仙台 パンセ
2021.10.21 — Page 1/2

第104回 花井悠希の朝パン日誌 “どんなときも”人々の生活に寄り添うお店。宮城県仙台〈パンセ〉のパンをテイクアウト

1年に1度、仙台のパン屋さん巡りを楽しみにしている私。というのも、秋の始まりはいつも「仙台クラシックフェスティバル(通称“せんくら”)」でコンサートをし、仙台のパン屋さんを巡るのがお決まりのコース(※私だけ)なのですが、去年はせんくらが中止となってしまったため、仙台に降り立つのは2年ぶりとなっていました。待ち遠しかったー!今回は仙台在住の友人おすすめのお店へ。

「いってきます」と「ただいま」を言いたくなるパン屋さん!?

仙台 パンセ

「花井さんっぽいオシャレなパン屋さんじゃないけど、味は間違いないよ」。そう言って仙台っ子が連れていってくれたのが〈パンセ〉さん。仙台に住んでいる人にはおなじみの、仙台を中心に展開されているパン屋さんです。私っぽい=おしゃれなパン屋さんと言われて、舞い上がりスキップしながら向かった私はやはり単純なのでしょうか?(間違いない)
駅ビルなど便利な立地にあるお店も多く、通勤通学にさくっと立ち寄れる気軽さと、豊富な品揃えに買いやすいお値段。ひっきりなしにお客様が訪れる活気のあるお店からも、生活に根付いていることがよくわかります。

花井 悠希
花井 悠希 / ヴァイオリニスト

「三重県出身。三重県四日市市観光大使。3歳よりヴァイオリンを始める。 2010年4月21日コロムビアよりデビュー。〈1966カルテット〉メンバー。http://columbia.jp/hanaiyuki/

花井 悠希さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る