〈夜上海〉

駆け込み上海蟹に絶品屋台。 冬の香港を食べつくす! Food 2017.11.27

ユニークなローカルフードに加えて、世界中から美味しいモノが集まる都市、香港。一年のうちこの時期しか食べられない上海蟹をはじめ、最新のフードトレンドも盛りだくさん。今すぐ訪れるべきスポットもあわせてご紹介します!

なんといっても上海蟹!

〈夜上海〉

香港グルメといえば上海蟹。蟹身にほんのり甘味があり、本当に美味しくて、一度この味を知ると病みつきに。1年のなかでも10月から11月の間が旬と言われているので、今年のチャンスはもう少し! 私が訪れたのはミシュランスターレストラン〈夜上海〉(イエ・シャンハイ)。11月限定で前菜からスープ、メインまで上海蟹づくしの特別メニュー(HK$980)を展開中です。

Processed with VSCO with m5 preset
Processed with VSCO with m5 preset

こんな素敵なバーカウンターも。なんでもその昔、銀座にも支店があったそうです。お店オリジナルのXO醤(HK$15)はお土産にもおすすめです。ちなみに現在「Hong Kong Great November Feast」の真っ最中。ここ〈夜上海〉以外にも、さまざまなレストランで特別メニューが登場しているので、行くなら今!

〈夜上海〉
■6F, The Marco Polo Hong Kong Hotel, 3 Canton Rd, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
■+852-2376-3322

香港政府お墨付きのフードトラックが登場。

フードトラック

香港特別行政区設立20周年を記念して、今年からストリートにお目見えしたのがこちらのフードトラック。主要観光地の周辺に全部で16台あり、小籠包や麺類などザ・香港なフードが手軽にいただけます。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

こちらは〈柱花涼粉豆腐花)(HK$28)。豆腐を石膏粉という粉で固めて作るヘルシーなローカルスイーツです。

場所:Salisbury Garden, Salisbury Rd, Tsim Sha Tsui など。

空前のワインブーム到来中。

〈香港ワイン&ダイン・フェスティバル〉

ひと昔前までは、香港人にとってワインといえばブルゴーニュ一徹。でも今やその時代は過ぎ、カリフォルニアやチリ、オーストラリアなど様々な産地のワインがどんどんポピュラーに。2017年の今、ワインブーム真っただ中なのだそう。〈香港ワイン&ダイン・フェスティバル〉という一大イベントも毎年開催されていて、今年は世界中から400以上のブースが出店。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

米国のワイン評論家、ロバート・パーカーが点をつけた“パーカー・ポイント”のワインも88品柄。そのほかにも名だたるワインディーラー・プロデューサーが出店し大にぎわい。香港ではアルコール持ち込み可のレストランも意外と多いので、デパートや酒店で好みのものを購入して食事へ、なんていうのもおすすめです。

絶滅危惧!?本気屋台にも挑戦を。

香港

土地開発が進む香港では、昔ながらの屋台がどんどん減ってきているのが現状。だからこそ、今挑戦するべきはオーセンティックな屋台料理。

香港

香港島サイドのセントラルと呼ばれるエリアにあるここ〈盛記〉は、ランニング姿のシェフが寡黙に調理。その雰囲気のよさに加えて味もかなりのもの。なかでもホタテのガーリック蒸し(時価、この日はHK$85/写真上)は今回の旅のベストディッシュでした。

〈盛記〉
■9-10 Stanley Street, Central, Hong Kong
■+852-2541-5678

若者たちは“レトロ”に夢中。

茶餐廳

60年代や70年代のレトロな雰囲気を再現した香港風の喫茶店、茶餐廳(チャーチャンテン)が、香港の若い世代の間で大流行中。日本でいう昭和ブームといったところですね。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

こちらはマーケットで有名な九龍サイド旺角(モンコック)エリアにある〈火水爐冰室火鍋〉(Fo Shui Lo)というお店。エントランスは昔の映画館を再現。

〈火水爐冰室火鍋〉

ココア風味のフレークがのったフレンチトースト〈HK$34〉に、私も大好物の香港式アイスミルクティー(HK$18)。丼ものがHK$45~と食事系も充実しているので、ぜひ。

〈火水爐冰室火鍋(Fo Shui Lo)〉
■1/F, Legend Court, 33 Yin Chong Street, Mong Kok, Hong Kong
■+852-2663-1087

今すぐ香港に行きたくなった!そんなアナタにもう一つのおすすめは〈香港航空〉。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

2006年創業の新しい航空会社ということもあり、東京香港間のビジネスクラスが往復8万円ほどと、かなりお得なのです。機内食は和洋中とバリエーション豊か。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

東京香港間に就航している航空会社のうち、唯一ビジネスクラスのシートがフルフラットというのもポイント。マークもかわいい!スリッパはシックな紫。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

しかも今年、〈香港国際空港〉にはビジネス以上の搭乗者が自由に使えるラウンジがオープンしたばかり。ドリンクからスイーツまでブッフェ形式で好きなだけいただける上に、PCエリア、仮眠スペースなどと過ごし方に合わせてコーナー分けされていて快適。もちろんシャワーも完備しています。

美味しいモノだらけの香港。ぜひ11月、駆け込みで訪れてみてください。

協力/香港政府観光局香港航空

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR