2020年最新版!【羽田空港】編集部が選んだハズレない定番&限定土産8選

2020年最新版! “空港限定みやげ”をGET!【羽田空港】編集部が選んだハズレない定番&限定土産8選 Food 2019.12.27

東京の空の玄関口である羽田空港には、スーベニアショップが点在。おみやげ選びに悩んでしまいますが、せっかくなら空港限定みやげをセレクトしてみては?Hanako編集部が選んだ定番&限定みやげをご紹介します。

1.〈ARINCO〉の「羽田ロール」【羽田空港限定】

〈ARINCO〉の「羽田ロール」

ロールケーキの専門店として誕生した〈ARINCO(アリンコ)〉。
20種類以上のロールケーキを展開していますが、すべて同じお店に揃うのではなく、販売する土地の食材を使って商品開発しているのが特徴です。

空に浮かぶ雲のような「羽田ロール」(1,650円*税込、保冷バック&保冷剤107円含む)もそのひとつ。キメの細かいもちもちのスポンジに、サワークリーム風味のがクリームぎっしりと詰まっています。中に入ったオレンジピールは、“雲間からこぼれ落ちる太陽のきらめき”をイメージ。ほんのり苦味もあり、アクセントになっています。しっとり、もちもちで濃厚なのに、後味は爽やか。

【販売店】
〈BLUE SKY 7番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発7番ゲート前
■03-5757-9495
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY 9番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発9番ゲート前
■03-5757-9490
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY 11番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発11番ゲート前
■03-5757-9491
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY 14番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発14番ゲート前
■03-5757-9335
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY 15番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発15番ゲート前
■03-5757-9439
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY 22番ゲートショップ〉
■第1ターミナル2F 出発22番ゲート前
■03-5757-9669
■6:00~20:00
■無休

〈BLUE SKY フライトショップ〉
■第1ターミナル1F 中央エスカレーター付近
■03-5757-9487
■9:00~20:30
■無休

2. 〈まめや金澤萬久〉の「金かすてら・飛行機」【羽田空港限定】

〈まめや金澤萬久〉の「金かすてら・飛行機」

石川県金沢に本店を構える〈まめや金澤萬久〉。豆型の紙箱入りの豆菓子が有名なお店ですが、羽田空港みやげなら、飛行機の切り抜き加工を施した「金かすてら・飛行機」(1,500円)はいかがでしょう。金箔の国内生産量99%を占める金沢の熟練した職人が、一枚ずつ丁寧にカステラに敷き詰めました。

黄身の色が濃く旨味の深い鶏卵「エグロワイヤル」を使用し、卵の黄身と白身を一緒に泡立てる「共立て」法を採用するなど、素材や製法にもこだわっています。そうすることで、しっとり、きめ細かい生地に。型抜きを楽しみながら食べるのがおすすめです。

【販売店】
〈東京食賓館 時計台1番前〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8713
■5:45~20:30
■無休

3.〈FROZEN to GO〉の「ミルフィユ ベリー&カスタード風味」【羽田空港限定】

〈FROZEN to GO〉の「ミルフィユ ベリー&カスタード風味」

2017年に発売を開始した〈FROZEN to GO〉は、羽田空港のオリジナルスイーツブランド。
「目的地に着くころにちょうど食べごろになるよう、洋菓子をフローズン状態で持ち帰る」……そんな、空港という立地を生かした新発想のスイーツ「カタラーナ」などを展開しています。

代表商品の「カタラーナ ベリーアーモンド」をイメージした「ミルフィユ ベリー&カスタード風味」(6個入り900円)は、ストロベリークリームとカスタード風味のクリームをパイでサンドした5層のミルフィユを、ミルクチョコレートでコーティングした洋菓子です。食べる直前に冷やしたり、事前に凍らせたりして食べても楽しめます。

【販売店】
〈PIER 1〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8131
■5:45~20:30
■無休

〈PIER 4〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8134
■5:45~20:30
■無休

〈PIER〉
■第1ターミナル2F ゲートラウンジ搭乗口22番付近
■03-5757-8137
■6:00~20:00
■無休

〈特選洋菓子館〉
■第1ターミナル2F 
■03-5757-8127
■6:00~20:00
■無休

〈SMILE TOKYO〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8725
■5:45~20:30
■無休

4. 〈タイムズクロス〉の「焼きチーズケーキ・ラスク」【羽田空港限定】

〈タイムズクロス〉の「焼きチーズケーキ・ラスク」

世田谷・三宿の〈ラ・テール洋菓子店〉の人気商品である、濃厚な「焼きチーズケーキ」を、ラスクに仕立て上げたのが「焼きチーズケーキ・ラスク」(10個入り1,000円)。

北海道産のオリジナル小麦粉や国産バター、クリームチーズを用いたパウンドケーキを焼き上げてから、乾燥焼き。表面に国産のパルメザンチーズをまぶして、再度焼き上げるという手の込んだ一品です。沖縄県産の塩がかくし味になっており、甘さじょっぱさで手が止まらなくなりそう……!
ケーキ生地を使っているため、しっとり感とサクッと感の両方を楽しめます。

【販売店】
〈PIER 1〉
■第1ターミナル2F 
■03-5757-8131
■5:45~20:30
■無休

〈PIER 4〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8134
■5:45~20:30
■無休

〈東京食賓館 Eゲート前〉
■第1ターミナル2F 
■03-5757-8133
■5:45~20:30
■無休

〈東京食賓館 時計台1番前〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8713
■5:45~20:30
■無休

〈SMILE TOKYO〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8725
■5:45~20:30
■無休

5. 〈SOU・SOU〉の「手拭い 飛行機・雲」【羽田空港限定】

〈SOU・SOU〉の「手拭い 飛行機・雲」

地下足袋や和服などを展開する京都のテキスタイルブランド〈SOU・SOU〉。羽田空港限定で、飛行機模様の手拭いを販売しています。

手拭いは伝統工芸品の伊勢木綿を使用し、一枚一枚職人が手作業で染める「手捺染」の製法を用いて、京都の染色工場で作られます。この「手捺染」とは、1色ごとに型を作り、染料を加えた糊「色糊」をへらで刷り込むことによって、生地に1色ずつ色づけさせていくというもの。

飛行機が大胆に描かれた白ベースの手拭いと、空の上を飛んでいる水色ベースの手拭い、2つのデザインを展開しています。

【販売店】
〈PIER 1〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8131
■5:45~20:30
■無休

〈Tokyo’s Tokyo〉
■第2旅客ターミナル3F マーケットプレイス4
■03-6428-8732
■9:00~19:30

6.〈とらや〉の「中形羊羹 『空の旅』」【空港限定】

〈とらや〉の「中形羊羹 『空の旅』」

室町時代後期の京都で創業した〈とらや〉は、羊羹や最中が名物の老舗和菓子店。
羽田空港と成田空港限定で販売している「中形羊羹 『空の旅』」(1,400円)は、15代店主の黒川武雄氏が、1951(昭和26)年に考案しました。飛行機から見た夕焼けの美しさをイメージした、紅色の煉羊羹です。散らした白小豆は、夕焼け空に浮かぶ雲を表現しています。

パッケージも夕焼け空。小形羊羹の詰め合わせもあるので、渡す相手や用途に合わせて選べます。

【販売店】
〈特選和菓子館〉
■第1ターミナル2F
■03-5756-0122
■6:00〜20:00
■無休

〈金の翼〉
■第2ターミナル2F
■03-5757-0630
■6:30〜20:00
■無休

7.〈資生堂パーラー〉の「ラ・ガナシュ・オム」【空港限定】

〈資生堂パーラー〉の「ラ・ガナッシュオム」

銀座に本店を構える老舗〈資生堂パーラー〉の「ラ・ガナシュ」は、口どけのよいチョコレートガナッシュに、歯ごたえのあるココアクランチをまぶした、ひとくちサイズのお菓子です。

「ラ・ガナシュ・オム」(16個入り1,000円)は空港限定で、「ストロベリー」と「カフェオレ」のフレーバー。3層になっていて、味や食感を楽しめます。

黒ベースに唐草模様があしらわれたシックなパッケージに、椿のロゴが大きくプリントされた個包装入り。高級感のあるチョコレートです。

【販売店】
〈東京食賓館 Eゲート前〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8133
■5:45~20:30
■無休

〈特選洋菓子館〉
■第1ターミナル2F
■03-5757-8127
■6:00~20:00
■無休

〈東京食賓館 時計台1番前〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8713
■5:45~20:30
■無休

〈東京食賓館 時計台3番前〉
■第2ターミナル2F
■03-6428-8716
■5:45~20:30
■無休

8. 〈D&Nコンフェクショナリー〉の「焼マシュマロ・タルト スモア[Wチョコ]」【空港限定】

〈D&Nコンフェクショナリー〉の「焼マシュマロ・タルト スモア[Wチョコ]」

バーベキューやキャンプなどでマシュマロを焼き、クラッカーでサンドして食べる「スモア」をアレンジした「焼マシュマロ・タルト スモア[Wチョコ]」(8個入り1,500円)。
全粒粉入りのタルトに、焼きチョコレート、とろけるチョコソース、自家製マシュマロを絞ったあと、表面にパリッとした食感のベルギー産クーベルチュールチョコレートをのせました。
[Wチョコ]は羽田空港と成田空港限定!

弾力のあるマシュマロをふわとろ食感にできるよう、試行錯誤を重ねた一品です。甘そうに見えますが、タルト生地は甘くないのでちょうどいい〜!
そのままはもちろん、電子レンジで5秒ほど温めると、マシュマロがとろとろになります。

また、〈羽田B1フロアギフト店〉では、できたての「焼マシュマロ・タルト スモア」(1個220円)も販売。自分でも食べたい方は、ぜひこちらを。

【販売店】
〈羽田53番ゲートギフト店〉
■6:00~20:00

〈羽田65番ゲート店〉
■6:00~20:00

〈羽田B1フロアギフト店〉
■8:00~21:30

〈羽田61番ゲート店〉
■6:00~20:00

〈羽田到着ロビーギフト店〉
■8:30~22:30

〈羽田北バスランギフト店〉
■6:00~バスラウンジ最終便

〈羽田46番ゲート店〉
6:30~※航空機の運行に合わせて営業

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR