『苺、トリュフ、黒胡椒の魅惑のマリアージュ!(nanshiさん)』

毎日でも食べたくなる! 【大阪】2021年食べるべき絶品スイーツ9選。かわいい×おいしいケーキにパフェ、焼き菓子まで! Food 2021.03.11

天下の台所・大阪はおいしいグルメがたくさん揃う「食い倒れの街」。今回は、2021年必食のスイーツをご紹介。フルーツを贅沢に使ったケーキやパフェに、手土産にもおすすめの焼き菓子まで、スイーツラヴァー必見です。

1.〈nichi nichi BAKE〉のいちごと柑橘のタルト

いちごの甘さに柑橘の酸味がぴったり(きょん。さん)
いちごの甘さに柑橘の酸味がぴったり(きょん。さん)

季節ごとの旬の素材を使ったベイクが評判のカフェで、2020年初夏に登場したケーキ。フルーツ、クリーム、タルトの層が美しい。「いちごスイーツは自分の中で特別な日に食べたいご褒美おやつですが、このタルトは毎日でも食べたくなりますね」(きょん。さん)。680円。2021年も概ね同内容で提供予定。

〈nichi nichi BAKE〉
■大阪府大阪市北区中崎1-10-9 2F
■11:00~18:00 日祝休ほか不定休あり
■12席/禁煙

2.〈.cafe〉のトリュフと苺のブリュレ

『苺、トリュフ、黒胡椒の魅惑のマリアージュ!(nanshiさん)』
『苺、トリュフ、黒胡椒の魅惑のマリアージュ!(nanshiさん)』

星付きレストラン〈ディファランス〉の藤本義章シェフが2020年2月に開店。フレンチのビギナー向けに、贅沢なトリュフスイーツを良心価格の400円(税込)で提供している。「フレンチ・フュージョンの技術で作られる独創的なスイーツはどれも魅了されます」(nanshiさん)。

〈.cafe(ドットカフェ)〉
■大阪府大阪市西区靭本町1-18-23 ウルトラビル 2F
■11:00~19:00 不定休
■9席/禁煙

3.〈ポアール 帝塚山本店〉のモンブラン

〈ポアール 帝塚山本店〉のモンブラン 520円『マロンペースト、スポンジ、カスタードの三位一体に感激』(きょん。さん)
〈ポアール 帝塚山本店〉のモンブラン 520円『マロンペースト、スポンジ、カスタードの三位一体に感激』(きょん。さん)

「多くの方が頭に浮かべるモンブランと大きく異なる個性的な姿」(きょん。さん)。熟練の職人だけが操れるという特製マロンペーストを、スポンジ、カスタードクリーム、生クリームの土台にまとわせている。520円。

〈ポアール 帝塚山本店〉
■大阪府大阪市阿倍野区帝塚山1-6-16
■06-6623-1101
■9:00~21:00(金土~22:00、喫茶全日19:30LO)無休
■22席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

4.〈Smørrebrød KITCHEN〉のエデン

『いちじくを贅沢に使った、大人のリッチパフェ(きょん。さん)』
『いちじくを贅沢に使った、大人のリッチパフェ(きょん。さん)』

北欧郷土料理のオープンサンドをテーマにしたカフェで、密かに人気のパフェシリーズ。「店内のモダンな雰囲気に合う視覚的美しさと、味覚的おいしさを兼ね備えた秋限定パフェです」(きょん。さん)。浅く広い口のグラスを使うことで、いちじくとレアチーズ、サングリアゼリーを混ぜながらいただける良さも。1,200円。

〈Smørrebrød KITCHEN(スモーブローキッチン)〉
■大阪府大阪市北区中之島1-2-10 中之島図書館 2F
■06-6222-8719
■9:00~20:00 不定休
■40席/禁煙

5.〈グラノーラ専門店 fig〉のきな粉といちじくのパフェ

きな粉といちじくのパフェ 980円(税込)
きな粉といちじくのパフェ 980円(税込)

昨年移転オープンしたグラノーラ専門店のイートイン限定パフェ。こだわりのグラノーラは、2種類のきな粉とドライフルーツの代わりに甘納豆を入れるなど、和素材の組み合わせに。「新鮮なフルーツを使い、グラノーラも体にやさしく安心のおいしさです」(nanshiさん)。いちじくの季節に再開予定。980円(税込)。

〈グラノーラ専門店 fig(フィグ)〉
■大阪府大阪市旭区千林1-1-14
■06-6924-9861
■11:00~17:00LO 月土日祝休、ほか不定休
■15席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Chihiro Oshima, Natsumi Kakuto(DORUMIRU)text : Ami Hanashima)

6.〈TABLES CoffeeBakery&Diner〉の堀江バターサンド/大阪

『キューブ型で可愛い見た目は、ギフトにもぴったり!(本多 純さん)』
『キューブ型で可愛い見た目は、ギフトにもぴったり!(本多 純さん)』

ホワイトチョコを混ぜ込んだバタークリームを洋酒で香りづけし、フリーズドライの苺をサンド。「バターサンドのあのおいしいクリームをこれ以上ないくらい挟んだら…という夢をそのまま形にしたような一品です」(本多さん)。3個入り1,000円(税込)。

〈TABLES CoffeeBakery&Diner(タブレス コーヒーベーカリー アンド ダイナー)〉
■大阪府大阪市西区南堀江2-9-10
■06-6578-1022
■11:00~20:00LO(金土日祝17:00~21:00LO)不定休

7.〈台湾カステラ専門店 澎澎〉のふわしゅわ台湾カステラ ポンポン

台湾カステラ専門店 澎澎

じっくりと焼きあげられた「ふわしゅわ台湾カステラポンポン」は、素朴で優しいおいしさ。そのままはもちろん、レンジで温めてふわしゅわ、トースターで焼いてさくふわっと、いろんな食べ方を楽しめる。650円。

〈台湾カステラ専門店 澎澎(ポンポン)〉
■大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY本館1F(SIGNOF THE FOOD内)
■06-6631-7888
■11:00~21:00 休みは施設に準ずる

8.〈ちひろ菓子店〉のマイルドチーズカレー

『未知なる組み合わせがクセになる!(きょん。さん)』
『未知なる組み合わせがクセになる!(きょん。さん)』

関西在住の審査員から票を集めた人気店の新作は、構想から1年を費やしたというユニークなフレーバー。フランス産のチーズをプラスして、どこか懐かしい味わいに。「味も香りもはっきりとしたカレー&チーズなのに、スイーツとして楽しめる不思議な一品です」(きょん。さん)。320円。

〈ちひろ菓子店〉
■大阪府大阪市西区新町1-25-13
■06-6585-9515
■11:00~19:00 無休

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

9.〈餅匠しづく〉のVitamin D -免疫力-

『2層のグラデーションが光に当てるとより美しい(nanshiさん)』
『2層のグラデーションが光に当てるとより美しい(nanshiさん)』

“新型コロナ対策饅頭”と銘打った新感覚和菓子は、水饅頭のようなぷるぷるの食感。中には、免疫力アップに繋がるビタミンDの素材を入れている。「特にビタミンDが豊富なキクラゲを使用するという斬新さ。見た目の良さだけでなく、中身もお菓子で百薬の長を目指すモットーにぴったりの和菓子で、感銘を受けました」(nanshiさん)。昨年7月販売終了。

〈餅匠(もちしょう)しづく〉
■大阪府大阪市西区新町1-17-17
■06-6536-0805
■10:30~18:30 無休

(Hanako1193号掲載/photo : Kichi Fukuda, Natsumi Kakuto styling : Misa Nishizaki text : Ami Hanashima)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR