芋栗南京フェア

9月23日(土)~24日(日)に行くべき、観るべきイベント! 栗好きが食べるべき名作モンブランって? Food 2017.09.22

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今週はモンブランと北欧、猫への愛が止まりません。

芋・栗・南京で秋の味覚を堪能。

見事なフォルムの「栗名月」850円(税込)
見事なフォルムの「栗名月」850円(税込)

いつの頃からか、好きなケーキを聞かれたら「モンブラン」と即答するようになった道玄坂よ。昔はいちごのショートケーキやフルーツタルトが大好きで、「モンブラン?ババくさい」(←本当失礼)と思ってたんだけど、私も歳を重ねてやっとモンブランのおいしさがしみじみわかるようになったというか、モンブランの方から歩み寄ってくれたというか。最近はコンビニのスイーツコーナーでも売ってるから、3日に1回のペースで登頂してるわ。え?登頂ってなにかって? モンブラン好きの人たち、いわゆる「モンブラー」の間ではモンブランを食べることを「登頂」と呼んでいて、だいたい9月になると活動を開始するの。有名パティスリーやホテルから旬の栗を使ったモンブランが登場するでしょ。それらを巡礼するのが何よりの楽しみなのよ。

で、そんなモンブラーたちが絶対登りたくなる名峰、ちがう、スイーツフェア「芋栗南京フェア」が新宿の〈リーガロイヤルホテル東京〉で始まったらから紹介するわね。

「モンブランのパリパリタルト 栗のアイスクリームを添えて」コーヒーまたは紅茶付き 2,613円
「モンブランのパリパリタルト 栗のアイスクリームを添えて」コーヒーまたは紅茶付き 2,613円

9月1日から開催中の「芋栗南京フェア」は、カフェ「ガーデンラウンジ」とテイクアウト専門のショップ「メリッサ」で行なわれているイベントで、栗、芋、南京(かぼちゃ)のスイーツが盛りだくさんなの。「ガーデンラウンジ」では、2006年の登場から絶大な人気を誇る国産栗を使った「栗名月」と、アーモンドクリームを絞って焼き上げたパリパリとした食感の新スイーツ「モンブランのパリパリタルト 栗のアイスクリームを添えて」の2種類のモンブランが登場。芋・栗・かぼちゃを使った3種類のミニスイーツのワンプレートもあって、「すみません、全部登っていいですか?」って言いたくなっちゃうレベル。

「芋栗南京デザートプレート」 コーヒーまたは紅茶付き 2,376円。左から、さつまいものベイクドチーズケーキ、モンブラン、かぼちゃのクリームガトー。この一皿で秋を満喫。
「芋栗南京デザートプレート」 コーヒーまたは紅茶付き 2,376円。左から、さつまいものベイクドチーズケーキ、モンブラン、かぼちゃのクリームガトー。この一皿で秋を満喫。
とぅるんとぅるんのなめらかムース「マロンムース」 450円(税込)
とぅるんとぅるんのなめらかムース「マロンムース」 450円(税込)

「メリッサ」では、サクサクとしたサブレ生地を土台にしたなめらか食感の「マロンムース」が販売中。「栗名月」「芋栗南京デザートセット」もテイクアウトできるらしいから、自宅で登頂するのもアリよね。いっぱいありすぎて食べ疲れちゃったら一本立てる(登山用語で休憩するの意)のもアリ。10月31日までの期間限定だから登頂は計画的に!

「芋栗南京フェア」
〈リーガロイヤルホテル東京〉
■東京都新宿区戸塚町1-104-19
■03-5285-1121
■ 9月1日〜10月31日
〈ガーデンラウンジ〉
■11:00~19:30(L.O. 19:00)
〈メリッサ〉
■10:00~20:30

「iittala」がお得に買える?注目の北欧イベント。

北欧の食 ときどき大蚤の市

「休日のスープストックトーキョー」をコンセプトに、ゆったりと食事が楽しめる自由が丘の〈also Soup Stock Tokyo〉で、北欧の食と暮らしにスポットをあてたイベント「北欧の食 ときどき蚤の市」がスタート!

ミートボールやサーモンスープなど北欧を代表する料理のほか、「白夜のスープ」や「also風ヤンソンさんの誘惑」といった気になる名前のメニューが登場。しかも期間中は「iittala」の器にのせて提供するんですって。テーブルの上が素敵すぎて大変なことになってるわ。

北欧の食 ときどき大蚤の市

そして、金・土・日曜には1階が蚤の市会場になるという「大蚤の市〜キルップトリ〜」を開催。「iittala」の食器を中心に北欧の食器やリビングウェアを大放出。聞くところによると貴重なデッドストックやヴィンテージの器があるんですって。もうね、こういうのは欲しいと思っても量販店じゃなかなか出会えないじゃない? そういう巡り合わせというか運命の一枚との出会いを楽しみにして行きたいわよね。

9月27日には北欧家具〈talo〉の店主・山口太郎さんと、北欧関連リビング商品の販売代理店「SCANDEX」の小西亜希子さんのトークショーを開催。北欧の行くべきスポットと良いヴィンテージ食器の見分け方を教えてくれるんだって。これから北欧を旅する予定がある人はチェケラ!(定員少人数制。ウェブもしくは店頭にて申し込みを)

北欧の食 ときどき大蚤の市

「北欧の食 ときどき大蚤の市」
〈also Soup Stock Tokyo〉
■東京と目黒区自由が丘1-26-13 POOL
■03-6421-4391
■9月23日〜10月1日
■11時30分〜22時30分
「北欧の食 ときどき大蚤の市」は9月23日、24日、29日、30日、10月1日。11時30分〜17時。

「必ず行きたい北欧のおすすめスポットとヴィンテージ食器の目利きの仕方」
■9月27日
■19時〜21時30分
■参加費5,000円(食事付)

猫好き注目!リサ・ラーソンの展示

「ネコのモア(大きな動物園シリーズ)」1990年(オリジナルは1966年)©Lisa Larson/Alvaro Campo
「ネコのモア(大きな動物園シリーズ)」1990年(オリジナルは1966年)©Lisa Larson/Alvaro Campo

北欧続きでこちらも紹介。〈松屋 銀座〉で開催中の「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」よ。スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンの初期から近年までの代表作約130点が一堂に会し、テーマ別に紹介されているの。わかりやすく展示してあるから、リサ初心者にもおすすめ。しかも今回は彼女が所蔵するユニークピースや、リサの夫で画家のグンナル・ラーソンの作品も約60点披露されているんですって。夫婦揃って才能あふれまくり!

そしてネコ狂いBBAこと道玄坂の注目はこちらで先行販売している陶器!ぴんと伸びたしっぽがキュートな「モア」や丸いフォルムの「マイ」、小さいサイズの「モア ミニ」の3種類があるんですって。

こちらをじっと見つめるお目目がキュートな猫の陶器「モア」。新色のブラウンストライプ。17,820円・税込 ©LISA LARSON ©Tonkachi
こちらをじっと見つめるお目目がキュートな猫の陶器「モア」。新色のブラウンストライプ。17,820円・税込 ©LISA LARSON ©Tonkachi

陶器にはまだ手が出せないという人は物販コーナーを要チェック。リサ&グンナル・ラーソンの作品を楽しめる「トランプ」(1,080円・税込)や、定番のキャラクターをミニサイズにしたキーホルダー(1,296円・税込)、猫のイラストが描かれた「豆皿」(3,240円・税込)は5枚セットで販売中。リサ好き、北欧好きのみならず、猫好きまでも引き寄せる魅惑の展覧会よ!

「トランプ」1,080円・税込
「トランプ」1,080円・税込

「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」
〈松屋銀座〉
■東京都中央区銀座3-6−1 8階イベントスクエア
■03-3567-1211(大代表)
■10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで。最終日〜17時)
■〜9月25日
■会期中無休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR