BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS

行くべき、観るべきイベント! 読み逃しできない!秋の夜長にぴったりな本って? Food 2017.10.13

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。毎週金曜夜更新中♡

若木信吾さんの本屋が原宿に!

BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS

いやぁ〜急に寒くなってびっくりするわね。こうも寒いと出不精に拍車がかかって「家にいるのが一番だなこりゃ」ってしみじみ感じるわ。春が来るまで引きこもりたいって思っちゃったアナタ(気が合うわね)、今週末は家でゆっくり読書なんていかが?おすすめしたい本屋が原宿に期間限定でできたのよ。その名も「BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS」。

BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS

字面でピーン!と来た人はなかなかの写真好きか静岡出身ね。そう、これは写真家・若木信吾さんが静岡県浜松市で営む本屋〈BOOKS AND PRINTS〉が「ユナイテッドアローズ 原宿本店〉に出張して開催してるイベントなの。しかも今回のテーマは「秋の夜長」。どう?ひきこもり族へのご褒美的な企画でしょう?家時間が充実しそうなアイテムが揃いに揃ってえらいこっちゃよ。若木さんが選んだ素敵な写真集や書籍、木工作家の高山英樹さんが手がけたブックスタンドもあるし、ぬくぬくのブランケットも。しかも、パリのフレグランスメーカー「CIRE TRVDON」のキャンドルもあって、素敵な香りの提案もしてくれちゃうわよ。購入者には、イラストレーター佐伯ゆう子さんが特別に描きおろしたイラスト入りのブックマークのプレゼントがあるんだって。きゃんわいい〜。

BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS
BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS

『BOOKS AND PRINTS at UNITED ARROWS』
■ユナイテッドアローズ 原宿本店 2F
■10月4日〜10月31日

名画に隠された恐怖を知る!

ポール・ドラローシュ 《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey, © The National Gallery, London. Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore, 1902
ポール・ドラローシュ 《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey, © The National Gallery, London. Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore, 1902

「家でゴロゴロしてたい…」と言いつつも、すっごく楽しみにしてた展示がやっとこさ東京で開催になったから紹介するわね。上野の森美術館でスタートした『怖い絵』展よ!!!

今展のテーマはずばり「恐怖」。見た目の怖さだけではなく、絵に隠されたストーリーを知ることで背筋がこおるほどの恐怖を体験できちゃうの。ひょえ〜!

今展は作家でドイツ文学者の中野京子さんによるベストセラー『怖い絵』の刊行10周年を記念して開催しているもので、約80点の西洋画・版画を展示。さらに中野さんによる丁寧な解説によって“この絵がなぜ怖いのか”がわかるわよ。

じゃあ、中野先生のお言葉を借りて、こちらでも出張『怖い絵』展とばかりに作品を紹介するわね。まず、上の絵は本展の目玉の一つ、ポール・ドラローシュの《レディ・ジェーン・グレイの処刑》。ヘンリー8世の姪の娘として生まれたというだけで政争に巻き込まれ、望みもしない王冠を被せられたあげく、在位9日後、敵対するメアリー派に囚われ、わずか16歳で死なねばならなかったジェーン・グレイ元王妃の最期が描かれているの。下に敷かれた藁は、処刑のあとに出る夥しい血を吸いとるためのもので、首がころがるさまを想像させる…。ううう。怖い、怖すぎる。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》 1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館蔵 © Image courtesy of Gallery Oldham
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》 1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館蔵 © Image courtesy of Gallery Oldham

次に紹介する『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』は麗しい美女が描かれていて一見すると全然怖くなさそうなんだけど、いやいやこれも怖いのよ。主人公は美女・キルケー様の後ろに立つ鏡に映ったオデュッセウス。キルケー様がオデュッセウスに酒杯を差し出しているところなんだけど、これを飲むと彼女が持つ杖で、けものに変えられてしまうの。そう、足元に転がっている豚のように…。ぎょえ〜〜〜!キャバクラで美女におだてられて気分よくシャンパン入れたらすっごい金額請求されたぐらいの怖さがあるでしょう?(え?合ってる?)。男性諸君にはぜひこの『怖い絵』展を観て、現実社会の教訓として生かしてほしいわね。

『怖い絵』展
〈上野の森美術館〉
■東京都台東区上野公園1-2
■10月7日~12月17日
■10時~17時(土曜9時〜20時。日曜9時〜18時。入場は閉館の30分前まで)
■会期中無休
■一般 1,600円

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR