BAG_B_11

9月15日(土)~17日(月)に行くべき、観るべきイベント! パンのお祭り「パンタスティック!!」って知ってる? Food 2017.09.15

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今週は食と住にまつわる胸キュンイベントです。

関東初上陸の「パンタスティック!!」

2017Autumn パンタスティック!! at 浦和パルコ

少し前に『声に出して読みたい日本語』って本が大流行したわね。明治大学教授・齋藤孝先生が厳選した日本語の名文句を暗誦・朗誦し、そのリズムやテンポの良さをしみじみ味わおうじゃないかって内容だけど、私も少なからず影響を受け「私的声に出して読みたい日本語」をメモ帳に書き留めていたの。せっかくだからここで特別に披露するわね。
「リモンツェッロ」、「ボッティチェリ」、「ソフィア・ココサラキ」とまぁこんなもんよ。え?全部日本語じゃないじゃないかって?私も今書いてて気付いたけど、口に出したときの快感はどの言語も一緒だし、もう何語だって楽しいじゃん?というわけで、新たに「声に出して読みたい日本語」に加わりそうな語感抜群のイベントを紹介するわね。その名も「パンタスティック!!」

暮らしとたべごとCafeふたつの木(吉祥寺)
暮らしとたべごとCafeふたつの木(吉祥寺)

口に出すだけで楽しい「パンタスティック!!」は、広島で始まったパンづくしのイベントで、今回がなんと関東初上陸なの。埼玉、関東近郊、広島から長崎まで人気パン屋さんが日替わりで登場し、パンにまつわるキュートな雑貨やおいしいグロッサリーも販売するんだって。グルテンフリーダイエットしてる人は雑貨だけ買うのもいいんじゃないかしら?

recette(東京)
recette(東京)

しかも!アノ大人気イラストレーター、たなかみさきさんによる「パンタスティック!!」公式グッズも”ぱぱぱぱぁ〜ん”と先行発売しちゃうらしいから絶対に行くー!って感じ。

パンタスティック!!×たなかみさき ランチバッグ(2,700円)(税込)
パンタスティック!!×たなかみさき ランチバッグ(2,700円)(税込)

「2017Autumn パンタスティック!! at 浦和パルコ」
〈浦和パルコ1F 赤のエスカレーター横&センタースペース〉
■ 9月14日〜25日
■10:00〜21:00(最終日のみ〜18:00)
※パンは無くなり次第終了。

自分好みの梅干しに出会えます!

©Akihide MISHIMA
©Akihide MISHIMA

突然だけど、あなたは最近、梅干し食べた?昔から食べなじみのある食べ物だけど、気づくとすっかりごぶさたしちゃってる人も少なくないのでは?今やたくさんの味、種類があるんだって。進化してるのね〜。そんな奥深い梅干しワールドに片足突っ込める「立ち喰い梅干し屋」が〈COREDO 室町3〉で絶賛開催中。

これまで約300種類の梅干しを食べたという「Bamboo Cut」が厳選した15種類の梅干しの中から、その人の好みにあったものを選んでくれるんだって。私は肉厚ぶよぶよ甘酸っぱ系がいいかな。あなたは?

©Akihide MISHIMA
©Akihide MISHIMA
©Akihide MISHIMA
©Akihide MISHIMA

ラインナップはオーガニックのものからハチミツ漬け、幻の品種「杉田梅」、燻製梅干しなどなどどれもこれも食べてみたい味ばかり。15種類の梅干しはすべて100g入り(4〜7粒)で購入もできちゃうそう。あ〜これ書いているだけで喉の奥からじわじわよだれが…。たまらん!

「立ち喰い梅干し屋」
〈コレド室町3 3F〉
■東京都中央区日本橋室町1-5-5
■9月7日〜24日
■10時〜21時

家の間取り図好きのアナタヘ!

「舟ずまい」図版提供・所蔵 NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫
「舟ずまい」図版提供・所蔵 NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫

私がすごくピュアだった少女時代(グループ名じゃないわよ)、週末になると自宅にたくさんの住宅チラシが投函されてたんだけど、この家の間取り図を見るのが好きでたまらなかったのね。ついには自分で画用紙に理想の家の平面図を描いて遊んでたの(4階建ての12LDKとか超豪邸よ)。で、そんな話を友だちとしてたら「私もしてた、してた」って人が意外と多かったの。これを読んでいる人の中にもきっとわかってくれる人がいることを信じて、超おすすめの展示「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」を紹介するわね。

鉄筋コンクリートのドヤ。1畳半弱だが、2人用の相部屋。1泊170円。図版提供・所蔵 NPO法人西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫
鉄筋コンクリートのドヤ。1畳半弱だが、2人用の相部屋。1泊170円。図版提供・所蔵 NPO法人西山夘三記念 すまい・まちづくり文庫

西山夘三(にしやまうぞう)さんは日本のすまい研究を牽引してきた建築学者で、徹底した住み方調査を通して、膨大なスケッチや図版、写真を残した人なの。
この展示では、漫画家を目指したほどの画力とすぐれた観察眼を持ち合わせた西山さんによる「すまい」のスケッチや図版、写真類、そして中学時代からの漫画作品や記録魔ぶりを窺わせる日記など約90点の資料を展示。「西山すまい学」の一端と彼の多彩な魅力に迫っちゃうわよ。

これ見てると妹尾河童さんの「河童が覗いたインド」「河童が覗いたヨーロッパ」(この本もマジで名作)を思い出しちゃうわ。だから妹尾ファンもグッと来るはず。本展のブックレット『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』 もあるから、家でじっくり観てみるのもおすすめよ。

「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」
〈LIXILギャラリー〉
■東京都中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
■03-5250-6530
■10:00〜18:00
■〜11月25日 水休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR