unnamed-2_2

イベントライター道玄坂まりこがセレクト!「おこぼれイベントメニュー」 第5回 8月5日(土)~6日(日)に行くべき、観るべきイベントは? Food 2017.08.04

人生のさまざまな坂をのぼっておりて転げ落ちて。それでもたくましく生きていきたいみなさんのために、いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今回は懐かしいモノとの再会に涙し、現代美術に心揺さぶられちゃう系よ。

帰ってきた、衝動買いの女王!

unnamed-2

「買わずにはいられない」。そんな欲望に忠実な稀代のバイヤー、サトウユカちゃんによるポップアップショップ「クレイジーキオスク」が2年ぶりに帰ってきたわよ。前回は生活雑貨や文房具、ファッションや食などありとあらゆるものを並べたショップだったけれど今回はなんと、昔懐かしい駄菓子だけを集めたショップ。その名も「Funky Junky Sweets Mania」!

「ねるねるねるね」や、ぽん菓子の「にんじん」など思わず「なつかしー!」と叫んでしまいたくなるお菓子がずらり。超巨大なチョコ菓子「チョコボール50倍」や「トランプ大統領のミルクチョコレートバー」(現在は売り切れ)などネタ系もたっぷりあって、ユカちゃんのアンテナの広さに感激するわよ。会場では大人も子供も目をキラキラさせながら夢中になってお菓子を選んでいて、楽しさ全開。来週火曜までの期間限定、売り切れ御免の商品も多いからお早めに!

unnamed

「CK2“Funky Junky Sweets Mnia”」
〈CIRCLE〉
■東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#16
■03-6427-9296
■8月3日〜8日
■12時〜19時 期間中無休

あのアナログ家電がずらり!

Photo:Harumi Obama
Photo:Harumi Obama

懐かしいといえばこっちにも注目。〈西武渋谷A館〉で「ラジカセ」をテーマにした展覧会が開催中なの。30代以上の人にとっては懐かしく、若い人にとっては新鮮で、再びブームの兆しを見せつつあるラジカセ。しかも!今年は、日本で初めてラジカセを作ったオーディオ機器ブランドの「aiwa(アイワ)」が9年ぶりに復活するっていうからこの業界、アツいわよ。

今展は過去に大阪〈梅田ロフト〉と〈池袋パルコ〉で行われた「大ラジカセ展」のパワーアップ版。家電蒐集家・松崎順一さんのコレクションの中からヴィンテージラジカセ約100台を展示しているんだけど、その内容がこれまたユニーク。ベーシックなタイプを集積した「スタンダード」から、ポップなデザインの「チープ&キュート」、ブイブイ言わす感じの「バブル」、アメリカのHIP HOP カルチャーの中から生まれた「ビッグスケール」など、一口に「ラジカセ」とまとめられないほど多種多様な機種が並んでいるの。

©TRA PROJCET
©TRA PROJCET
今展を監修した松崎順一さん
今展を監修した松崎順一さん

しかも、並んでいるのはラジカセだけではなくカセットテープや、伊藤桂司さんや小町渉さんなど17名のクリエイターによるカセットテープを使ったアート作品も展示しているんですって。昔は私も好きな曲だけを集めたオリジナルのカセットテープ、作ってたなぁ。ちなみに一番ヘビロテしたのは、小室ファミリー。聴きすぎてテープが伸びに伸び、マーク・パンサーのラップがスローテンポになってたのはここだけの話ネ。

「大ラジカセ展 〜shibuya extra【since1968】」
〈渋谷西武店〉
■東京都渋谷区宇田川町21-1 A館7階 特設会場。
■03-3462-0111
■8月2日〜14日 10時〜21時(日・祝〜20時)

三年に一度のアートの祭典!

image-visual_yoko-copy

夏になったらフェスもいいけど、芸術祭も押さえておきたいわよね。聞くところによると今年は地方の芸術祭やトリエンナーレ、ヴィエンナーレが多数重なったスペシャルイヤーらしく、気になるイベントが目白押し。中でも核となるのが、国内最大級の現代美術の国際展「横浜トリエンナーレ」でしょう。今回は参加アーティストの数を絞り、一人につき複数の作品を展示。どっぷりと思考を深められる内容になっているわよ。

気になる顔ぶれは畠山直哉、小沢剛やミスター、マウリツィオ・カテラン、パオラ・ピヴィなど国内外のトップアーティストがずらり。ゴイスー!メイン会場である〈横浜美術館〉で大規模なインスタレーションを発表するのは、アイ・ウェイウェイ。現代美術家であり、建築家であり、詩人であり、社会評論家でもある彼は、中国を離れ、欧州に拠点を移した頃から難民問題をテーマにした作品に取り組んでいるの。今回はレスボス島にたどり着いた難民が実際に身につけていた大量の救命胴衣をぎっしりと柱に巻きつけた作品「《安全な通行》2016」で強烈なメッセージを放っているわよ。

アイ・ウェイウェイ(艾未未)《安全な通行》2016《Reframe》2016 ヨコハマトリエンナーレ 2017 展示風景(横浜美術館) 撮影:加藤健 ©Ai Weiwei Studio
アイ・ウェイウェイ(艾未未)《安全な通行》2016《Reframe》2016 ヨコハマトリエンナーレ 2017 展示風景(横浜美術館) 撮影:加藤健 ©Ai Weiwei Studio
ザオ・ザオ(赵赵)《プロジェクト・タクラマカン》2016 イメージ
ザオ・ザオ(赵赵)《プロジェクト・タクラマカン》2016 イメージ
パオラ・ピヴィ《I and I(芸術のために立ち上がらねば)》など ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景 撮影:田中雄一郎 Courtesy the Artist and Perrotin
パオラ・ピヴィ《I and I(芸術のために立ち上がらねば)》など ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景 撮影:田中雄一郎 Courtesy the Artist and Perrotin
クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013
クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013

Photographer: Szymon Rogynski Courtesy: the artist, Lisson Gallery

ちなみにこちらは、ポーランドの重量挙げ代表選手がワルシャワの歴史的人物の彫像を持ち上げようとしてるインスタレーション。三宅宏実選手もびっくりね。他にも、ザオ・ザオやイアン・チェンなど日本で初めて本格的に紹介されるアーティストもいて、こちらもドンミシって感じ。

「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
■03-5777-8600
■8月4日〜11月5日 第2・4木曜休、10時〜18時

〈横浜美術館〉 
■神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

〈横浜赤レンガ倉庫1号館〉
■神奈川県横浜市中区新港1-1-1
〈横浜市開港記念会館 地下〉
■ 神奈川県横浜市中区本町1-6

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR