Print

イベントライター道玄坂まりこがセレクト!「おこぼれイベントメニュー」 第2回 2017年7月15日(土)~17日(月祝)に行くべき、観るべきイベントは? Food 2017.07.14

人生のさまざまな坂をのぼっておりて転げ落ちて。それでもたくましく生きていきたいみなさんのために、いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。今回は、お楽しみの三連休に行くべき食欲を刺激されるイベントに注目よ。

罪悪感なしのアフタヌーンティ!

「スタンダードアフタヌーンティー」(4,500円)
「スタンダードアフタヌーンティー」(4,500円)

連載2回目にして原稿を落としそうになったライターの道玄坂よ。(先週もギリギリアウトだったから担当編集にこっぴどく叱られたわ)。だって毎日暑くて暑くて…。私のように夏バテで食欲減退している人も(嘘よ。全然減退してないわ)、ダイエット中の人も気にせずたくさん食べたくなるイベントを紹介するわね。みんな大好き汐留のコンラッドホテル東京で「ギルトフリー」をテーマにしたアフタヌーンティーが開催中なの。私、アフタヌーンティーって大好き。小さくて麗しい、まるで宝石のようなスイーツがてんこ盛りでしょ。しかもおいしい高級ティーが飲み放題。あれって本当に夢のような時間よね。で、ついつい食べ過ぎちゃって急にカロリーとグルテンのことが気になり始めるんだけど、このギルトフリー・アフタヌーンティーだったらそんな心配ナシ。

「デラックスアフタヌーンティ」(6,650円)
「デラックスアフタヌーンティ」(6,650円)

だって砂糖やバターを使わないヘルシーなスイーツばかりなのよ。グルテンフリーのローブラウニーや豆腐のレアチーズ、モリンガと玄米甘酒のロールケーキなどがラインナップ。ケールのヴィシソワーズスープなどセイボリーメニューももちろんグルテンフリー。ヘルシーかつ美容にもいいんだからモリモリ食べたいわね。コンラッドのアフタヌーンティーはいつも大人気だから早めの予約をおすすめするわ!

TwentyEight_daylight

〈コンラッド東京 バー&ラウンジ トゥエンティエイト〉「ギルトフリー・アフタヌーンティー」
■東京都港区東新橋1-9-1
■03-6388-8745
■7月1日〜8月31日
■平日13:30〜16:30 土日祝11:00〜16:30、18:30〜20:30(日〜21:00) 無休
※2時間制

美しい白と黒にうっとり!

YOSHIDA_EX_DM

上野動物園に赤ちゃんが生まれてから、ますますパンダ人気が盛り上がっているけど、パンダってどうしてあんなに可愛いのかしらね。私、仕事そっちのけでそのことを考えてたんだけど、やっぱりあの白と黒のコンビネーションがいいんだと思うの。お顔は白くて、まぁるいお耳は黒。目の周りの黒い模様なんてたれ目みたいで、ぐぅかわいい!あの顔だったら悪いこと考えてたって絶対バレないわよね。あ〜生まれ変わったらパンダになりたい。

というわけで今回は陶芸界の白と黒に注目よ。富士の麓で作陶している陶芸家、吉田直嗣さんの企画展が原宿の〈Graphpaper〉でスタートするの。吉田さんといえば白と黒の器よね(話の持って行き方が強引なんて指摘はスルーしとくわね)。無駄を削ぎ落としたシンプルなフォルムは存在感があって、ずっと眺めていてもちっとも飽きないの。吉田さんの器は料理を盛ると8万倍くらいおいしそうに引き立ててくれる。小皿に豆腐を落としてごらんなさい!なんの変哲もない冷奴が料亭の高級豆腐のように見えるから不思議だわ。やっぱりいい器はしみじみいいもんね。今回は大物の作品ばかりをそろえたということだから、吉田ファンのみならずジャイアントパンダファンも押さえておいたほうがいいんじゃないかしら。ちなみに初日は吉田さん(イケメン)が在廊しているわよ!

〈Graphpaper〉
■東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2D
■03-6418-9402。
■7月15日〜23日
■12:00〜20:00
■月・祝休

米だけじゃない新潟を味わい尽くす!

「背脂ラーメン」(850円)/旅するスタンド3
「背脂ラーメン」(850円)/旅するスタンド3

最後は新橋、虎ノ門をつなぐ新虎通りに位置する「旅する新虎マーケット」で開催中の「夏疾風の物語 ローカル線でめぐる越後の祭り」。力強く吹き抜ける風を意味する「夏疾風(なつはやて)」の名の下に新潟県の村上市、燕市、三条市、長岡市、十日町市の5市が集まって、各地のご当地食や名産品などを紹介する3ヶ月限定のイベントよ。新潟県といえばコシヒカリと小林幸子(敬称略)くらいしか思い浮かばなかった人はここでしっかりその魅力を堪能してほしいわ。十日町の「へぎそば」や燕三条の「背脂ラーメン」、新潟のブランド和牛村上牛を炊きたてのコシヒカリの上に敷き詰めた「村上牛べん」なんて滅多に東京で食べられないんだから絶対食べておきたいところ。

「岩船米コシヒカリのお弁当 村上牛べん」 (1,080円)/旅するスタンド4
「岩船米コシヒカリのお弁当 村上牛べん」 (1,080円)/旅するスタンド4
「旅するパフェ」(1,080円〜)/旅するカフェ
「旅するパフェ」(1,080円〜)/旅するカフェ
e22e8c0f84ae437f961b538de103449d

7月15、16日には新潟県名産の笹団子作り体験ができるとか。もち米で作ったほっかほかの蒸したて団子を新潟県下田産の笹(ごんぼっぱ)に包んで食べれば気分はもう新潟県。地元では親しみを込めて「ごんぼっぱもぢ」と呼ばれているそう。「ごんぼっぱもぢ」って口に出して言いたい感がハンパないから、連呼したい人はぜひ参加すべし!

「旅する新虎マーケット」
■東京都港区西新橋2-16 他。www.tabisuru-market.jp
「笹団子包み体験」ワークショップ
〈旅するスタンド3〉7月15日、16日 各日14:00〜15:00、15:30〜16:30。定員各回10名。参加費 大人500円。
要予約http://peatix.com/group/55762/view

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR