バルミューダ

9月8日(土)~9日(日)に行くべき、観るべきイベント! 憧れのバルミューダが全部使えちゃいます! Food 2017.09.08

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今週はとある理由で長崎弁全開で紹介します。

〈バルミューダ〉初のポップアップストア!

バルミューダ

「パンが死ぬほどおいしくなる」でトースター界に革命を起こした「バルミューダ」。9月の7日〜12日まで、バルミューダのキッチンシリーズをすべて揃えたポップアップショップを〈代官山 T-SITE GARDEN GALLERY〉で開催中。見て、触って、味わって、購入もできちゃう貴重な6日間よ。

バルミューダ

ところであなたはバルミューダ製品どれだけ知ってる?

前出の”BALMUDA The Toaster”はもちろん知っているわよね。コンビニで買ったパンも焼き立てパンのように外サクサク中もっちりになるって聞いたときはびっくらこいたわよ。

あとは”BALMUDA The Pot”。美しいカーブを描いた注ぎ口からハンドドリップすることで毎朝のコーヒー時間がぐんと豊かになるアイテムね。もちろんカップ麺を作ってもOKよ。

バルミューダ通になると”BALMUDA The Gohan”も知っているはず。二重釜構造の炊飯ジャーで、ここでは実際に炊いた白米や玄米を食べられるんだって。
そして注目はなんといっても9月6日にリリースされたばかりの”BALUMEDA the Range”!レンジ調理もオーブン調理もこれ一つ。これも実際に調理体験ができちゃうんだって。今のうちに買っておいて今年のクリスマスはターキー丸焼きに初挑戦するのもアリなんじゃないかしら!?

「BALUMEDA The Kitchen」〈代官山 T-SITE GARDEN GALLERY〉
■東京都渋谷区猿楽町16-15
■ 9月8日〜12日
■10:00〜20:30(最終日のみ〜18:30)
※9月8日, 10日, 11日は事前申込制のイベントのため一般入場は18:00でクローズ。

波佐見焼が原宿でお祭り騒ぎ!

Maruhiro Pop up store & Exhibition

ポップなカラーリングの「HASAMI」で有名な長崎県波佐見町の陶磁器メーカー・マルヒロが、愉快でやんちゃな仲間たちとポップアップストアを開催中!というわけでここからは長崎弁でお伝えするけん!

Maruhiro Pop up store & Exhibition

もうね、びっくりするぐらい内容盛りだくさんやけん、かっとばして紹介するけんね。

まずは新商品も含むマルヒロのブランドの商品250種類以上を展示・販売。
「HASAMI」からはイギリスのパブをイメージしたシリーズの新作が出るとって。渋かよね。「BARBAR」ブランドからは、そばちょこ127種(!!)も登場するとって。すごか〜。

Maruhiro Pop up store & Exhibition

かわいか転写シールばお皿に貼って"飾り皿"を作る<転写シールワークショップ>もあるらしか。焼き付けはせんけん、食器としては使えんっちゃけど、お部屋のインテリアによかよね。うちはアクセサリー入れにしようって思っとるよ。
16㎝プレート 2,500円(税込)、25㎝プレート 4,000円(税込)
※どちらも壁掛け用の皿受け金具付 ※所要時間 20分~40分程度。

Maruhiro Pop up store & Exhibition

あとはね、丸若屋さんが手掛ける宇田川町のお茶スタンド「幻幻庵」もポップアップ茶屋として出店するらしか!こいはね、マルヒロが「B級品をS級品へ」っていうコンセプトで展開しよらすアップサイクルブランド<ミステリーサークル>と<幻幻庵>がコラボした、そばちょこ+お茶のティーバッグセットもあるやろ、九谷焼窯元、<上出長右衛門窯>とコラボしたスケーターの柄の湯呑、<FR2>と春画をモチーフにした手ぬぐいもあるとって。

Maruhiro Pop up store & Exhibition

マルヒロ若旦那・馬場匡平くんのマイメン、竹内俊太郎画伯とのコラボレーションアイテムももちろんあるっていうたい!
びっくりするけどこいだけ内容盛りだくさんとに、4日間しかさっさんけんね。みんな早よいかんばよ。9日(土)にはパーティもあるらしかけん、みんな集まろうで〜。

「Maruhiro Pop up store & Exhibition」〈SO1〉
■東京都渋谷区神宮前6-14-15
■9月7日〜10日
■12時〜19時(最終日〜18時)
※レセプションパーティ 9月9日 18時〜21時

手すき和紙の可能性を探る!

かみ コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎

というわけでここからは標準語に戻ってお伝えするわね。私たちの暮らしに欠かせない「かみ」。中でも天然の素材を使って、手作業で作られる「手すき和紙」に注目した展示が〈資生堂ギャラリー〉でスタート。

この展示は、洋服に限らず、芸術、出版の世界で幅広く活躍する「コズミクワンダー」と、コズミックワンダーの主宰であり、現代美術作家の前田征紀さんと工藝デザイナーの石井すみ子さんによるユニット「工藝ぱんくす舎」によるもの。

彼らはまず、和紙作りに欠かせない「水」に着目し、「お水え」というセレモニーを創案。そのしつらえや道具、そこからイメージを膨らませて作られた工芸をずらりと展示しているの。繊細で美しい世界に思いきり浸っちゃって!

かみ コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎

|コズミクワンダーが制作した和紙の衣|

撮影:長島有里枝 自然の恵みに感謝の念をあらわすパフォーマンス「お水え」
撮影:長島有里枝 自然の恵みに感謝の念をあらわすパフォーマンス「お水え」

「かみ コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎」展〈資生堂ギャラリー〉
■東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1F
■03-3572-3901
■11:00〜19:00(日・祝〜18:00)
■〜10月22日
■月曜休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR