n_MG_0069

まるでスイーツなアレンジティーも! 〈GINZA SIX〉のティーサロンで楽しむバラエティ豊かな魅惑のアレンジティー6選 Food 2018.02.24

銀座のランドマーク〈GINZA SIX〉にあるティーサロン〈LUVOND TEA SALON〉では、ティーマイスターがまるでバーテンダーのように織りなすバラエティ豊かなアレンジティーが楽しめます。その魅惑のラインナップを一部ご紹介!

MG_0005

スリランカや台湾、日本など世界中にある優良な茶園に自ら足を運び、一般市場に出回らない最高峰の茶葉を買い付ける屈指のティーマイスター、伊藤孝志さん。彼が主人となり、もてなすサロン〈LUVOND TEA SALON〉ではユニークなアレンジティーの数々を提供している。

客の好みや気分に合わせて、即興でアレンジティーを振る舞う姿はまるでバーテンダーのよう。頭の中には数百種類あるというレシピの中からその一部を特別にご紹介!

キャラメルとライチのクリームティー 1,000円
キャラメルとライチのクリームティー 1,000円

キャラメルとライチで香り付けしたアッサムティーをミルクで煮込み、ほんのり甘いクリームをのせた一品。「アッサムはミルクと相性がいい茶葉。口に入れた瞬間に香ばしいキャラメルとライチの香りが感じられます」。なめらかなクリームがミルキーなコクをプラス。甘味はしっかり、飲みごたえもたっぷりなのでスイーツを食べたときのような満足感がある。

アイスダージリンティー(ボバ入り)1,000円
アイスダージリンティー(ボバ入り)1,000円

「ダージリンにボバを入れるなんて邪道だ、と言われそうですが、僕はこのレシピが気に入っています。最初はこのままの状態で飲み、そのあと砂糖を加えてみてください。苦味が消えて、茶葉本来の凜とした味が伝わります」。タピオカのまろやかな甘さが、シンブリ茶園で採れたオリエンタルな味わいのダージリンを引き立てている。

ピーチチャイ 1,000円
ピーチチャイ 1,000円

カルダモン、シナモン、クローブなど数種類のスパイスにミルクを加え、ピーチフレーバーのセイロンティーをじっくり煮出す。「ジンジャーやブラックペッパーも加えているので、飲むと体の芯から温まります。ピーチの甘い香りが緊張を解きほぐし、リラックスさせてくれますよ」。ホッと一息つきたいときにオーダーしたい一杯。

アイスレモンロイヤルミルクティー(ボバ入り)1,100円
アイスレモンロイヤルミルクティー(ボバ入り)1,100円

特級のアッサムの茶葉で作ったアイスティーに、ミルクを加え、スライスしたレモンをトッピング。普通なら分離を恐れて敬遠される組み合わせだが、タピオカのモチモチ食感もあいまって、驚くほどおいしく仕上がっている。「全体がまとまるよう、バランスを計算しました。甘さがしつこくなく爽やかです。レモンをつぶしながら飲んでみてください」

トロピカルソーダ(ボバ入り)900円
トロピカルソーダ(ボバ入り)900円

パインとマンゴーで香り付けしたセイロンティーを濃いめに抽出し、炭酸水で割り、喉越し爽やかに。「香りはフルーティなのにシュワシュワッとした喉越しのおかげでさっぱり。実はフレーバーにパインとマンゴー以外のフルーツも隠し味として使っているので、奥行きのあるトロピカルの香りがするんです」。薄切りオレンジとタピオカの食感もアクセント。

シャリマオレンジティー 800円
シャリマオレンジティー 800円

砂糖を多めに加え、深いコクを引き出したアッサムティーに鮮やかなオレンジを浮かべた一杯。「カップのふちにオレンジをあてながら飲むとさらに香りが広がります」。シャリマとは北インドのカシミール地方にある花園の名前で、オレンジの華やかな香りにたとえて名付けられたそう。素敵なカップ&ソーサーはハンガリーの陶器ブランド「ヘレンド」製。

こんな記事もおすすめ!
☆東京駅近で楽しめる人気ホテルのアフタヌーンティー4選はコチラ!
☆銀座で巡る世界のアフタヌーンティー3選はコチラ!
☆〈ELLE café〉のグルテンフリーアフタヌーンティーはコチラ!

(Hanako1145号掲載/photo : Kenya Abe text : Mariko Uramoto)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR