〈Pearl’s Finest Teas〉

ロサンゼルスはいまティーブーム真っ只中! 花を煮出した色鮮やかなグラデーションにうっとり…おしゃれにお茶を楽しめるLAのカフェ6軒。 Food 2017.11.30

日本上陸を果たした〈ALFRED TEA ROOM〉の本店があるロサンゼルスはいまティーブーム真っ只中。抹茶から台湾茶までバラエティ豊かなお茶にアレンジを加えたりと、型に捉われずに楽しむLAのティーシーンとともに、LA旅行の際に是非訪れたいカフェをご紹介。

1.シルバーレイクにある抹茶専門カフェ〈MATCHABAR〉。

〈MATCHABAR〉

高感度なセレクトショップが立ち並ぶシルバーレイクの街で、緑の看板がひときわ鮮やかな抹茶専門カフェ。ミルクシェイクを作る要領で泡だてた「ホット抹茶」3.50ドル~や、「メープル抹茶ラテ」6ドルなどのメニューがあり、ベニスの人気ベーカリー〈Gjusta〉が作る抹茶の焼き菓子も人気だ。日本でも過去に何度かポップアップショップを開催している。

〈MATCHABAR〉

〈MATCHABAR(マッチャバー)〉
■3534 Sunset Blvd., Los Angeles 
■323-522-6810
■7:00~18:00 無休 
■13席

2.長崎の老舗茶園〈前田園〉ののれん分け〈SHUHARI Matcha Café〉。

〈SHUHARI Matcha Café〉

長崎の老舗茶園〈前田園〉からのれん分けし、2016年に抹茶の楽しさを伝える店としてオープン。ナチュラル志向のお店が多いアボット・キニー通りに面し、散策中の人が抹茶やグルテンフリースイーツを購入していく。「抹茶ラテ」5ドル~はプラス75セントでアーモンドミルクへの変更も可能。炭酸入り「抹茶スパークラー」5ドルもおすすめだ。

〈SHUHARI Matcha Café(シュハリ マッチャ カフェ)〉
■1522 Abbot Kinney Blvd., Venice 
■424-238-8324
■9:00~20:00(木土~21:00) 無休 
■約10席

3.「ヨーグルト抹茶」はじめ個性派メニューも人気!〈BASANTI〉。

〈BASANTI〉

メキシコ人オーナーが2008年に立ち上げたティーブランドで、ロサンゼルス店は2年前にオープン。スタッフは本格的なお茶のトレーニングを受けているため知識も豊富。周辺のオフィスの人などが気軽においしいお茶を楽しみにやってくる。定番のボバ(タピオカ)入りミルクティーのほか、「ヨーグルト抹茶」5.50ドル~など個性的なメニューも人気だ。

〈BASANTI〉

〈BASANTI(バサンティ)〉
■9465 S Santa Monica Blvd.,Beverly Hills 
■310-248-4943
■12:00~18:00 無休 
■13席

4.世界各国の高品質なお茶が楽しめる〈Valerie Echo Park〉。

s_MG_08221

高品質なお茶と一緒に、チョコレートやサンドイッチが楽しめるカフェ。

〈Valerie Echo Park〉

オーナーでパティシエのヴァレリー・ゴードンさんはお茶好きが高じて世界中の茶畑を訪ね歩き、日本や中国、サンフランシスコなどから厳選した茶葉を仕入れている。

〈Valerie Echo Park〉

テラス席には、ゆったりとブランチを楽しむ地元の人の姿が。犬の散歩の途中にテイクアウトする人も。

〈Valerie Echo Park〉
■1665 Echo Park Ave., Los Angeles 
■213-250-9365
■8:00~16:00(金日~17:00、土~18:00) 無休 
■38席

5.フォトジェニックなだけじゃない!こだわりの台湾茶専門店〈Pearl’s Finest Teas〉。

〈Pearl’s Finest Teas〉

スニーカーショップをはじめストリート系の店が軒を連ねる、フェアファックス通りの台湾茶専門店。

〈Pearl’s Finest Teas〉

多くの若者が行き来するこの場所で人気なのは、ブルー、パープル、オレンジなど色のグラデーションが美しいお茶。

〈Pearl’s Finest Teas〉

見た目だけでなく、茶葉は鮮度にこだわり、鮮やかな色も本物の花を煮出すなど品質と味も追求している。レジには行列ができるほどの盛況ぶりだ。

〈Pearl’s Finest Teas〉
■523 N Fairfax Ave., Los Angeles 
■323-424-3194
■11:00~21:00 無休 
■40席

6.日本に上陸したばかり!〈ALFRED TEA ROOM〉。

〈ALFRED TEA ROOM〉

LAでもひときわ目立つティーショップ、〈アルフレッドティールーム〉を訪ねると、ティーマイスターのジョーダンさんは自身がブレンドした茶葉を見せてくれた。

〈ALFRED TEA ROOM〉

「茶葉に関しては、僕はマニアックだね。香りが一番活きるようドリンクのレシピを考えるし、加えるシロップもすべて手づくり。だから、間違いなくおいしいんだよ」と、照れ笑いする。

〈ALFRED TEA ROOM〉
〈ALFRED TEA ROOM〉

休日の朝にもかかわらず、その間もドリンクを注文する列は絶えない。ジョギング中の女の子に、おしゃべりが弾む3人組、近所のショップ店員。ジョーダンさんのお茶への情熱のすぐ横で、彼女らは気負うことなく思い思いのドリンクを注文する。

〈ALFRED TEA ROOM〉
〈ALFRED TEA ROOM〉

思えば、ロサンゼルスでお茶を飲む人は皆、素直にそれを楽しんでいるように見えた。「お茶っておしゃれだと思う」「香りが好き」

〈ALFRED TEA ROOM〉

こうしたお茶人気の高まりはある意味、コーヒーのおかげでもあるとジョーダンさん。「サードウェーブコーヒーの手法に学んだ〝お茶好き〞が、新しい挑戦を始めているんだ」

〈ALFRED TEA ROOM〉
〈ALFRED TEA ROOM〉

思い切ったピンクの内装は、その挑戦に対する自信の表れ。セルフィーを撮る女の子たちだって、そこがただ「かわいいだけ」のお店ではないことを、感じ取っているのだ。

〈ALFRED TEA ROOM〉

〈ALFRED TEA ROOM(アルフレッド ティー ルーム)〉
ハイブランドブティックが並ぶメルローズプレイスに昨年開店。人気はピンクのミルクティー「ローズ」5ドルや、抹茶ラテ「マッチャ」5.50ドル。

■705N Alfred St., Los Angeles 
■323-592-3465
■8:00~19:00 無休 
■35席

こんな記事もおすすめ!
☆東京駅近で楽しめる人気ホテルのアフタヌーンティー4選はコチラ!
☆銀座で巡る世界のアフタヌーンティー3選はコチラ!
☆〈ELLE café〉のグルテンフリーアフタヌーンティーはコチラ!

(Hanako1145号掲載/photo : Kenya Abe coordination : Tamaka Takefushi)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR