。
「無農薬フランボワーズ」と「73%ショコラ」のダブル620円。

(Hanako1146号掲載/photo : Kenya Abe text & edit : Eri Tomoi)

6.和歌山の生乳と食材を使った、かわいく優しいジェラートが楽しめる〈SWEET TWIST〉/下北沢

DMA-_G4A7072

ピンクの壁がキュートなショップで楽しめるのは、素材のよさを生かした実直な味わいのジェラート。店主の実家がある和歌山県・串本町の尾鷲牧場で生産される生乳を使っており、優しい甘さと、とにかくさっぱりとした後味が特徴。

DMA-_G4A7111

プレミアムピスタチオやチョコラータ、りんごのソルベなど10種のフレーバーに、マスカットやパイナップル、フルーツグラノーラなどのトッピング(別料金)が。味もルックスもお気に入りの一品を作れます。

右からフローズンヨーグルト木苺、こだわり牛乳、宇治抹茶
右からフローズンヨーグルト木苺、こだわり牛乳、宇治抹茶

シングル430円~。

(Hanako1151号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Aya Shigenobu)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR