n_Img46511_atari

フードコーディネーター・冷水希三子さんが教えてくれた! まるでカフェのようなデリが簡単に作れちゃう!おしゃれでヘルシーな女子会弁当レシピ Food 2018.02.12

フードコーディネーター・冷水希三子さんが教えてくれたのは、女子会に持ち寄りたい、おしゃれでヘルシーな弁当レシピ。まるでカフェにあるような鮮やかなデリがお家で簡単に作れちゃうんです!

かわいくて、ヘルシー。技あり女子会弁当。

s_Img46511_atari

友達とお弁当を持ち寄っての女子会なら、冷水希三子さん提案の軽やかなベジタブルサンドを。トマトにアボカド、キャベツなどの野菜をこれでもか!とばかりに挟んだサンドイッチは、目にも鮮やか。
「野菜の水気を押さえるのが、サンドイッチをおいしく作るコツ。トマトやきゅうりは塩を振って、出て来た水分をしっかり拭き取ってから挟みます。具のボリュームに負けないように、パンは8枚切りで」
男子の目を気にする必要もないから、大口開けてかぶりついちゃいましょう。サイドディッシュは春野菜のオムレツとドライトマト入りの〝大人〞なポテサラ、そして甘酸っぱく煮た赤玉ねぎ。ひとひねりあるお惣菜に、料理上手な友達も唸るはず。

見た目のかわいさも大事なポイント。デザートのメロンのマリネも、瓶に詰めて添えれば完璧です。

1.たっぷり野菜とハムサンド

DSC7741_atari

[材料](2人分)
・食パン(8枚切り)…2枚 
・ハム…2枚 
・キャベツ…40g 
・赤キャベツ…20g 
・きゅうり…1/2本 
・トマト(スライス)…3枚 
・にんじん…3㎝ 
・アボカド…1/4個 
・白ワインビネガー…適量 
・バター、マスタード…各適量 
・砂糖…ひとつまみ 
・塩…適量

[作り方]
1.キャベツと赤キャベツは千切りにする。赤キャベツのみ、塩少々と砂糖、白ワインビネガー小さじ1/3を混ぜてもみ込む。きゅうりは縦に2~3㎜厚さにスライスして塩少々と白ワインビネガー小さじ1をふる。トマトスライスは塩少々をふる。にんじんは千切りにし、アボカドは2~3㎜厚さにスライスする。

2.バターとマスタードを混ぜて食パンに塗り、1枚にハム、アボカド、水気を拭いたきゅうり、汁気を絞った赤キャベツ、にんじん、水気を拭いたトマトスライス、キャベツを順番にのせる。もう1枚で挟み、上から押す。

3.ワックスペーパーなどで包み、半分に切る。

2.メロンのレモンバニラマリネ

DSC7802_atari

[材料](2人分)
メロン…1/2個 バニラビーンズ…5㎝ レモン汁…大さじ1/2 レモンスライス…2枚

[作り方]
1.メロンの種の部分をざるに入れて漉し、バニラビーンズとレモン汁とともにボウルに入れる。

2.メロンは皮を除いて食べやすい大きさに切り、1のボウルに入れて、レモンスライスも加えてマリネする。

3.ドライトマトのポテトサラダ

DSC7572_atari

[材料](作りやすい分量。詰める際に2人分取り分ける)
・じゃがいも…2個
・赤玉ねぎ(スライス)…15g
・ドライトマトのオイル漬け…10g
・イタリアンパセリ…1/2パック
・マヨネーズ…大さじ1と1/2
・牛乳…大さじ1と1/2
・酢…小さじ1
・塩…少々

[作り方]
1.じゃがいもは皮付きのままひたひたの水(分量外)とともに鍋に入れて中火にかけ、ゆでる。中まで火が通ったら皮をむいてボウルに入れ、フォークなどで潰す。塩と酢を加えて混ぜ、牛乳、マヨネーズも加えて都度混ぜ合わせる。

2.赤玉ねぎは水に10分ほどさらし、ざるに上げ水気をしっかり切る。1のボウルに加え混ぜる。

3.イタリアンパセリをみじん切りにして、ドライトマトと一緒に1のボウルに加えて混ぜる。

4.赤玉ねぎのアグロドルチェ

DSC7617_atari

[材料](作りやすい分量。詰める際に2人分取り分ける)
・赤玉ねぎ…1個
・塩…ひとつまみ
・エクストラバージンオリーブオイル…小さじ1
・水…大さじ1
・砂糖…大さじ1/2
・白ワインビネガー…小さじ2

[作り方]
1.赤玉ねぎはひと口大に切り、鍋に入れる(この時ポテトサラダ用の玉ねぎを取り分けておいてもよい)。塩とオリーブオイルと水を加え弱火にかけ、蓋をしてしんなりするまで20分ほど蒸し煮にする。

2.1に砂糖と白ワインビネガーを加え、5分煮る。

5.アスパラガスとディルのオムレツ

DSC7670_atari

[材料](2人分)
・アスパラガス…4本
・卵…3個
・ディル…1パック
・ヨーグルト…大さじ1
・バター…10g
・エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1
・塩…適量

[作り方]
1.アスパラガスは5㎝長さの千切りにする。

2.ボウルに卵を溶きほぐし、みじん切りにしたディルとヨーグルト、塩少々を加え混ぜる。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を入れ、アスパラガスを入れて炒める。塩少々で味つけして、2のボウルに加えて混ぜる。

4.フライパンをペーパーなどで拭いてきれいにし、残りのオリーブオイルとバターを入れて中弱火にかける。3を入れ、時々かき混ぜて半熟になったら弱火にする。蓋(なければアルミホイル)をして蒸し焼きにする。2~3分経ったら火を消し、冷めるまでおく。

教えてくれたのは…

s_Img46542_atari

Teacher 冷水希三子

ひやみず・きみこ/フードコーディネーター。雑誌や広告で活躍。京都にオープンした町家ホテル〈四季十楽〉では朝食のディレクションを担当。

こんな記事もおすすめ!
☆デートで作りたい弁当レシピはコチラ!
☆簡単自家製フルーツリキュールの作り方はコチラ!

(Hanako1133号掲載/photo : Tetsuka Tsurusaki text : Kayako Nitta)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR