n_5D_9340

ユニークな砂湯も 美肌にダイエット…温泉テーマパーク【大分・別府】機能温泉浴をハシゴして美活! Food 2018.02.20

日本一の温泉テーマパーク・大分県別府。そんな別府で叶う美活といったら、効能の異なる温泉のハシゴ入浴。今回はダイエットに美肌と、目的別にご紹介します。

保湿効果を高めるなら〈明礬温泉〉〈鉄輪温泉〉

美肌の必勝法といえば、まずは保湿。おすすめの組み合わせが「明礬温泉」と「鉄輪温泉」。硫黄泉の「明礬温泉」は古くなった皮膚の角質を取り除く、クレンジング効果がある。ここで皮脂と汚れを取り除き、つるりと無垢な肌に。

5D_0034

〈明礬温泉〉
山の温泉郷。乳白色の湯が大半で、肌をリセットする働きがある。

〈別府温泉保養ランド〉
弘法大師空海も訪れたといわれる由緒ただしき温泉。別名「紺屋地獄」と呼ばれるここは、世界でも稀に見る良質な鉱泥泉が湧き、高い効能を持つ。乾くと霧のようなパウダー状になる粒子の細かい泥が美肌に絶大な効果をもたらす。
■大分県別府市明礬5組
■0977-66-2221

クレンジング効果で肌をリセットした後、弱酸性でメタケイ酸たっぷりの「鉄輪温泉」に浸かり、肌に優しい成分で肌を満たしてフタをする。

78fab1573514552cb4c7ce5c44d837ab

〈鉄輪温泉〉
湯治場の面影を残す温泉地。弱食塩の泉質は浸かっても湯気に当たっても保湿効果あり。

〈ひょうたん温泉〉
創業当時、一番最初につくられたひょうたん形の岩風呂が名前の由来。源泉の泉質にこだわり、約100℃ある源泉を竹製の冷却装置により適温にしている。その効果か、湯はとろりと化粧水のように濃厚な保湿力をキープ。
■大分県別府市鉄輪159-2
■0977-66-0527

ダイエット効果なら〈竹瓦温泉 砂湯〉〈鉄輪温泉 むし湯〉

普段あまり汗をかかないという人も汗だくになるという二湯めぐり。絶大な効果が得られる「竹瓦温泉」から「鉄輪温泉」のコース。

5D_9340

一湯目の「竹瓦温泉」では名物の砂湯にイン。遠赤外線効果で体の芯からあたためる。

5D_9318

「砂かけさん」に、温泉で温められた砂に体を埋めてもらい入浴。最初はほんのり温かく、ものの5分で汗が噴き出る。約15分間の入浴を終えると発汗&温泉効果で爽快に。入浴ごとに温泉で砂を洗うので常に清潔なのもうれしい。

〈竹瓦(たけがわら)温泉 砂湯〉
レトロな外観は昭和13(1938)年に建設されたもので普通浴と砂湯がある。
■大分県別府市元町16-23
■0977-23-1585

そして二湯目「鉄輪温泉」の蒸し湯へ。お肌に優しい高湿度の蒸気で発汗作用が高まり、新陳代謝が上がる。デトックス効果も期待できそう!

d69d563485be7017f0b1cd0df3254065

「温泉のルーツ」といわれるむし湯。鉄輪のむし湯は独特で、約8畳の石室の床を温泉で熱し、そこに石菖(せきしょう)という清流で生息する薬草を敷きつめ、その上に横たわり入浴する。薬草のいい香りに包まれ、発汗が促される。

〈鉄輪温泉 むし湯〉
鎌倉時代に、かの一遍上人が創設した歴史ある温泉。湯量豊富な鉄輪でめずらしいむし湯。
■大分県別府市鉄輪上1
■0977-67-3880

こんな記事もおすすめ!
☆温泉に浸かりながら自然の絶景を満喫できる宿はコチラ!
☆雰囲気たっぷりの温泉宿はコチラ!
☆女子心をくすぐる要素いっぱいの温泉宿4軒はコチラ!

(Hanako1147号掲載/photo : Shinichiro Oroku text : Asami Asai)

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR