n_IMG_72401

〜テレビ東京の “ちょっとおいしい”話 第8回〜 オジサマ好き女子が憧れる理想の男性ナンバー1! 吉田鋼太郎さんに桜カステラを差し入れるの巻 Food 2018.03.28

テレビ東京宣伝部女子・あやこぱがお届けするテレビ東京の“ちょっとおいしい”話。花粉症のあやこぱに代わり、前回に続いて制作局ディレクターのそぶえが担当!

みなさんこんにちは。テレビ東京でディレクターをやってます、そぶえです。

都内では桜が満開ですね。先日、初めて中目黒のお花見に行きました。オシャレな若者たちが名物の「苺シャンパン」というリア充のかたまりみたいな飲み物を飲んで写真を撮りまくっていました。そういった浮かれた思い出が一個もない私は、桜といえばセンチメンタルな思い出しか湧き上がってきません。外苑の桜が咲き乱れるのを見ると遠く遠く離れた故郷の友人を思い出します。ケツメイシがカラオケの十八番だった元カレは元気だろうか。

満開の桜を見上げると、胸がいっぱいになって涙がこぼれてくる。
桜にはいろんな思い出がありすぎて、どれに泣いてるのか分からない。

c6c44fdb474b35ee40e1da211d6fc813

そんなセンチメンタルな季節にピッタリのドラマ、ありますよ!
「東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜」(3月30日(金)深夜0:12放送)!吉田鋼太郎さん主演の人気シリーズが帰ってきます。今回のテーマは「大人の三角関係」。吉田鋼太郎さんがヒロインである吉瀬美智子さんをめぐり、青柳翔(劇団EXILE)さんとバチバチやります。

a4a2208b8999f3e82268c7796b9713101

実は私、三度のメシよりオジサマが大好きです。今や20代や30代の女性たちが10才以上年の離れた男性と交際・結婚することも珍しくないですよね。若者男子の草食化が叫ばれて久しい昨今、豊かな知性や刺激ある会話を求めて女性がオジサマに行くのはいたしかたないことです。

IMG_7246

そんなオジサマ大好き女子の理想を具現化したような俳優さん・吉田鋼太郎さん!今回は吉田さんに今の時期限定の「桜カステラ」を差し入れです!

IMG_7245

ピンクの可愛いカステラ!三時のおやつにピッタリ。

IMG_7243

「美味しいよ、食べるかい?」って!!!ダンディが過ぎる!!!

「枯れ専」なんて言葉が流行りましたが恋愛では別!枯れてない、アクティブなオジサマこそ魅力的なんです。シェイクスピアなど情熱的なお芝居が得意な吉田さんはプライベートももちろん情熱的!東京センチメンタルの主人公・久留里卓三の「バツ3」という設定は吉田鋼太郎さんご自身の経歴がモデル。バツがついちゃうのはモテるからこそ!(でも今は素敵な奥様と可愛いワンちゃんと暮らしていらっしゃいますよ)

35729e1fa5eb79477565a72218190bcf

以上、理想のオジサマ・吉田鋼太郎さんに桜カステラを差し入れに行くの巻でした。ちなみに今回の東京センチメンタルは「不倫の過去」もテーマだったりします。オジサマ好きの女性の皆様、そこの落とし穴だけは気をつけてください。

新ドラマ『東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜』をチェック

『東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜』
テレビ東京系 3月30日(金)深夜0:12〜

出演:吉田鋼太郎 高畑充希 片桐仁/ 山田純大 阿部純子 玉城ティナ
/ 青柳翔(劇団EXILE) 吉瀬美智子 ほか
(※テレビ大阪では4月2日(月)深夜0:12〜)

詳しくは番組ホームページへ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo_sentimental/

☆第1回『テレ東社員食堂案内』はコチラ!
☆第2回『現場の差し入れに選んだ可愛い♡もの』はコチラ!
☆第3回『アノ人気番組に登場したフォトジェニックな自由が丘グルメ』はコチラ!
☆第4回『“西の比叡山”にある重要文化財で堪能!』はコチラ!
☆第5回『テレ東のクリスマスイルミを楽しもう!』はコチラ!
☆第6回バレンタインデー企画『テレ東のイケメン社員にチョコを渡しに行く』はコチラ!
☆第7回『劇団EXILE・青柳翔さんにどら焼きを差し入れるの巻』はコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR