人気の高い焼菓子各種280円~。「焼きたて食感にこだわった香り高い焼菓子」

新店情報をチェック! 大人気パティスリーの新店が登場!【東京】2021年下半期オープンの注目スイーツ店5軒 Food 2022.02.02

今回は2021年下半期にニューオープンした話題のスイーツ店をご紹介します。2021年下半期は、栗や芋など素材を決めて勝負しているお店が数多くオープンしました。本誌連載『Now Opnening』よりお届けします。

1.モンブラン×ソフトクリーム贅沢な組み合わせ〈和栗や 栗のIROIRO(イロイロ)〉/上野

一日約100食限定の「生そふモンブラン」1,250円。
一日約100食限定の「生そふモンブラン」1,250円。
「栗とバターのmariage」2,500円。
「栗とバターのmariage」2,500円。
〈和栗や 栗のIROIRO(イロイロ)〉

搾りたてモンブランの火付け役、〈和栗や〉の新業態が〈上野マルイ〉にオープン!目玉商品は、ソフトクリームの常識、枠を超えた「生そふモンブラン」。和栗の甘露煮、オーガニック完熟バナナ、渋皮モンブランクリームの上に、毎朝厨房で一から作る完全非加熱の和栗のフレッシュなソフトクリームがたっぷり。「栗とバターのmariage」も素材にこだわった安心の完全グルテンフリースイーツ。

石や木などを使用した店内には、手土産にも最適な商品が並ぶ。
石や木などを使用した店内には、手土産にも最適な商品が並ぶ。
〈和栗や 栗のIROIRO(イロイロ)〉

〈和栗や 栗のIROIRO(イロイロ)〉
■東京都台東区上野6-15-1 1F
■03-5834-3930
■11:00~20:00 不定休
■4席

(Hanako1200号掲載/photo : Shu Yamamoto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

2.芋の自然な甘さを生かしたスイーツ〈望月(もちづき)〉/麻布十番

熟成焼き芋をそのまま食べたい方におすすめの「冷やし熟成焼き芋」440円。
熟成焼き芋をそのまま食べたい方におすすめの「冷やし熟成焼き芋」440円。
ふわふわ氷の上に、熟成焼き芋のみを使う濃密モンブランクリームをたっぷりのせた、「熟成焼き芋モンブラン」2,200円。
ふわふわ氷の上に、熟成焼き芋のみを使う濃密モンブランクリームをたっぷりのせた、「熟成焼き芋モンブラン」2,200円。
一枚板のカウンターが印象的。
一枚板のカウンターが印象的。
〈望月(もちづき)〉
〈望月(もちづき)〉

芋スイーツ専門店。主役の芋は宮崎県産「紅はるか」を使用。ねっとりと糖度の高い熟成焼き芋には酸味のあるオーガニックコーヒーを合わせるのがおすすめ!

しっとりしたテリーヌの中に大きめにカットした熟成焼き芋をごろごろと練り込んだ「熟成焼き芋のテリーヌ」。デザートセット(ドリンク付き)1,500円~。
しっとりしたテリーヌの中に大きめにカットした熟成焼き芋をごろごろと練り込んだ「熟成焼き芋のテリーヌ」。デザートセット(ドリンク付き)1,500円~。

〈望月(もちづき)〉
■東京都港区麻布十番3-7-4 1F
■03-6722-6121
■12:00~19:00(18:00LO)火休
■10席

(Hanako1202号掲載/photo : Wataru Kitao text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

3.地域とのつながりを大切にする洋菓子のお店〈feuquiage(フキアージュ)〉/調布

人気の高い焼菓子各種280円~。「焼きたて食感にこだわった香り高い焼菓子」
人気の高い焼菓子各種280円~。「焼きたて食感にこだわった香り高い焼菓子」
ケーキは幅広い年齢層になじみのある種類をそろえている。
ケーキは幅広い年齢層になじみのある種類をそろえている。
季節限定の焼菓子も登場。
季節限定の焼菓子も登場。
缶にはカモシカのイラスト。「フルーツの浮雲」2,000円。
缶にはカモシカのイラスト。「フルーツの浮雲」2,000円。
材料集めに約半年かかったというドライフラワーアート。
材料集めに約半年かかったというドライフラワーアート。

オーナーシェフの畠山和也さんは、ネットで何でも買える時代に、あえて“お店に赴いて買う”ことの価値を重要視。アーモンドプードルをお店で挽いて作るなど素材からこだわったお菓子は、足を運んだからこそ味わえる食感や口どけに仕上がっている。

グレーを基調にしたシックな店内。
グレーを基調にしたシックな店内。

〈feuquiage(フキアージュ)〉
■東京都調布市小島町1-2-5
■11:00~19:00 月火水休
■Instagram:@feuquiage

(Hanako1203号掲載/photo : Natsumi Kakuto text : Kahoko Nishimura, Mae Kakizaki edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

4.四季でスイーツが変わる完全予約制カフェ〈ナナシノ〉/中目黒

「フォンダンショコラキャラメル」1,500円※2022年1月から。
「フォンダンショコラキャラメル」1,500円※2022年1月から。

“記憶に残る最初の一口”をコンセプトに、春は桜菓子、夏はかき氷、秋は焼き芋、冬はチョコレートと、季節によってテーマを変えるスイーツ専門店。目の前で仕上げてくれるライブ感も人気の理由。12月末までは「紅はるか」を使用した芋スイーツ、2022年1月からは「アリバカカオ」を使用したチョコレートスイーツが登場する。

「ぶっくり焼き芋クレームブリュレ」2本1,500円※12月末まで。
「ぶっくり焼き芋クレームブリュレ」2本1,500円※12月末まで。
「ねっとり大学いもバター」1,500円※12月末まで。
「ねっとり大学いもバター」1,500円※12月末まで。
白をベースにした落ち着いた雰囲気の店。
白をベースにした落ち着いた雰囲気の店。
〈ナナシノ〉/中目黒

〈ナナシノ〉
■東京都目黒区上目黒2-13-6-201
■完全予約制 不定休
■8席

(Hanako1204号掲載/photo : Natsumi Kakuto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

5.フランス菓子の老舗の味が気軽に駅チカで購入できる〈Made in ピエール・エルメ 渋谷 東急フードショー〉/渋谷

カステラ焼きから着想を得た抹茶のフィナンシェ(右下)など各種216円~。『日本の素材やモチーフを取り入れた本格焼菓子』
カステラ焼きから着想を得た抹茶のフィナンシェ(右下)など各種216円~。『日本の素材やモチーフを取り入れた本格焼菓子』
柚子のチーズケーキ各486円。
柚子のチーズケーキ各486円。
目の前で焼き上げる臨場感も魅力。
目の前で焼き上げる臨場感も魅力。
同店限定の焼菓子に合わせてボックスもオリジナル。
同店限定の焼菓子に合わせてボックスもオリジナル。
〈ピエール・エルメ〉初となるスタンド式店舗。
〈ピエール・エルメ〉初となるスタンド式店舗。

パティシエのピエール・エルメによる、日本のすぐれた食材を世界へ発信するコンセプトショップが渋谷の駅チカにオープン。抹茶やゆずなど日本の素材を使用し、焼きたてのマドレーヌやフィナンシェを提供する。

木製ばんじゅうを取り入れ、和を意識したディスプレイに。
木製ばんじゅうを取り入れ、和を意識したディスプレイに。

〈Made in ピエール・エルメ 渋谷 東急フードショー〉
■東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷東急フードショー②(しぶちか)
■03-3477-4371
■10:00~21:00※変更の場合あり 不定休

(Hanako1201号掲載/photo : Natsumi Kakuto, Wataru Kitao text : Kahoko Nishimura, Mae Kakizaki edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

Navigators

安原伶香(やすはら・れいか)/和スイーツ研究家。江戸中期創業の〈大三萬年堂〉十三代目。新ブランド〈大三萬年堂HANARE〉も手がけた。『ガイアの夜明け』にも出演。

スイーツOLなり/帰国子女、東京大学大学院理系卒。現在は金融関連企業に勤めるOL。大学在学中にスイーツに目覚め、ブログを開始した。特に焼き菓子とチョコレートが好み。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR