top_RACLER-004

Shibuya Hikarie × Hanako vol.19/話題のニューオープンから夏限定メニューまで。 渋谷ヒカリエで楽しむ、フォトジェニックグルメ Food 2017.07.26

新しい食のトレンド発信地として注目を集める〈渋谷ヒカリエ〉。待望のチーズ専門店が誕生し、見た目も楽しい夏グルメフェアも開催。思わずSNSにアップしたくなる個性的なメニューが目白押しです。

1.目の前で削ってくれる、とろとろのチーズに感激。〈CHEESE KITCHEN RACLER〉

厚切りベーコン、チキン、ラタトゥイユなどの上にチーズをかけた「盛合せラクレット スキレットDish」2,000円
厚切りベーコン、チキン、ラタトゥイユなどの上にチーズをかけた「盛合せラクレット スキレットDish」2,000円

話題の新店〈CHEESE KITCHEN RACLER〉が〈渋谷ヒカリエ〉にオープン。世界各国のチーズを使ったメニューがそろい、チーズの新しい発見や楽しみ方を提案している。看板メニューはラクレット。専用オーブンで熱して溶けたチーズを、肉や野菜の上にのせて食べる、スイス・フランスの伝統料理。ラクレットチーズを削って、スタッフが目の前で仕上げてくれるパフォーマンスは、SNS映え必至!トロトロのチーズをたくさん堪能したいなら、おかわりもOK。料理はもちろん、デザートにもチーズを使用。まさにチーズずくめ!

「手作りモッツァレラとはちみつのフルーティーチーズガレット」1,100円は、奥渋谷〈CHEESE STAND〉のモッツァレラを使用
「手作りモッツァレラとはちみつのフルーティーチーズガレット」1,100円は、奥渋谷〈CHEESE STAND〉のモッツァレラを使用
濃厚なチーズソフトが人気の、「チーズソフトショートケーキ“Peach”」800円
濃厚なチーズソフトが人気の、「チーズソフトショートケーキ“Peach”」800円
「チーズソフトクリーム~Racler Classic~パッションフルーツソース」680円
「チーズソフトクリーム~Racler Classic~パッションフルーツソース」680円
チーズの製造工程をイラスト化した黒板ディスプレイなど内装にも注目。
チーズの製造工程をイラスト化した黒板ディスプレイなど内装にも注目。

〈CHEESE KITCHEN RACLER(チーズ キッチン ラクレ)〉
チーズのおいしさや楽しさを体感できる新店。スイスやオランダなどヨーロッパを中心に、世界各地から上質なチーズを仕入れ、一日を通して多彩なチーズ料理でもてなす。ディナータイムは、チーズを使った40種類のアラカルトメニューが登場。チーズの製造工程をイラスト化した黒板ディスプレイなど内装にも注目。

■03-6433-5404
■7階
■11:00~22:30LO(日~22:00LO) 
■85席 禁煙

楽しめるのは今だけ!夏のヒカリエごはん

cbce1b67aea6e9f7b51250a78ba7df80

フォトジェニックをテーマにした夏限定メニューが登場。味わえるのは、8月31日まで!

2.和栗のモンブランがのった愛らしいかき氷。〈茶寮伊勢 藤次郎〉

「藤次郎氷」(1,296円)(税込)
「藤次郎氷」(1,296円)(税込)

毎夏登場を心待ちにするファンがいるほど人気のかき氷。伊勢茶を贅沢に使った甘さ控えめのシロップに、渋皮栗、白玉、和栗のモンブランをトッピング。中にはなんと水ようかんが!ぷるんとした食感と、かき氷のふわふわ感がたまらない。

tojiro-004

〈茶寮伊勢 藤次郎(さりょういせ とうじろう)〉
■03-6434-1483
■7階 
■11:00~22:45LO(日~22:30LO)
■46席 禁煙

3.スイカを使った、韓国の名物麺「コングクス」。〈渋谷 水刺齋〉

「小玉スイカの豆乳ベジ・コングクスと松阪ポークのプルコギ・セット」(1,680円)(税込)
「小玉スイカの豆乳ベジ・コングクスと松阪ポークのプルコギ・セット」(1,680円)(税込)

小玉スイカを器にした贅沢な一皿。スイカと豆乳を合わせたまろやかなスープに、豆乳麺を浮かべた、夏らしい爽やかルックスが素敵。スイカをスプーンでくり抜きながら味わって!

suranje-016

〈渋谷 水刺齋(しぶや すらんじぇ)〉
■03-6434-1465
■6階 
■11:00~22:00LO 
■44席 禁煙

4.【閉店情報あり】オレンジの甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。〈Kailua Weekend〉

「トリプルオレンジ・パンケーキ」(1,274円)(税込)
「トリプルオレンジ・パンケーキ」(1,274円)(税込)

カラフルなハワイアンメニューでおなじみ〈Kailua Weekend〉。全粒粉のモチモチ生地を、オレンジのソース、シロップ煮、シャーベットでデコレーション。ヨーグルトムースも良いアクセントに。

Kailua-015

【閉店情報あり】〈Kailua Weekend(カイルア ウィークエンド)〉
■03-6434-1512
■7階 
■11:00~22:30LO(日~22:00LO) 
■52席 禁煙

5.【閉店情報あり】夏野菜を使った、三層仕立ての冷製スープ。〈SESTOSENSO『H』〉

「甘エビ、アボカド、ガスパチョのカクテル仕立て」(680円)(税込)
「甘エビ、アボカド、ガスパチョのカクテル仕立て」(680円)(税込)

暑い日に食べたい一品。細かくカットした甘エビの上に、レモン汁を加えたアボカド、パプリカとトマトの飲むサラダ「ガスパチョ」を加えた冷製仕立て。さっぱりとした口当たりで、キレの良い白ワインと好相性。

H-004

【閉店情報あり】〈SESTOSENSO『H』(セストセンソ アッカ)〉
■03-6434-1461
■6階 
■11:00~22:00LO 
■72席 禁煙

HOTなイベント続々!

バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地

Kids-noon_main_Sound-Spheres_atari

〈渋谷ヒカリエ〉
開業5周年を記念したチームラボによるビッグなイベント。光のアートに包まれる超幻想空間での体験型音楽フェスティバルと、世界累計500万人以上を動員している「学ぶ!未来の遊園地」を同時開催!昼夜で異なる演出に乞うご期待。

■9階「ヒカリエホール」
■7月28日(金)~9月10日(日)

SHIBUYA WANDERING CRAFT 2017 ECO

68376c6cfb327a88d5cc6667912d9128

エコの未来と現在を、見て、聞いて、感じて、買って、遊べる体験型イベント。食、ファッション、ものづくり、住宅など、さまざまな分野から、新たな取り組みを行うキュレーターが参加。子どもも大人もワクワクできるエコなプロジェクトやプロダクトが集結。

■8階「8/」
■8月3日(木)~29日(火)

〈渋谷ヒカリエ〉
■東京都渋谷区渋谷2-21-1 
■03-5468-5892
■10:00 ~21:00 
■無休 
www.hikarie.jp/

(photo : Kayoko Aoki text&edit : Emi Suzuki(PR))

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR